記事提供:しらべぇ

喜多方、札幌、熊本、長浜…などなど、全国各地にはさまざまな「ご当地ラーメン」がある。

しかし、首都・東京にもご当地ラーメンがあるらしい。大都会で「ご当地」…?気になった取材班は、さっそく噂の街に向かった。

■50年の歴史をもつ「八王子ラーメン」

新宿から中央線に乗ること、約40分。着いたのは、高尾駅のひとつ手前にある「西八王子駅」。そう、東京のご当地ラーメンとは、都内西部で愛されてきた「八王子ラーメン」である。

誕生は1959年。現在では、30店舗以上が提供しており、市民有志がつくる「八麺会」が情報サイトや公式ガイドブックをつくって、その魅力をアピールしている。

■取材班が選んだのは食べログ1位の名店

出典 http://tabelog.com

八王子は、ご当地ラーメン以外にも、食べログランキングで東京1位の名店(「煮干鰮らーめん圓」:4.28点)を擁するラーメン天国。その中で、市内ランキング4位、西八王子で1位に輝く「吾衛門」をセレクトした。

■年季の入った店構えに期待感も高まる

店は、西八王子駅の北口を降りてすぐ。徒歩2分ほどで、風格あるラーメン店が見えてくる。

■玉ネギ多め?玉ネギ…?

店内には、「中華そば」や「チャーシュー麺」「のり多め」といった一般的なメニューに加えて「玉ネギ多め」と貼られている。ラーメンに玉ネギ???と思いつつ、せっかくなので「中華そば+玉ネギ多め」をオーダーしてみると…

■みじん切りの玉ネギで麺が見えない!

そう、伝統的な八王子ラーメンの特徴は、

長ネギではなく玉ネギをトッピングに
・醤油ベース
・調味油を浮かせる

出典しらべぇ

の3点とのこと。

とんこつと煮干しやかつお節など魚介系のうまみが重なった、味わい深いスープ。濃いめの醤油ダレでうまくまとまっている。

なるほど、ラーメンに玉ネギは新鮮だったが、シャキシャキの食感が心地よく、玉ネギの甘みは醤油とよく合う。麺は、プツンという歯ごたえの細麺だ。

たしかにこれは、東京の伝統的な醤油ラーメンとも、とんこつ醤油ラーメンとも異なり、歴史あるご当地ラーメンと言っていいだろう。

23区からもっとも近い、東京の個性派ラーメン。週末にめぐってみるのも面白いかもしれない。

【吾衛門】
東京都八王子市千人町3-3-3
営業時間 11:00~17:00(月~金)11:00~18:30(土)
定休日 日曜・祝日

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス