記事提供:Doctors Me

Doctors Me編集部です。今回は、お酒に弱い下戸の飲酒のリスクについて医師に聞いてきました。

お酒を飲めない人のことを「下戸(げこ)」と呼びますが、単にお酒が苦手と解釈している人も多いのでは?

飲酒をするとお酒に含まれているアルコールは胃や小腸で吸収されて肝臓に運ばれます。その後酵素によってアセトアルデヒドとなって最終的にはお酢(酢酸)に分解されますが、下戸の人はこのアルコールを分解する2つの酵素、特にアセトアルデヒドを分解する酵素が生まれつきないために途中のアセトアルデヒドという物質が体内にたまっていくのです。

■ 下戸は治せる?

残念ながら下戸は治りません。なぜなら下戸の人には最初からアルコールを分解する酵素がないからです。訓練してもこの酵素は増えませんので根本的な解決にはなりません。
下戸の人は消毒用アルコールや、少量のアルコールを含む栄養ドリンクなどに対しても、赤くなるなど敏感に反応しますので、注意が必要です。

下戸でなくても、飲酒をしてすぐに顔が赤くなる人はこの酵素は持っていても、十分に働かない人です。これらの人はアルコールを飲むことはできますが、本来はアルコールを飲むのは控えた方がよいでしょう。

■ 医師からのアドバイス

下戸の方は少量のお酒で、分解機能が十分に働かない方は単時間で大量に飲酒をすると、顔色が青くなったり、頭痛がしたり、吐いたりなどの悪酔いをしたり、二日酔いしやすくなりますので、注意が必要です。

また頻繁に飲酒をすると、胃の中にアセトアルデヒドの量が増えている時間が長くなって胃ガンになる可能性が増えますので、飲酒する機会も減らすようにしましょう。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス