出典 http://commons.wikimedia.org

記事提供:まぐまぐニュース!

メジャーリーグでの通算安打数で、往年の大打者であるベーブ・ルースの記録を抜いたイチロー。

無料メルマガ『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』の著者で、MBAホルダーの安部徹也さんは、イチロー選手が記録達成の際に語ったコメントに注目。ビジネスパーソンが備えるべきプロ意識について語っています。

“野球の神様”を超えたイチローから学ぶプロとしての態度・考え方

野球のメジャーリーグで活躍するイチロー選手が、遂に“野球の神様”と称されるベーブ・ルースの通算安打記録を抜き、メジャーリーグで歴代42位に浮上しました。

ベーブ・ルースといえば、日本でもホームラン王としてよく知られた野球選手なので、その偉大な記録を抜き去ったイチロー選手のすごさを改めて感じずにはいられません。

ただ、イチロー選手はこの大記録に浮かれることなく、インタビューに次のように淡々と答えています。

「ベーブ・ルースは、その名前自体にインパクトがあるような存在ですから、うれしいのはもちろんです。

ただ、ベーブ・ルースと僕では全くタイプが違いますからね。

もし、僕がホームラン数で並んだのなら、それはスゴイ話ですが、『僕らは同じ本数のヒットを打ちましたよ』なんて言うのは、ある意味、失礼に当たると感じます。

全然違うプレーヤーですから。それに、ベーブ・ルースの時代と今では全然環境も違いますし…」

出典 http://www.mag2.com

ホームランバッターとして数々の偉業を成し遂げてきたベーブ・ルースと、“安打製造機”として驚異的な記録を積み重ねてきたイチローでは、比較の対象にもならないと、謙虚な態度で大先輩をリスペクトする姿勢は、人格の高さが伺え、非常に好感が持てますね。

ただ、イチロー選手の“プロ中のプロ”たる所以は、達成した数字よりも、その考え方にあるといえるでしょう。

たとえば、イチロー選手は同じインタビューで次のようなことも語っています。

「僕にとって最も大切なのは、常に自分の技を磨き続け、いろんな手段で多くのヒットを打っていくことです。

どうやればもっとヒットを打てるか。

いつもそういうことに努めていると、自然にヒットが生まれ、また生まれ、そしてまた生まれる。

そうやって徐々に現在の数字に至ったんです。

でも今は、誰の通算安打数を抜くとか、そういうことには関心がありません。

僕が関心を持っていることは、もっとヒットを打つために、どうすれば自分のスキルを改善できるか、自分の技を磨き上げることができるか、そしてそれを継続するには何が必要か、そういったことです。

それこそ、僕がずっと集中してきたことで、今も集中していることです。

将来もそうです。

ここまで来れたのも、ずっとそうやってきたからです。」

出典 http://www.mag2.com

この考え方はビジネスパーソンにとっても、成果を上げるうえで、とても参考になるのではないでしょうか。

イチローのプロ意識をビジネスシーンで例えると…

通常、我々ビジネスパーソンはライバル企業やライバル社員の数字を意識しながら、「必ず超えてやる」という意識で仕事をしていることも多いと思います。

ただ、本来やるべきことは、ライバルの数字を強く意識することではなく、常に自分のスキルを磨き続け、いろいろな方法を試しながら自身の成長を志向し、今日よりも明日、明日よりも明後日と、より高い成果を積み重ねていくことなのです。

つまり、本当のライバルとは他社や他人ではなく、過去の自分自身なのです。

イチロー選手の言葉を借りるなら、我々ビジネスパーソンも次のように考えているかどうかで、“プロ中のプロ”かどうかが浮き彫りになるといっても、過言ではないでしょう。

「自分にとって最も大切なのは、常に自分の技を磨き続け、いろんな手段でより高いビジネスの結果を出していくことです。

どうやればもっと高い結果を生み出せるのか。

いつもそういうことに努めていると、自然に良い結果が生まれ、また生まれ、そしてまた生まれる。

そうやって徐々に現在の数字に至ったんです。

でも今は、誰の成績を抜くとか、そういうことには関心がありません。

自分が関心を持っていることは、ビジネスでもっとより良い結果を出すために、どうすれば自分のスキルを改善できるか、自分の技を磨き上げることができるか、そしてそれを継続するには何が必要か、そういったことです。

それこそ、自分がずっと集中してきたことで、今も集中していることです。

将来もそうです。

ここまで来れたのも、ずっとそうやってきたからです。」

出典 http://www.mag2.com

どうでしょう?

あなたは、イチロー選手と同じように現状に甘んじることなく、常に高みを目指しているでしょうか?

プロフェッショナルとしては、まずは「将来的に自分がどうなりたいのか?」という大きなビジョンを描くことはとても重要です。

通常、ビジネスでは逆算思考で、まずゴールを定めて「5年後にどうなっていなければいけない」「3年後にどうなっていなければいけない」「1年後にどうなっていなければいけない」そして「今何をしなければいけない」という詳細な計画を立てていきます。

ただ、このような大きな志、ビジョンを描いて詳細な計画をたてれば、極端な話、ゴールは忘れてもいいのです。

そして、日々やるべきことだけに一心不乱に集中して取り組む。

そのように“今という一瞬一瞬だけに集中する”ことにより、最高のアウトプットが実現され、それが積み重なって“自然に”偉大な成果につながっていくというわけです。

『極めて尚、より高みを目指す』

“完璧”というものがこの世に存在しないことを踏まえれば、ビジネスのプロフェッショナルである我々も、イチロー選手のどんなに素晴らしい成績を記録しても奢らない態度、そして道を究めるストイックな姿勢から、学ぶことは多いのではないでしょうか。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス