記事提供:いいモノ調査隊

ゆでたまごといっても調理方法によって、温泉たまごや煮たまごなどいろんなバリエーションがありますね。通常のゆでたまごとは逆の、白身が内側、黄身が外側になった“黄見返したまご”なる料理もあるそうです。

そんな話を聞いて、負けていられないと思った筆者、ちょっとした道具を使いましたが、いつものゆでたまごをあの国民的キャラクターに変身させることに成功しました。

今回使ったのはこちらの道具。青色と黄色のカラーリングもグッド

できたてのゆでたまごを型に入れるだけで、簡単にウサギやクマなどのかわいいキャラクターに変身させられると2005年の発売以来人気のロングセラー商品である、小久保工業所の「ゆでたまごっこ」。

今回ご紹介するのは、「ゆでたまごっこ」のドラえもんとドラミちゃんバージョンです。

ゆでたまごが熱いうちに殻をむき、「ゆでたまごっこ」の中に入れます

ゆっくりとフタを閉めます

冷たい水の中に入れ10分ほど待てばOK

ゆでたまごでのドラえもんとドラミちゃんが完成!

ドラミちゃんの耳(リボン?)のところがきれいにできるか心配だったのですが、なんとか形も整ったようです。

これはいいですねぇ~。初めてにしては上出来です。お弁当はもちろんホームパーティーでも喜ばれそうですよ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス