記事提供:まだ東京で消耗してるの?

ほんと悪習ですよね。

「請求書は押印の上、原本を弊社までお送りください」

MakeLeapsウェブサイトより)

だいぶ前の話ですが、某大企業と仕事をした際、「請求書は押印の上、原本を弊社までお送りください」と要求されてげんなりしたことがあります。なんなのそれ。

請求書、いい加減「データでOK」を当たり前にしましょうよ。押印とか超ナンセンス。ハンコ屋の回し者なんですか?本当に、なぜデータじゃだめなのか、理解できません。

出す側の手間も相当ですが、あれ、貰う側もかなり面倒ですよね。原本を保管しなければいけないわけですから。

郵便物を受け取ること自体も手間ですし、なんなんですかね、マゾなんですかね。この日本で、一体どれだけ無駄が発生しているのやら…。

まぁ、一件300万とかの請求書なら、なんとなく紙で管理しておきたい気持ちはわかりますよ。でも、ぼくが発行するレベルの請求書って、最大でも20万円程度なんですよ。

5,000円の請求書を送るのに印刷費+切手代をかけるとか、なんなのか理解できません。その手間を考えるとノーギャラでいいよ!という感じ。

最近は「データで対応してます!」と押し通すようにしていますが、それでも年間に15通は紙の請求書を出しています。

行政の予算を使っている事業とかだと、やっぱり前提として受け付けてくれなくて。

どうしても紙で郵送が必要な場合は、仕方なくMakeleapsを活用していますが、いずれにせよ面倒でコストがかかることには変わりありません(データで送る際は、入金登録が簡単にできるfreeeを活用しています。これはだいぶ楽です)。

関連記事:「MakeLeaps」「Misoca」「freee」あたりを使っていないフリーランスは、人生の時間を無駄にしている

本当に、時代が早く変わってくれることを祈るのみです。賛同いただける方は、ぜひフェイスブックでシェアしてください。

変化のスピードを加速させましょう。異論反論も歓迎でございます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス