出典 http://www.gettyimages.co.jp

自転車は、免許のいらない乗り物です。そのため、日常生活に欠かせない足になっている方も多いかと思います。

そんな自転車なのですが、今日から悪質な違反行為をしている場合には、講習を受けなければならず、受けない場合には罰金が課されるようになりました。

そこで今回は、どんな行為が取締対象になるのかを紹介したいと思います。

こんな乗り方はNG!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

・飲酒運転

・信号無視

・一時不停止(一時停止標識がある場所では、必ず止まらなければなりません

・遮断踏切立入り

・車道の右側通行

・携帯電話使用運転(運転しながら携帯電話を手に持って通話したり、メールをしたりする行為)

・傘差し運転(傘を差す、物を持つなどの行為で視野を妨げたり、安定を失ったりするような方法での運転)

・イヤホーン等使用運転(運転上必要な周りの音や声が聞こえない状態での運転)

・ブレーキ不良自転車運転(ブレーキは前輪、後輪ともに備えていなければなりません)

・2人乗り運転(ただし、16歳以上の運転者が幼児用座席に6歳未満の幼児を乗車させることはできます)

・並進通行(「並進可」の標識がある道路では2台までに限り並んで通行できます)

・歩道での歩行者妨害(歩行者の通行を妨げるときは、一時停止しなければなりません)

出典 http://www.keishicho.metro.tokyo.jp

13歳未満の子どもと、70歳以上の高齢者、身体の不自由な方は適用外とされていますが、なかなか厳しい内容ですね…。

皆さん、日常的にやってしまっている運転が含まれているのではないでしょうか?

特にこれから梅雨の季節になると、傘を差しながらの運転をする人も多いと思いますが、違反ですのでカッパを着用するなどの対策が必要です。

では、こうした違反運転を繰り返すとどうなってしまうのか、罰則規定についても説明したいと思います。

違反者には講習受講が義務化!受けないと…

出典 http://www.gettyimages.co.jp

3年以内に2回以上摘発された違反者には、公安委員会の命令による自転車の安全講習が義務化されます。

出典 http://www.city.musashino.lg.jp

1回摘発されるだけでも決していいことではありませんが、3年間のうちに2回以上の摘発を受けると、自転車の安全講習を受けなければいけません。

そして、この講習も3時間で5700円のお金がかかるのです。怒られる上に、有料の講習も受講しなければいけないなんて…。

もし、この安全講習を受けなければ5万円以下の罰金が課せられるので、そのような事態に直面したらきちんと受講することをお勧めします。

さて、この制度は2015年6月1日から施行されているわけですが、Twitterの声も見ていきましょう。

取り締まる側も違反しちゃいけませんね…。

厳しくなった反面、自転車専用レーンが整備されていない、怖くて自転車に乗れないといった声も上がっていました。

とは言え、自転車もれっきとした「軽車両」という乗り物なので、その気軽さ以上に責任もある乗り物だということを我々も意識しなければいけないのかもしれません。

尾木ママも「明日から自転車やめますね」と宣言

出典 http://www.town.kuriyama.hokkaido.jp

尾木ママこと、教育評論家の尾木直樹さんも今回の道路交通法改正について、自身のブログで次のように語っていました。

・自分の見えない後ろから追い抜く車の怖いこと怖いこと

・子どもやお年寄りの車道走行は極めて危険

尾木ママ明日から自転車やめますね

出典 http://ameblo.jp

自転車は、本来歩道ではなく車道を走るものと定義されているため、尾木さんは自転車で車道を走ってみたところ、現状危ないと判断し今後自転車には乗らないことを決意したのです。

歩道を自転車で走れば危険ではありませんが、違反になってしまう。しかし、違反しないように車道を走れば危険…悩ましい選択を迫られているとも言えますね。

おわりに

出典 http://www.gettyimages.co.jp

今回改正されたものの中には、一時停止の遵守や、車道の右側通行の禁止など、運転免許を持っている人しか知らないのでは?と推測される項目も含まれています。

自転車にしか乗らない人にも、分かりやすく違反項目を周知する必要があるかもしれません。

安全運転を心がけたいものです。

この記事を書いたユーザー

週休二日制 このユーザーの他の記事を見る

動物が大好き。会社員であり、流浪のライターとしても活動。
興味を持ったことを色々書いてみます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス