記事提供:しらべぇ

旅行先での一目惚れから始まった恋。もしくは、恋人の留学や転勤。

遠距離にいる人を好きになったり、恋人になってから離れることになったりして、遠距離恋愛になることは珍しくありません。

そこで、しらべぇ編集部では「今までに遠距離恋愛を経験したことがある人」の割合を調査。結果、およそ3人に1人が遠距離恋愛の経験があることがわかりました。

■京都は遠距離恋愛率が高い?

さらに地域別のデータを見てみると、なぜか京都では半数以上の人が「遠距離恋愛」の経験があると回答。

観光都市ゆえに、「観光客との恋から遠距離恋愛に発展」といったケースも他都道府県より多いのかもしれません。

■距離を乗りこえるコツとは?

気になるのはやはり、「どうすれば乗り越えられるのか」。

ここで「遠距離恋愛の経験がある」と答えた全国の男女533人に、「遠距離恋愛を乗り越えるコツ」を聞いてみました。

①マメさは絶対に必要

メールやビデオチャットを頻繁にしていた。(女性・40代)

・連絡を欠かさず、記念日などに度々贈り物をした。(男性・20代)

・1日の終わりと始まりに必ず毎日、電話をしていた。(男性・30代)

出典しらべぇ

②会えない時間を有効活用

・自分が今しなければならない勉強や仕事に集中した。会えない時間は、自分磨きにあてた。(女性・20代)

・次に会うために、お金を貯めて目標をつくっていた。(女性・20代)

出典しらべぇ

③信頼するのみ!

束縛しすぎないこと。(女性・30代)

・とにかく信頼するのみ。(女性・60代)

・相手への思いやりの気持ちを、忘れないようにした。(女性・20代)

出典しらべぇ

■そうして乗り越えた先には…?

実際に遠距離恋愛を乗り越えたカップルからは、こんな幸せの声も。

・東京と名古屋で1年間の遠距離恋愛後、同棲することに。その後、結婚。(女性・30代)

・2年ほど、3県またいだ遠距離だったが、その後、結婚。(男性・60代)

・神奈川と宮崎での遠距離だったが、1年経って結婚。(女性・50代)

出典しらべぇ

このように、遠距離恋愛を経てゴールインしたという声も。

会いたくても会えないなど、辛いことが多い遠距離恋愛ですが、その辛さを乗りこえられる2人だからこそ、その先には幸せな未来が待っているのかもしれません。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年5月17日~2015年5月22日
対象:全国20代~60代男女計1671名

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス