記事提供:バズプラスニュース

ソフトバンクが新しく公開したCMが「auにケンカを売っている」と話題になっている。ソフトバンクはドコモにケンカを売るCMを作ったことでも話題になっていたが、今度はauにもケンカを売るとは!インターネット上では炎上寸前となっている。

・大きな包丁で桃をザックリ

話題になっているのは、岡山県を舞台にしたソフトバンクのCM。桃太郎をモチーフに作られたストーリーで、川から桃が流れてきたものの、おじいちゃんから電話がかかってきたため、おばあちゃんが桃を取り逃す。

桃は鬼が島まで流れてしまい、鬼に捕獲され、大きな包丁でザックリと切られてしまう。

・ソフトバンクがauにライバル心

auは桃太郎をモチーフにしたCMを放送しており、あきらかに、ソフトバンクがauにライバル心を燃やしたCMとなっている。そもそも、ストーリー上、桃が鬼によって切られる必要がない(笑)。意味があるとすれば、auのCMしかないのだ。

・「攻め」の姿勢でCMを作るソフトバンク

ラストの桃が切られるシーンはけっこう痛々しいので、ちびっ子には見せないほうがいいかもしれない!?とはいえ「攻め」の姿勢でCMを作るソフトバンクに対して、応援する声も出ている。あなたは、このCMを見てどう思っただろうか?

出典 YouTube

▼auの桃太郎のCM

出典 YouTube

▼ソフトバンクがドコモにケンカを売ったCM

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス