知育菓子って知ってますか?

出典筆者撮影

銀座にあるドンキ・ホーテでは、外国人観光客を意識しているからなのか、お菓子売り場には抹茶味のキットカットをはじめとした抹茶味のお菓子がズラリと並んでいます。その抹茶味のお菓子と同じくらい、商品棚を占領しているのがこちらの知育菓子
知育菓子とは「豊かな創造力を育む知育菓子」という意味で、クラシエフーズの登録商標のようです。具体的に言うと、自分で作って食べるお菓子。作るといっても、材料は全て箱の中に入っており、作り方も簡単。お弁当、お寿司、ハンバーガーなどなど、「え?コレがお菓子?」というような様々なものを作る事が出来ちゃうんです。

日本の知育菓子が外国人に人気らしい

出典 YouTube

そして、今この知育菓子が外国人観光客に大変な人気で、日本のお土産として買って帰る方も多いんだそう。AmazonやeBay(海外のヤフオク的サイト)でも高値で取引されており、一度は食べてみたい!作ってみたい!と思っている外国人が沢山いるんです。
ハッキリとして経緯は確認出来ないのですが、クラシエの公式動画(英語版)や日本に住む外国人が自国の言語で作り方を紹介した動画などが海外で話題となり、日本の独創性に優れた知育菓子の人気が高まった模様です。

元祖・知育菓子と言えば、ねるねるねるね

出典 http://www.kracie.co.jp

テーレッテレー♪の魔女のCMでおなじみのねるねるねるね。子供の頃に一度は食べた記憶がありませんか?水を加えて練るだけで色が変わって行くという、子供にとってはまるで魔法のような、夢のようなお菓子でした。

出典 YouTube

↑元祖・知育菓子、ねるねるねるねも実はクラシエフーズ(旧カネボウフーズ)の商品なんです。子供の頃、よく食べたなあ…。

「粉と水とで作る楽しいお菓子」は1978年の発売以来、これまでに様々な商品を発売してきました。代表的な商品である「ねるねるねるね」は1986年に誕生しました。
「好奇心いっぱいの子ども達に、もっと沢山のドキドキ・ワクワクを感じてもらいたい」、作ったり遊んだりする楽しい体験を通して「創造力など子どもの成長に必要な力を育んでもらいたい」という願いから知育菓子®と名付けました。作りながら、遊びながら、楽しみながら自然と成長に必要な力が身についていくお菓子。子どもにとって、知育菓子®はそうした存在でありたいと願っています。

出典 http://www.nerune.jp

新世代の知育菓子、つくろう!おべんとう!

出典 http://www.nerune.jp

そして、最近人気の知育菓子と言えばクラシエフーズのポッピンクッキンシリーズです。様々な種類があるのですが、外国人観光客に人気があるのは、こちらのつくろう!おべんとう!や、日本らしいたのしいおすしやさんなど。その他にも種類はかなり豊富で、もちろん小さなお子さんにも大人気なのです。

出典 YouTube

↑作り方動画は店頭でもエンドレスで流れており、外国人観光客が釘付けになって見ているところも…。

出典筆者撮影

このように、店頭で流れているデモ動画。英語の字幕付きなので外国人でもわかりやすいです。

出典 http://www.nerune.jp

まるで本物そっくりなお寿司を作る事が出来てしまう、たのしいおすしやさん。しかし、味はグレープ味とギャップがすごそうです。イクラの作り方が楽しそう!

出典 http://www.nerune.jp

こちらは女の子向け、たのしいケーキやさん。どれも水だけで出来るというのがまたスゴイんですよね。最近はデコスイーツも流行ってますので、大人女子でも十分楽しめるのでは?こんなに可愛いのに保存料・合成着色料ゼロというのも素晴らしいです。

ハッピーキッチンシリーズも人気です

出典 http://www.nerune.jp

こちらは電子レンジも一部使用しますが、簡単につくる事ができるハンバーガー。その他、ポテト、コーラまで作れてしまうのでリアルおままごとがおうちで出来ちゃいます。

出典 http://www.nerune.jp

今コンビニで大人気のドーナツだって作る事ができます。しかも、なかなかリアル!カルシウムもたっぷりとれるんですって。

出典 http://www.nerune.jp

こちらも外国人にウケそうな、ミックスピザです。

外国人が日本土産にまとめ買いをするんだとか

出典筆者撮影

私がこの知育菓子を見かけたのは、ドンキやヤマダ電機など外国人観光客がよく訪れる場所でした。最初は「へー、こんなの人気あるんだー」と思ってましたが、その数日後に見ていたテレビ番組で、日本へやってきた外国人カップルがインタビューを受けていたところ、「自分でおすしを作るお菓子を買いたい」と答えていたのです。
その後、抹茶味のキットカット同様に、増え続ける外国人観光客向けの対策なのか、あちこちの量販店で知育菓子の山を見かけるようになりました。

作り方動画を公開している人までいるのです

出典 YouTube

2人の女の子が様々な知育菓子の作り方を教えてくれています。もともとは子供の豊かな想像力を育む為のお菓子ですので、子供が楽しく作れるのが一番ですよね。

出典 YouTube

公式動画だけではなく、一般の方が日本語のほか、各国の言語を使い(もしくは字幕を入れて)作り方を紹介しています。世界中で見る事が出来ますので、これはいいPRになっているんじゃないかな、と思います。

あなたも知育菓子を作ってみませんか?

出典筆者撮影

英語の動画のほかに、店頭ではこのような英語の作り方プリントまで配布されていました。いまや、子供だけではなく外国人観光客も完全にターゲットに入っている知育菓子。ねるねるねるねのように、水を入れて練るだけではなく、最近はちょっとしたコツも必要になってきていますが、それでも作り始めたら熱中してしまうかも…?
お値段も200円~300円前後とそれほど高くないので、お土産にもオススメです!

◆ こちらの記事もあわせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

nalu-3-lin このユーザーの他の記事を見る

池袋を中心としたB級ブログネタ、ハワイネタ、プチプラコスメネタ、美容と健康によい食品ネタなどを中心に記事を書いているSpotlight公式ライターです。ジュニア・スーパーフードマイスター取得。
【ブログ】池袋うまうま日記。⇒http://umalog.exblog.jp/

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス