きっかけは「インド旅行の帰り、上海に寄っていい?」

今年(2015年)2月下旬から、上海での生活を始めたお気楽主婦の私。

ある日、日本にいる友人からの1通のメールが届きました。

「インド旅行するんだけど、帰りの飛行機が謎のトランジットで…。
 丸一日、上海で時間ができちゃって。会いに行っていい?」

とんでもない激安チケットだったようで。
彼女が押さえた飛行機の時間は以下の通り。

4月5日 2:00デリー発 → 4月5日 11:00上海着
4月6日 9:00上海発  → 4月6日 12:50成田着

つまり、4月5日の昼頃から4月6日の朝まで
丸一日、上海で時間ができてしまうというトランジットなのです。

市販されている上海のガイドブックでも、2泊3日もしくは3泊4日のモデルプランがよく掲載されています。

また、大手旅行代理店の上海旅行プランでも、3日間もしくは4日間という文字をよく見かけると思います。

内容紹介

世界で3番目に高い上海タワー最速情報! ほか、変貌著しい上海の最新情報満載。
上海グルメやショッピングもすべておまかせ! 

◆コンテンツ…上海タワー最速情報! /上海早わかり/3泊4日王道モデルプラン/浦東&外灘/黄浦江クルーズ/豫園/南京東路/准海中路/衡山路/南京西路/虹橋/新天地/田子坊/必食名店演義 6大料理に挑戦/地方別料理全制覇! /中国版B級グルメ小吃大集合/テーマ別レストラン/レトロ茶館へようこそ/上海カフェ/シノワズリ雑貨/プチプラ! バラマキ土産/上海発着ツアー/極楽癒し体験/杭州/蘇州/江南/ホテルセレクション/旅の情報/別冊付録 上海持ち歩きMAP など

出典 http://www.amazon.co.jp

暮らして気づいた「主要観光名所って、意外と近い」

私自身、上海暮らしをしてみて、地下鉄やバスなどの交通機関を使い、南京東路外灘田子坊といった主要な観光地に行ってみました。

そこで、気づいたのです。
「あれ?意外と、どの観光地も距離が近いな。」と。

現在、上海市内には地下鉄が多く開通して、市民の足として活躍しています。
また地上では、タクシーやバスも充実しているので不便はありません。
おかげで、観光地には簡単に行けてしまって拍子抜けしちゃうくらいです。

■上海の地下鉄路線図

出典 http://www.shmetro.com

上海地鉄(中国語)

そこで、ガイドブックにも載せられない、旅行代理店でも売り出せない、
「たった1泊2日で上海の街を遊び倒せる観光プラン」を立てて、友人を案内することにしました。

「えっ?そんなの無理でしょ。ありえない!」と思ったあなた。
できるんですよ。実際にやりました。

確かに、個人旅行ならではの弾丸旅行プランです。
上海の面白いところをギュッと詰め込んで案内しました。

週末しか休みないけど海外旅行したい!」という願望をお持ちの方も、少なくないはずです。
発展著しい一方、昔ながらの風景も残る上海の街で、あなたも遊んでみませんか?

①上海のローカルめしを軽食程度に

PM12:30ごろ
友人と上海浦東空港の到着出口で合流。
大きなリュックを抱えていたため、タクシーに乗って私の自宅へ。

PM1:30ごろ
自宅に到着。
荷物をおろし、ちょっと一息ついてから外出。

PM2:00ごろ
地元の食堂「老盛昌」で軽食。
私はよく、主人と一緒に訪れていて、朝食をここで取ることが多いです。

ここで、上海のローカルの味を楽しんでもらいました。
この日はワンタンや小籠包、シイタケラーメンを注文。
3人(友人、筆者、筆者の旦那)で分け合いました。

■菜肉馄饨

出典 http://ameblo.jp

肉と青菜のワンタン 7元

あっさりしたスープに、モチモチのワンタン。
ボリューム満点の人気メニューです。

香菇面

出典 http://ameblo.jp

シイタケラーメン 9元

煮込まれたシイタケがトッピングされています。
麺はもっちり、スープはコクがあり、シイタケとよく合います。
一度食べたら病みつきになってしまう一杯。

PM2:30ごろ
退店。徒歩で移動。

②❝上海の台所❞ ローカル市場を散策

PM2:40ごろ
野菜や肉など食材から日用雑貨までを扱う「澳华农贸小商品市场」へ到着。
上海の人たちにとって、いわば「台所」というべきローカル市場を散策しました。

また、きちゃいました!

澳华农贸小商品市场
天山路585弄19号

この雰囲気が楽しいのです。
雰囲気には慣れてきました。

きょう市場で買った野菜と果物!
中国に来て初めて空芯菜ときゅうりを買いました!
あ、あとネギも。
もちろんネギはこのネギです。
ここから引っこ抜きました!

ときどき、陳列がおかしいものを見つけたりします。
それもまたアジアらしいところかもしれません。

PM2:50ごろ
市場を出発。地下鉄の駅まで徒歩移動。

PM3:10ごろ
地下鉄10号線 水城路駅に到着。地下鉄で移動。

③上海の原風景が残る「豫園」を歩く

PM3:30ごろ
地下鉄10号線 豫園駅を下車。

観光名所「豫園」へ向かいました。
「豫園」は明代の庭園様式が残る名園で、日々多くの観光客が訪れます。
また、周辺には土産物店や飲食店で賑わう「豫園商城」と、下町風情あふれる街並みに骨董品店や書画店が点在する「上海老街」があり、常に賑やかなエリアです。
 

ここを軽く散策したあと、いよいよ夕食を食べに向かいます。

PM5:30ごろ
豫園を出発。地下鉄の駅へと向かう。

PM5:45ごろ
地下鉄10号線 豫園駅を出発。南京東路駅で2号線へ乗り換え。

PM6:20ごろ
地下鉄2号線 世紀大道駅を下車。徒歩で移動。

④中華料理を楽しみながら伝統芸能に触れる

PM6:30ごろ
四川料理のレストラン「巴国布衣」に到着。

このレストランでは、食事をしながら伝統芸能の「変臉(変面)」を楽しむことができるのです。

今日ご紹介する「巴国布衣」は、上海にきたからにはぜひ一度利用してみていただきたいレストランです。
「上海なのになぜ四川料理?」「辛いのが苦手なので無理!」など、渋る方にもあえて行っていただきたいお店。
ナビイチ押しのお店なんです。魅力はなんといっても安くておいしいところ。
そして地元上海人に人気だということ。そして、四川省の伝統芸「変歛」のショーを楽しめるところです。

出典 http://www.shanghainavi.com

上海観光旅行ガイド 上海ナビより

「変歛」とは、手を使わずに顔にかぶったお面を瞬時に変える芸のこと。
よーく見ても、何回通っても、どうやって変えているのか未だにわかりません。

出典 http://www.shanghainavi.com

上海観光旅行ガイド 上海ナビより

ショーの様子

出典 YouTube

店内にあるステージで行われるショータイム。
派手な衣装に身を包み、大音量の音楽に合わせて踊りながら、面をころころ変えていきます。
地元の人にも大人気のお店です。

⑤歴史建築と近代ビル群の夜景を堪能する

PM8:30ごろ
退店。地下鉄の駅へと向かう。

PM8:40ごろ
地下鉄2号線世紀大道駅から乗車。

PM9:00ごろ
地下鉄2号線南京東路駅を下車。外灘へと徒歩移動。

上海の夜景の代表格、外灘の歴史建築群と浦東の近代ビル群の夜景を一望することができます。

夜の外灘

出典 http://www.gettyimages.co.jp

20世紀前半に相次いで建設され、ヨーロッパの空気が感じられる歴史建築が今も残る外灘。
夜になると写真のようにライトアップされる。

浦東の近代ビル群

出典 http://www.gettyimages.co.jp

外灘から黄浦江を挟んで対岸にある浦東。
上海の都会的風景の象徴でもある東方明珠塔をはじめとする近代ビルが建ち並ぶ。

⑥上海一の繁華街を散策

PM9:15ごろ
外灘から、上海一の繁華街「南京東路」へ向かう。

上海で最もにぎやかな商業地区で、デパートやお土産物店、レストランが軒を連ねている場所です。

昼夜問わず多くの観光客で賑わう繁華街

出典 http://www.gettyimages.co.jp

⑦❝上海一の食品デパート❞でお土産購入

PM9:30ごろ
お土産を調達しに「上海市第一食品商店」へ。

お酒やお茶、お菓子などのお土産物から、生鮮食品やお惣菜なども手に入る大型デパートです。
覗くだけでも楽しいスポットです。

友人はここで中国茶のセットを購入していました。

「上海第一食品商店」は上海でも有数の老舗食品店です。昔から地元の人たちに親しまれてきたデパートなのですが、2012年末にフロアを全面リニューアル。より国際的で、しかも上海らしい品揃えのデパートに生まれ変わりました。

出典 http://www.shanghainavi.com

上海でも有数の老舗食品店

出典 http://www.shanghainavi.com

お土産からお惣菜、お酒、調味料など品揃えが充実。
フードコートも店舗が多く賑わっています。

店内は大勢の観光客や地元の人たちで賑わう

出典 http://www.shanghainavi.com

連日、大勢の人で賑わっています。

中国茶葉もいろいろ

出典 http://www.shanghainavi.com

小分けになったものから、缶や箱で売っているものまで。

量り売りのお菓子の山

出典 http://www.shanghainavi.com

種類、豊富です!

中国らしいパッケージのお菓子も

出典 http://www.shanghainavi.com

こういうパッケージのお土産は「中国行ってきたぞ!」ってアピールできますよね。

PM10:00ごろ
地下鉄2号線人民広場駅から乗車→帰宅。



翌日

AM6:00ごろ
自宅出発。タクシーで上海浦東空港へ。


AM6:30ごろ
空港着。友人はチェックインを済ませ、空港のフードコートで朝食。
さくっと朝ごはんを済ませ、友人とお別れしました。



いかがでしたでしょうか?
なかなか細かいスケジュールで詰め込みましたが、やりたいことはしっかり楽しむプランを実行してみました。

なので、やろうと思えば
1泊2日でも上海観光はできるのです。

「興味はあるけど、中国語も喋れないし、ちょっと抵抗あるなぁ」と思われる方もいるでしょう。

そういった方は在住日本人にまず相談するのはどうでしょうか?

こんな面白いサービスもあります。

【おまけ】海外在住日本人に旅の相談をする

海外在住の日本人が、「旅のお手伝い」をしてくれるトラベロコというサイトがあります。

海外に行く日本人が、旅行をする上での不安やもどかしさを、海外在住の日本人が持つ知識、経験などを使って解決し、「したい!」を叶えるお手伝いをしています。

トラベロコとは?

トラベロコでは現地在住日本人をロコと呼びます。
ロコが持っている知識や経験、能力をサービスとして提供することで、今まで出来なかったあなたの『したい』を実現するお手伝いをします。

海外旅行の際、テレビで見たあのお店に行ってみたい、雑誌で紹介している観光プランを自分でもやってみたい!
また、お買物中やレストランの注文時など、こんな時に誰か教えてくれたり、サポートしてくれる人がいたらなあと思った事はありませんか。
でも現地に詳しくなかったり、知り合いもいないから、実現出来ずに悔しい思いをしませんでしたか?

トラベロコは、ロコが持っている知識や経験、能力を使って、そんな海外でのあなたの「したい」をかなえてくれる場を提供します。

出典 https://traveloco.jp

トラベロコには2種類のサービスがあります。どちらも現地在住日本人(ロコ)により提供されます。

一つは、現地で直接ロコと会って提供される「現地サービス」です。

例えば、旅行先でロコがあなたを、
●地元で人気のレストランに連れて行って、一緒に食事をしてくれます。
●街の観光案内をしてくれます。
●ガイドブックにも載っていないような穴場スポットを紹介してくれます。

もちろん、言葉がわからなくても大丈夫。
現地に精通しているロコがいれば安心して旅を楽しめます。


もう一つは、オンライン上で提供される「WEBサービス」です。

例えば、日本に居ながらロコが、
●旅の相談にのってくれて、あなたにピッタリの観光プラン作ってくれます。
●人の紹介やビジネスマッチングの手伝いをしてくれます。
●翻訳やお仕事の依頼もできます。

もちろん、あなたのリクエストにだって応えてくれます。

出典 https://traveloco.jp

「夏休みまで待てない!」「今すぐ海外に行きたい!」
さあ、この夏にぜひ上海はいかがでしょうか?
あなたも弾丸旅行してみましょう!

この記事を書いたユーザー

みか このユーザーの他の記事を見る

2015年2月より上海在住。ローカルフード、市場が大好き!
上海から生活情報を発信しております。
ブログ「上海で新婚生活、始めました。(仮)」
http://ameblo.jp/meixiang-shanghai/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス