英国ミラー紙の話題を飾った調査結果

”The Best Age for Sex life"

と題された英国ミラー紙の調査結果が話題を呼んでいます。

英国人対象に行われた”最もセックスライフが充実する年齢”調査で10代、20代をダントツで追い抜いたのがなんと…

40代!(男女ともに)

調査結果では”セックスを楽しめるのは体力のある若い年代”という今までの常識を大きく覆す結果となりました。

男性は1位が40代、2位は20代、3位は僅差で50代!

出典 http://www.mirror.co.uk

女性は圧倒的に40代、何と2位は50代!トップと思われた20代は3位。10代においては40代の4分の1以下という結果に。

出典 http://www.mirror.co.uk

何故40代以降が最も充実感を得られるのか、その理由とは?

この調査を行ったIllicitEncounters.comによると、20代の若者は、セックスをする機会が沢山あり、出会いも多い。言わば“質より量”のセックスライフ。

それが40代以降に関しては、出会いの数は多くない、しかし今までに培った経験やテクニックがある。どういう時にどうすればいいか、例えるなら痒いところに手が届くセックスが出来るということ。

一方、年齢とともに急降下する日本人のセックス頻度

一方で、避妊具で有名な相模ゴム工業株式会社の調査によると、日本人は元々世界で一番セックスの回数が少ない上に、それは年齢とともに急降下する現状にあります。

これでは少子高齢化問題もなかなか改善しませんね。

しかし、この結果に反する“日本人の性”に関するデータが…

この調査結果に反しているのが、日本の“性風俗利用者の年代”

日本は世界でも有名な性風俗カルチャー大国。その利用者の年代が一番多いのが40代から50代!

ということは、やはり40代以降性欲の減退は体の問題ではなく相手次第、ということになるのではないでしょうか。

いつまでも相手に求められる身体作りはとても大切

イギリスではきっと、いつまでもセクシーでいるための努力を惜しまず、40代、50代になっても大人の色気を保っている人たちが多いのでしょう。

文化や環境の違いもあり簡単に解決できる問題ではないかもしれませんが、日本人は今回の調査から学ばなければいけないことがある気がします。

誰からも求められる身体を最短で作っちゃおう!オススメ記事はこちら↓↓↓

セックスにまつわる沢山の調査結果は目からうろこ!相模ゴム工業株式会社

この記事を書いたユーザー

sayacafe このユーザーの他の記事を見る

プラチナ公式ライターsayacafeです。
アメリカを拠点にファッショントレンド、サイエンス、ライフハックやレシピ。
海外ならではの面白いニュースや、日本では話題に上らないようなローカル情報をピックアップして配信しています。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス