記事提供:ガジェット通信

新宿・歌舞伎町の裏社会を描いた大人気コミックを鬼才・園子温監督が映画化した『新宿スワン』(5月30日公開)。鬼才・園子温監督がメガホンをとり、女性たちに水商売の斡旋をするスカウトマンたちの熾烈な抗争を描きます。

本作の主人公・白鳥龍彦を演じるのは、昨年公開された主演作『そこのみにて光輝く』で、本年度のヨコハマ映画祭、キネマ旬報ベスト・テン、毎日映画コンクールの主演男優賞を受賞、代表作を更新し続ける綾野剛さん。

龍彦をスカウトの道へ導く、真虎を『るろうに剣心』『ジョーカー・ゲーム』『花燃ゆ』と幅広く出演している伊勢谷友介さんが演じます。

今回ガジェット通信では、綾野さん、伊勢谷さんのお2人に、映画で意識した事、初共演のお互いへの印象などなど、色々とお話を伺ってきました。

(撮影:しゃむ)

―映画素晴らしかったです。私は原作の「新宿スワン」のファンなのですが、漫画から抜け出て来た様なキャラクターへのなりきり具合もすごかったです。

綾野剛:原作を読んで、白鳥龍彦というのは非常に愛おしい人物だなと思いました。オファーをいただいた時、自分に出来るのか?と自問自答はしましたね。

でも、漫画という資料があったので、表情や土下座の仕方など仕草まで全部体になじませて、現場に臨みました。

伊勢谷友介:漫画を読み始めた最初は、辛い事ばかり起きるひどい話だなと思いました。でも、だんだんとこの漫画が伝えたい事、作者のメッセージが分かってきて、最終的にはドはまりしましたね。

今回の映画では「真虎」を含めどこまで描かれているか楽しみにしていて下さい。

―真虎を演じるにあたって意識した部分はありますか?

伊勢谷友介:真虎って状況の説明役で、セリフ量が多いので、それを覚えるのが大変でしたね。『花燃ゆ』の松陰先生とか、『MOZU』とか、最近演じる役が全部セリフが多くて。そういう役が増える年齢になってきたって事なんだなと思います。

―お2人は園監督と本格的にご一緒するのは初めてとのことですが、今回の撮影はいかがだったでしょうか。

伊勢谷友介:園さんとは一度ご一緒させていただいたんですけど、1日のみの撮影だったんですよ。今回、はじめてがっつり参加出来て良かったです(笑)。

僕は芸大出身でパフォーマンスアートをやっていたのですが、以前、園さんの「東京ガガガ」を見た時「これはやられた」と思ったんですね。そういう、面白い表現をされる方とご一緒出来て良かったですね。

―園監督が『新宿スワン』の様なバジェットの作品を撮る事に驚く映画ファンも多いと思います。

綾野剛:こういったメジャーな作品にも挑戦する事で、新しいステージに行こうとしている姿勢を感しました。『新宿スワン』の規模だから出来る表現をあきらめていない。

暴力シーンだって実際殴って、血を見せる方が簡単だし、本当にセックスしちゃったほうが簡単だけどそれをしない。しない事が挑戦ですよ。それが一番難しいのですから。

―これまでと違う層に多く観られる、という事も楽しみですよね。

伊勢谷友介:大体、園子温って文字を見た時に、名前だって分かる人がいなそうですよね(笑)。今回の撮影では、監督の中では当り前の事だけど、僕にとっては驚きって事が何度かありました。

例えば、街の中でスカウトしてきた女の子を映画に出しちゃったり。俺の相手役の女の子が一般の方だった時があったんですよ。こういうと語弊があるかもしれないですけど、今一番映画を自由に撮っている人だと思いますね。

―この映画では先日たて壊された「新宿ミラノ座」などがロケ地として使われていますね。

綾野剛:そう。あと「バースト」が入っているビルももう無いんですよね。僕が10代、20代前半の時にいっていた思入れのある場所もどんどん無くなっている。

今新宿は再開発が進んでいますが、新宿が持っている毒が外に出ない様に、防波堤の役目をしていた建物を簡単に壊し過ぎ。代々木や渋谷がおかしくなっちゃうのになあって思いますね。

ボーリング場での撮影がありますが、「もう取り壊すので、好きに使ってください」と言う事で、あんなシーンが出来たんです。

伊勢谷友介:僕はずっと東京なんですけど、新宿にはあまり行かなかったので正直思い出は無いんです。

でも、昔は悪そうな場所がいっぱいありましたけど、それが減ってクリーンになっていっているなとは思います。クリーンになるって事は快適で安全になるという良い面もあるけど、独自の文化は失われている気がしますよね。

―お2人は本作で初共演という事ですが、お互いの印象について教えていただけますか?

綾野剛:伊勢谷友介さんって、僕等の世代が憧れる俳優の代表じゃないですか。アイコン的な存在で。だから今回ご一緒させていただいて嬉しかったし、あ、俺が観ていた伊勢谷友介だって思う瞬間もあって。

あと、伊勢谷さんは色々と許してくれるんですよ。「もう分かったよ、剛だからいいか」って。こんな兄さんがいると安心感があります

伊勢谷友介:許してくれない人が相手でも自由にやりそうじゃない(笑)。

綾野剛:そんな事ないですよ(笑)。飲んでても、伊勢谷さんが先に帰ろうとして「もうちょっと」って言うと、仕方ねえなっていてくれる。面倒くさがっててもいてくれるところが優しい。

伊勢谷友介:一言で言うと“可愛げ”があるんですよね。今の若い俳優っていい子ちゃんが多くなってきていると思うんですよね。僕の時代は先輩達がはちゃめちゃだったから、いい子になろうとしていた。

でも、綾野くんはちゃんと自分のやりたいことが言える。年下でも年上でも巻き込んでくれる「人たらし」なんですよね。人を愛しているし、自分の話もちゃんとしてくれるし。こうやって喋っている所見てると、小動物みたいで可愛いでしょ?(笑)

―山田孝之さん、深水元基さんなどその他の出演者も本当に役にハマりきっていましたね。

綾野剛:深水さんはとても優しい方なので、人を殴るシーンが思い切り出来なくて、大変だったみたいです。

伊勢谷友介:元基は本当に優しい性格なんですよ。(山田)孝之だってルックスよりもずっと優しい男だから楽しい現場でしたよ。

―綾野さんは出演作が続いていて、様々なキャラクターを演じていますが、その切り替えというのは自然に出来ているのでしょうか?

綾野剛:役を引きずるという事もありませんし、完全に無くなるという事もありません。これまで80作品くらいやっているのですが、その役は全部自分の中に生きています。

僕は、自分の体を箱として役に貸しているだけなので、役に人生を勉強させてもらってる。今回の龍彦にも色々な事を教えてもらいました。

―綾野さんの龍彦、漫画以上に皆に愛されるキャラクターになると思います。今日はどうもありがとうございました!

■綾野剛/スタイリスト:長瀬哲朗/高橋事務所
ヘアメイク:石邑麻由

■伊勢谷友介/スタイリスト:葛西信博/リバースプロジェクト
ヘアメイク:ShinYa/プライマル

綾野剛さん演じる白鳥龍彦。

伊勢谷友介さん演じる真虎。

『新宿スワン』ストーリー

親にもツキにも見放され、帰る電車賃もない白鳥龍彦(綾野剛)は、新宿にやって来る。チンピラたちに絡まれ大乱闘になったところを助けてくれた真虎(伊勢谷友介)にスカウトをやらないかと誘われる。

それは幸せ請負人。いい女を探してクラブにホステスを紹介する仕事だ。「俺がスカウトした女の子には必ず幸せだって言わせます!」

男と女の欲望が交差するこの街で、龍彦は一端のスカウトマンになることを誓う。この先に待ち受ける、過酷な試練を知らずに―。

『新宿スワン』公式サイト

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス