いま、女性たちの間で仏像が静かなブームになっています。仏像好きな女性たちを歴女ならぬ仏女(ぶつじょ)と呼ぶそうです。仏像は蓮台(れんだい)という蓮の花をかたどった台座に乗っているのですが、なぜ蓮ばかりなんでしょうか?

仏教の象徴である蓮

蓮の花は泥が濃いほど大輪の花を咲かせるという不思議な性質を持っています。澄んだ水の中では小さな花しか咲きません。泥水(私たちのいる迷いの世界)に染まらず、美しい花を咲かせる姿が仏教の教えと一致することから、蓮は仏教の教えをあらわす花になったそうです。

もう一つの特徴は、蓮が花と実を同時に作るということです。仏教では「華果同時(けかどうじ)」といいますが、すべてのものには花と実があり、仏になる資質を持っているという意味になります。

あまりいい意味で使われることがない「一蓮托生」も仏教用語です。本来は良い行いをした者は死後、極楽浄土で同じ蓮に生まれ変わるという教えです。転じて、「事の良し悪しに関わらず行動や運命を共にすること」になりました。

このように、蓮の花には仏様の教えを伝える大切な役割があるのです。

蓮を頭に載せた不動明王

同じ仏像でも不動明王は蓮(頂連)を頭に載せ、岩の上に立っています。不動明王は臨終の時、信仰心のある者をこの蓮に乗せて極楽浄土まで守護すると信じられてきました。

顔は怖いですが、悪を許さない厳しさと慈悲深さを持った頼もしい仏様です。

台無しの「台」は蓮台のこと

何気なく使っている「台無し」という言葉も蓮台が語源です。台座がなければせっかくの仏像も威厳がなくなってしまうことから、面目を失うことや形をなさないことを「台無し」と言うようになりました。

仏教と植物の関係

蓮のほかにも、仏教では様々な教えが植物に喩えられます。植物学から見た仏教をもっと知りたい方は「なぜ仏像はハスの花の上に座っているのか 仏教と植物の切っても切れない66の関係(幻冬舎新書) 」がおすすめです。

仏像鑑賞をはじめたばかりの人は「どれを見ても同じに見える」ということがあるようです。仏教の知識を深めれば楽しみが広がります。マニアックさに磨きをかけて素敵な仏女になってくださいね!

この記事を書いたユーザー

華蓮 このユーザーの他の記事を見る

子供の頃から不思議なものを見つけたら調べずにはいられない性格。ちょっと恥ずかしがり屋なのはご愛嬌。一般の人が知らない「面白い」を探すのが私の喜びです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス