記事提供:Doctors Me

Doctors Me編集部です。飲み過ぎた次の日……二日酔いがひどいと何も食べる気がせず、それどころか何もする気も起こらないかもしれません。 では、そんなつら~い二日酔いを解消するのに役立つ食べ物をご存知でしょうか?

今回は二日酔いの朝に効果バッチリな食べ物を医師に聞いてきました!

■ コンビニで買える!二日酔いに効く手軽な食品3つ

1. ハチミツ入りアロエヨーグルト/アロエに含まれるムコ多糖類は肝臓の解毒作用を活性化し、二日酔いで弱った肝機能の回復を助ける働きがあります。アルコール分解に必要なビタミン、ミネラル、アミノ酸も含み、肝臓の代謝を助けます。

また、ヨーグルトには胃を守る働きがあり、お酒で荒れた胃に効果的です。さらに、はちみつには、果物にはあまり含まれない果糖の一種があり、それが二日酔いの頭痛を和らげてくれるとともに、不足した糖分の補給になります。

2. トマト/二日酔いの朝は体に水分が不足します。トマトの水分と、トマトに含まれる糖分やアミノ酸がアルコールの分解を助けます。二日酔いの時は塩分も不足しやすいので、塩分の入ったトマトジュースも効果的です。

3. しじみの味噌汁/しじみに含まれるアミノ酸には、アルコールを分解する酵素を活性化させる作用があります。また、味噌に含まれるレチシンはアルコールが脂肪として蓄積されるのを防ぐ働きがあるため、脂肪肝などの予防となるかもしれません。

■ 小腹が空いたときは……ラーメンよりもうどん!?

4. 卵入り肉うどん/二日酔いの原因となるのがアセトアルデヒドですが、卵のアミノ酸、システインはこれを排除するのを助ける働きがあります。また、うどんに含まれる塩分が二日酔いによって不足したミネラルを補ってくれます。

さらに肉に含まれるビタミンB1やチアミンには、二日酔いの際の頭痛の原因であるグルタル酸の蓄積を防ぐ作用があります。加えて、二日酔いの原因の一つは、ブドウ糖の代謝により、血中糖度が下がることがあり、ブドウ糖を供給するためうどんなど炭水化物を摂るのが効果的なのです。

■ 医師からのアドバイス

二日酔いになると何も口にしたくないという方もいるでしょうが、これらの食べ物と水分をしっかりとって、すっきり早く乗り切りましょうね!

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス