記事提供:しらべぇ

LINEの特徴といえば多彩なスタンプ。現在ではクリエイタースタンプなども含め、数え切れないほどの種類があります。わざわざ文字を打たなくても、ある程度ならばスタンプだけでコミュニケーションを取ることも可能です。

そんな便利なスタンプですが、使い方によっては相手を不安にさせてしまうこともあるようです。以下のアンケート調査をご覧ください。

Q. LINEで送った質問に対して、スタンプだけで返事が来ると、「会話を終わらせたいのかな」と思ってしまう

このように相手から何か質問がきたとき、スタンプだけで返事を済ませてしまうと不安にさせてしまう場合も少なくないようです。年齢別で見てみるとLINEを盛んに使用している20代男女が39.3%と1番割合が高く気になっている様子がうかがえます。

実際のところ、スタンプのみで返事を送るときは「会話を終わらせたい」と思っているのでしょうか?20代30代の男女数名に意見を聞いてみました。

■やっぱり終わらせたい!?

「会話を終わらせたいというか『終わってもいい』と思っています。続けたい相手に対しては必ず文章とスタンプをセットで送ります。どうでもいい人にはスタンプだけのときもありますね」(女性25才)

「あまり意識はしていませんでしたが、終わらせたいのかもしれません(笑)。以前結構しつこく連絡をしてくる女の子にスタンプのみで返していました。『今何してるの?』というような質問に対して、ゴロゴロしているスタンプだけで返したりとか…。LINE公式アカウントの自動返信のような、感情がこもっていないコミュニケーションをとっていましたね」(男性27才)

出典しらべぇ

■いや、そんなことないよ!

「私はむしろダラダラ続けても苦にならない相手にスタンプだけで返事を済ませることのほうが多いです。会話を終わらせたいときは、こっちは文章で何かを返して、相手がスタンプだけを送ってきたタイミングを見計らって既読スルーです」(女性31才)

「質問の回答に合うイイ感じのスタンプを見つけたときはパズルが完成したみたいな感覚でなんか嬉しいです。会話を終わらせたいとは思っていませんでした」(男性24才)

出典しらべぇ

意見を見てみると、質問にスタンプで対応したからといって一概に「会話を終わらせたい」と思っているわけではなさそうです。ただ、相手の返信がLINE公式アカウントのように機械的になっているときは、雰囲気を察したほうがいいのかもしれません。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年5月22日~2015年5月25日
対象:全国20代~60代のLINEユーザー男女計624名

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス