記事提供:秒刊SUNDAY

この問題はなかなか解決法がなく、両者譲らずといった感じではあるかと思いますが、子供用のリード問題です。子どもにひもをつけ散歩をさせるという行為が客観的に見て「犬のようだ」と不快感を表す方々に対し、それは「命綱だ」と反発する方も居るようです。

両者の意見はそれぞれ正しいのかもしれませんが、考え方の違いが生むトラブルの一環ではなかろうか。

ーなぜ紐をつけるのか

そもそもなぜ紐をつけるのか、答えは簡単である。「子どもが危険な目にあわないように」である。しかしそれはわかるが、見た目がまるで犬のようだということで反発を招いているという現状だ。

であるとするのであれば例えば、紐ではなくベビーカーなどにすれば問題は解決するのかというと、そうすると歩きたい子どもが自由に歩けないなどの問題が生まれる。

「見た目」だけの問題であるかと思うが、それであれば今後利用を推奨し、見かける機会が増えれば何となく浸透していくのかもしれませんが、現時点ではやはり違和感のほうが強いようだ。

参考:幼児用リード、じわり浸透 安心?それとも違和感?

ーネットの反応

・これは反対…、自分がされたら嫌だから。
・そもそも幼児用リード使ってるのを「犬みたい」とかどんだけだよ。
・んー、あんまり美しくないけどありかなぁ。
・子供の性質次第…。
・子供二人いるけど使いたくないなぁ。
・命綱だし、むしろ使用推奨してほしいぐらいだなぁ。
・幼児用リードなんてあるのか 大人に繋いで歩いたらプレイだね。
・見た目も機能もアンビリカルケーブルでいいじゃん。
・なんで幼児用リード必要なの?手つないどきゃいいじゃん。
・危害加えることは少ないかも知れないけど、道路に飛び出たりするのを防げるし、いいと思うけど。
・ひもなんか要らん子しか育てたことがない人にはわからんやろな~。
・命綱に「違和感」とか正直意味分からん。
・何事も一概には言えないが子どもはリードではなく手を握ってやって貰いたいな。
・たまに見かける。手を繋いでよ手を!
・幼児時代外出時にリード付けられてました。お陰で無事生きてます。両親に感謝。
・あれは「幼児用リード」ではなく「命綱」である。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス