記事提供:mamatenna

晩婚化が進み、高齢妊娠がめずらしくない時代。高齢妊娠といわれるのは一般的に35歳からで、年齢が上がると不妊のリスクや流産率などが一気に上がるといわれている。

実は、これらの要因のひとつが“卵子年齢”の加齢なのだとか。でも、卵子年齢って実年齢とどう違うの?東邦大学医療センター大森病院の産婦人科准教授、片桐由起子先生に聞いてみた。

「そもそも卵子とは、細胞のひとつです。卵子はお母さんのお腹のなかにいる胎児のときに作られますが、その後新しく作られることはなく、年を重ねるごとに減っていきます。

いわゆる“卵子年齢”とは卵子が卵巣のなかでとどまっている期間のこと。つまり、“実年齢プラス1歳”と覚えておけばわかりやすいですよ」(片桐先生、以下同)

卵子が年を重ねると卵子そのものの質が低下し、妊娠する力である妊孕能(にんようのう)が低下してしまう。さらに、片桐先生は「卵子だけでなく“卵巣年齢”も考慮してください」と指摘する。

「卵巣年齢とは、卵巣予備能力のことです。卵巣には大きく2つの働きがあって、ひとつはホルモンを分泌する働き、もうひとつは子どもを作る卵子を成熟させる生殖臓器としての役割です。

卵巣年齢とはこれから排卵する可能性のある卵子がどれくらい卵巣に残っているかの目安をいいます」

卵巣年齢は個人差があり、「何歳だから卵子が何個ある」という厳密なものがあるわけではない。自分の卵巣年齢と呼ばれる卵巣予備能力がどのくらいなのかは、検査で調べることができる。

「卵巣年齢は血液検査で知ることができます。AMH(アンチミューラリアンホルモン)の値を調べることで卵巣内に残っている卵子の数の目安が分かります。

健康保険の適用外のため自費になり、費用は平均で5000~1万円くらいです。ちなみに、卵子の質(受精後に細胞分裂が正常に行われるかどうかなど)を調べる手立てはいまのところありません」

卵子年齢と卵巣年齢は自分の妊娠できる力を把握する一種の目安となる。子どもを産むのか産まないのか、いつ産むのか、2人目はどうするのか、ぜひライフプランを立てる上で参考にしていただきたい。

以前は10組に1組といわれていた不妊症に悩む日本人夫婦の割合。

最近では妊娠に臨む年齢が高齢化しているとあって、その割合は6組に1人(出典:堤治『現代生殖医療のメインストリーム産婦人科の実際』金原出版,2014)ともされるように増加傾向にあるそう。

この不妊の原因のひとつといわれるのが“卵子の老化”だ。卵子が老化すると、妊娠・出産にどのような影響を及ぼすのだろうか。東邦大学医療センター大森病院産婦人科准教授の片桐由起子先生に話を聞いてきた。

「卵子が老化すると、細胞が分裂する際に遺伝情報をつかさどる染色体が均等に分けられなくなる確率が上昇します。その原因として、卵子の細胞質の中にあるミトコンドリアの機能低下があげられます」(片桐さん、以下同)

細胞のなかには46本の染色体があり、左右に引っ張られて分裂する。

受精が起こる際に本来なら染色体が23本ずつ分かれるものが、ミトコンドリアの機能低下が生じると分裂するときに均等に分ける能力が低下し例えば22本と24本というようになってしまうのだとか。

「ミトコンドリアの機能低下は、染色体の数的異常が増える原因になります。染色体の数的異常症の中には、21トリソミー(ダウン症)、18トリソミー、13トリソミーなどがあります。

トリソミーとは、本来2本であるはずの染色体が1本多く、3本あることを指します」

年齢を重ねてから子どもを産むと、障害児が生まれやすいという声もある。たしかに染色体の数の異常をもった子どもが生まれる可能性は上昇するが、それ以外の先天性疾患の子どもが生まれる可能性は年齢では変わらないそうだ。

「卵子の老化はほかにも、『妊娠しにくくなる』『流産しやすくなる』などのリスクをはらみます。着床率の低下や流産は、染色体の異常がある受精卵が自然淘汰されて起こっている場合が多いのです」

加齢に伴い、卵子の質の低下は進んでいく。ところで、1人目を生んだことがあれば、2人目も妊娠しやすいかというとそうではないそう。

「経産婦は妊娠した経緯があるので、『妊娠できない理由が新たに起きていない限り、おそらく大丈夫であろう』という目安に過ぎないだけなのです」

卵子の老化を知っていたらもっと早くに計画したのに…とならないよう、女性の体の変化について知っておくことが肝心といえそうだ。

昨今、高齢妊娠・出産が増えてきているが、それにはどんなリスクが考えられるのだろうか。不妊治療に携わっている東邦大学医療センター大森病院の産婦人科准教授、片桐由起子先生に話を聞いてきた。

「高齢になるにしたがって卵子の老化で妊娠しにくくなる、流産する確率が上がるなどのリスクが考えられます。妊娠する力は年と共に低下するため、妊娠・出産は思い立ったらすぐチャレンジに入ったほうがいいと思います」(片桐さん、以下同)

逆に、高齢で産むことのメリットはあるの?

「医学的な視点からいうと、高齢妊娠のメリットは思い当たりません。しかし、経済力や仕事のマネジメント力など、育児と仕事の両立がしやすいなどの社会的メリットはあると思います。こればっかりは、それぞれの人が総合的に判断するべきことですね」

卵子の老化で懸念される点として、細胞の染色体の数的異常がある。卵細胞のなかには46本の染色体があり、本来なら細胞分裂時に均等に分割される。しかし、卵子が老化することでこの分裂がうまくいかないことがあるのだ。

「染色体の数的異常による病気のうち、出生頻度の最も多い病気としてダウン症があります。ダウン症は、21番目の染色体が1本多い先天性疾患です。

統計では、ダウン症の赤ちゃんが生まれる確率は25歳では1383分の1、40歳では84分の1といわれています(参考:NIPTコンソーシアム)」

子どもが欲しいと思っていてもパートナーがまだ見つかっていない場合、最近では卵子凍結保存を考える人もいるようだ。

「卵子凍結保存とは、卵巣から採卵して保存をする方法です。妊娠率が高いのは若い卵子なので、40歳以上の卵子凍結は推奨されません。

また凍結保存した未受精卵子などの使用時の年齢については、45歳以上の推奨はありません(日本生殖医学会)。ただし、これを行ったからといって将来の妊娠が保障されるものではありません。

体に針を刺して採卵するので、お腹に炎症を起こして癒着を起こしたり、お腹のなかに出血をして、手術で止血する場合もあります。ですから積極的に推奨するものではなく、一人ひとりが良く考えて選択するべきことです」

卵子凍結保存を行うケースとして、がん患者などに、そのような選択肢を提示するのだとか。これは、がんなどの治療で抗がん剤を使うと卵巣機能が低下する可能性が懸念されるためであるそう。

「例えば、25歳の女性ががんの化学療法をして30歳代を迎えた場合、40歳代の卵巣年齢になってしまう可能性があります。卵巣年齢が下がってしまう可能性が懸念されているので、少しでもチャンスを残すためにそういう選択肢を紹介するわけです」

生活スタイルは人それぞれ違うため、なかには高齢妊娠にならざるをえない人もいるだろう。しかし、高齢妊娠には卵子の老化というリスクがあることを踏まえ、自分のライフプランを設計していこう。

不妊の原因ともなる卵子の老化。これを食い止める方法はないのだろうか?

「卵子年齢は卵巣の中で眠っている時間(実年齢プラス1歳)を表すため、加齢を止めることはできません。例えば、同じ40歳でも外見の若く見える方のほうが細胞が活発で卵子の年齢が若いかというと、そうではないのです」

こう教えてくれたのは、不妊治療に携わっている東邦大学医療センター大森病院の産婦人科准教授、片桐由起子先生。

「少しでも卵子の質の低下を防ぐには、規則正しい生活が欠かせません。逆に、喫煙や血液の巡りが悪いことは卵子の老化を早める原因になります」

ところで、月経は卵子年齢を知る基準になるのだろうか?

「生理が順調でも30歳ぐらいには妊娠する力は下がり始めます。不妊や妊娠しにくさが自分の実感として分かるように表れてくるのが30代後半、40歳代になると生理不順などの形で出てきます」

不妊かどうかは、妊娠することにトライしないと分からない。妊娠する力が下がっていることを実感として気づけるときには、不妊治療をしても妊娠・出産の可能性が低くなっていることが多いのだとか。

「排卵誘発剤を使って3個取れた卵子が1個しか子宮に移植できなかった。移植できなかった2個は卵子の老化が原因かもしれないなど、不妊治療の場面では日々卵子の老化について考えることになります。

例えば、本当は排卵誘発剤で卵子を7個育てたかったけれど3個しか育たたなかったというのは卵巣予備能の低下も要因にあります」

不妊治療の現場では卵子の老化は毎日向き合わなければいけないのが現実。しかし、患者さんによっては不妊治療を始めてから卵子の老化について知る人は少なくない。

「多くのメディアで高齢出産が取り上げられていますが、医学的にみれば妊娠は20代~30代前半くらいが妊娠しやすく、合併症のリスクも少ない適齢期です。

これらの現実は誰にでも起こること。そのことを十分に理解したうえで妊娠や出産について考えてほしいですね」

妊娠・出産を考えるなら、「いずれそのうち」ではなくて「今」行動を起こすことが大切になってくるといえそうだ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス