出典 http://www.gettyimages.co.jp

高齢者の生活は、仕事や趣味に打ち込んだり、のんびりと余生を送っているイメージが強いかと思います。

しかし、そんなイメージを覆すように「高齢者によるストーカー事件」が増えているのです。

一体なぜ、高齢者のストーカーが増加しているのでしょうか?

恋愛にしか興味を持てない

出典 http://www.gettyimages.co.jp

福山大学人間文化学部教授の平伸二氏(犯罪心理学)は「今の高齢者は高度経済成長を支えてきた世代。終身雇用のもと、仕事一筋で打ち込んできた人が多いです」と指摘した上で、退職による変化が影響しているとみる。

出典 http://www.j-cast.com

「やること」がなくなり、自分のアイデンティティを見失ってしまう人も少なくないそうです。

仕事一筋だった人であれば、他に趣味を持っていることケースが少なく、“恋愛”に興味の対象を向けてしまうことが考えられます。

核家族化

出典 http://www.gettyimages.co.jp

子どもと同居している高齢者が減り、孤独を感じていることも原因として考えられます。

配偶者に先立たれていたり、家族も遠方に住んでいてほとんど一人で過ごしている場合、その寂しさを埋めるために恋愛対象を追ってしまいがちなのです。

高齢者の絶対数が多い

出典 http://www.gettyimages.co.jp

高齢者によるストーキングの増加は、第一次ベビーブームの団塊の世代が高齢者枠に入ってきて、日本が高齢化しているのも原因のようです。

出典 http://ssize-mens.com

今まで若かった人が、年齢を重ねて「高齢者」に分類されるようになったことも、高齢者ストーカーの増加の一因です。

特に“団塊の世代”と呼ばれる年代が、高齢者になったことで絶対数が大きく増えています。

では、具体的にどのような手段でのストーキング行為が行われているのか、具体的な事例を見ていきましょう。

1. 「毎朝見ています」

出典 http://www.gettyimages.co.jp

「毎朝、見ています。私は決してあやしい者ではありません。お名前を教えてください」と、言いました。

私は怖くなって、「急いでますので。」と、すぐさま立ち去りました。

毎朝見ていると言われ、全く見覚えがないおじいさんなので、ぞっとしました。

出典 http://komachi.yomiuri.co.jp

朝の電車の時間を変えても変えても、おじいさんは現れます。帰りの電車にも現れます。

それから、帰りのスーパーでも、見かけます。スーパーを変えても、変えても、出没するのです。

かれこれ、4~5年になります。

出典 http://komachi.yomiuri.co.jp

毎朝どころか常に見てるじゃん!

2. 「どうして僕を避けるんだ」

出典 http://www.gettyimages.co.jp

75歳の祖母が75歳男性からストーカーされてまいっています。

釣りじゃないです。本当にまいってます。

祖母は今一人暮らししているのですが、しょっちゅう、小学校時代の同級生の男性から電話をかけられ、留守録に、ブツブツ気持ち悪いことを言われて、ノイローゼになっています。

留守録に、「好きなのに…」「どうして僕を避けるんだ…」とか入ってて、私も聞いて、あまりのおぞましさに泣きそうになりました。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

相談者のおばあ様は、決して男性に気のある素振りも見せていないし、貢がせたということもないとのこと。

また、おばあ様以外にも二人の同級生にストーキングをしており、被害者は全員未亡人というのだから尚更気持ち悪いですね…。

3. 「一目会いたくて」→逮捕

出典 http://www.gettyimages.co.jp

交際を迫ろうと80歳の知人女性の自宅に押しかけたとして、奈良県警察本部吉野警察署はきょう(10日)、橋本市の85歳の男をストーカー規制法違反と住居侵入の疑いで逮捕しました。

出典 http://wbs.co.jp

交際を迫ろうと奈良県下市町(しもいちちょう)の80歳の知人女性宅に侵入したほか、去年(2013年)11月には女性の自宅の留守番電話に「待っている。出てこい」などと伝言を残した疑いです。

新田容疑者はことし1月に、この女性を電話で脅迫したとして逮捕されていて、調べに対し新田容疑者は「一目会いたい気持ちと逮捕された恨みで文句も言いたかった」と容疑を認めています。

出典 http://wbs.co.jp

交際を迫るのに自宅まで行くエネルギー、中学生でもありませんよ…。

どれも常人の感覚では考えられない行動に及んでいるものばかりです。

では、被害に遭わないための対策はどんなものなのでしょうか。

ストーカーに年齢は関係ないと肝に銘じる

出典 http://www.gettyimages.co.jp

加害者の中には、80代の方もいます。また、子どもが被害に遭うこともあるので、年齢を問わずストーカーは起きると考えておきましょう。

警戒するに越したことはありません。

ストーカーの疑いがある人とは距離を取る

出典 http://www.gettyimages.co.jp

当たり前のことかもしれませんが、「ストーカー?」と思ったら早急に距離を取ることが必要です。

常識的な範囲での親切な行為も、「自分に気がある」と独りよがりな解釈をしてストーカー行為に及ぶケースも多いとのこと。

見極めが難しいところではありますが、一線は引いておくことが必要なのかもしれません。

ストーカー行為が始まったら、すぐに拒絶の意思表示を

出典 http://www.gettyimages.co.jp

「なんとなく言いづらい」などと、はっきり拒絶をせずにいるとさらなる勘違いをされて、ストーカー行為がエスカレートする可能性があります。

毅然とした態度で拒絶し、場合によっては警察に相談することも大切です。

おわりに

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ストーカーに限らず、こうした犯罪を未然に防ぐには地域に住む人々への関心を高める、ご近所の方に挨拶をするなどの気配りが大切です。

前述したように、高齢者がストーカーになってしまう原因として、社会との孤立があげられているので地域全体で見守ることが求められています。

集合住宅にお住まいの方も、エントランスなどで居住者の方と会ったら挨拶をしてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

週休二日制 このユーザーの他の記事を見る

動物が大好き。会社員であり、流浪のライターとしても活動。
興味を持ったことを色々書いてみます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス