カプレーゼとは…イタリア南部 カプリ島から名付けられたトマト、モッツアレラチーズ、バジルを使ったサラダのこと。直訳すると「カプリ島のサラダ」となります。

そう言えばこの色合い

どこかで見たと思ったら、こちら。イタリアの国旗の色なんですねー。

1:まずは基本のカプレーゼ

オリーブオイルにレモン汁をプラス、さっぱりした仕上がりです。

【材料】
トマト--1個

モッツアレラチーズ--1/2個

バジルの葉--適量

オリーブオイル--適量

塩--適量

黒こしょう--適量

レモン汁--適量

【作り方】

1)小さめの器にオリーブオイル、塩、黒こしょう、レモン汁を入れて混ぜ合わせます。

2)トマトとモッツアレラチーズを同数になるようスライスします。

3)トマトとモッツアレラチーズを交互に重ねて器に盛り付けます。

4)上にバジルの葉をのせ、オリーブオイルをたっぷりかけて完成です。

2:パーティにも最適!カプレーゼの生ハム包み

カプレーゼを生ハムに包みました。生ハムの塩分が程よく合います。

【材料】

生ハム--4枚

トマト--1/4個

モッツアレラチーズ--適量

バジルの葉--4枚

ドライバジル--適量

オリーブオイル--適量

黒こしょう--適量

レモン汁--適量

【作り方】

1)小さめの器にオリーブオイル、レモン汁、黒こしょうを入れて混ぜます。

2)生ハムの上にバジルをのせ、その上にモッツアレラチーズ、トマトをのせます。

3)オリーブオイルをかけて、生ハムを巻きます。

4)最後にドライバジルで飾ったら完成です。

*生ハムに塩分が含まれているので、今回は塩を入れていません。

3:見た目充実!グラスで食べるカプレーゼ

小さめに作ったカプレーゼをグラスに入れた、ちょっとおしゃれな前菜です。

作り方は基本のカプレーゼとまったく同じです。今回は丸い形の一粒が小さなモッツアレラチーズを使っています。オリーブオイルのソースの中に、トマトは大きめのザク切り、バジルの葉はちぎりながら、モッツアレラチーズは半分に切り入れて混ぜ合わせます。

グラスに盛り付けたら完成です。

4:冷たいだけじゃない!カプレーゼのクラッカー焼き

カプレーゼをクラッカーにのせて焼き上げました。一口サイズなので、おもてなしにも前菜にもどうぞ。

グラスで食べるカプレーゼとほぼ同じつくり方です。こちらはモッツアレラチーズもザク切りにして、材料すべてをオリーブオイルソースで和えたものをクラッカーの上にのせます。オーブントースターでモッツアレラチーズがとろけるまで焼いたら完成です。

カプレーゼがあると、食卓の彩りが明るくなります。前菜からお酒のおつまみまで…幅広く喜ばれるカプレーゼ。家族(恋人)との特別な日に、おもてなしに手作りカプレーゼをぜひお試しください。

この記事を書いたユーザー

ちるちる このユーザーの他の記事を見る

おうちごはんやレシピをブログで更新しています。

ameba GGの「教えてあげたいわたしの毎日ごはん マイごはん」のレシピマイスターとして
木曜日にレシピを連載中です。


どうぞよろしくお願いします。



ブログ名:おいしい時間
URL: http://ameblo.jp/oisii-jikan

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス