「かっこいい犬。」などの独特のタッチが話題となり、奇才ぶりを発揮している俳優の田辺誠一さん。ファンからは“画伯”とも呼ばれており、最近では個展を開くなど、注目を集めています。

元々、18歳の時に『メンズノンノ』専属モデルに選ばれモデルデビューしたことがきっかけで、芸能界入り。自身のブログで絵についての想いやアーティストとしての活動について語っていました。

子供の頃から、よく絵を描いていた

子供の頃から絵を描いていました。普通にキン肉マンとかそういう感じです。

出典 http://ameblo.jp

キン肉マンを描いてみました。

中学に入るとフェリックスのような生活の中に入るキャラクターグッズに興味を持ち、当時はソニープラザぐらいでしかそういうグッズは手に入りませんでしたが、アメリカのデパートやメーカーに手紙を出し、カタログや雑誌を手に入れ(郵便局から海外送金、国際郵便などで3ヶ月くらいかかりますが)色んなキャラクターを集めていました。すべては単純に好きという気持ちが原動力でした。

出典 http://ameblo.jp

子供達に大人気の機関車トーマスを描きました!

映像に興味を持つように

その後、高校ではボート部に入り、家に帰るのは夜12時くらいと言うハードな練習だったので、絵のことは忘れました。

高校3年の夏に部活を引退し、今度は映像に興味を持ち、短編コント映画を作り始めました。その後メンズノンノのモデルになり、仕事で様々なファッションやそれを創作するプロフェッショナルな現場を見て、海外ロケでは様々な文化や芸術に触れ、夢を持った仲間に刺激され、仕事以外では短編映画を作りながら、再び自分なりに楽しく絵を描いたりしていました(アクリル画/イラストボード)。

将来は映像の仕事をしようと思っていたのですが、グラフィックも好きだったので、勝手に100本ノックと銘打って、シェーバーやドライヤー、飲料などの広告をいっぱい作って友達に見せたりしていました。他には小学生の頃から建築にも興味があったので、建築図面や建築模型を造ったりしていました。そして23歳で俳優になり、この道1本でやっていこうと決めたので、他の活動を全てやめました。

出典 http://ameblo.jp

俳優の道一本でやっていくと決意するも…

しかしまあ、ふつふつと製作意欲が湧いてきて、俳優として少しだけ認めて貰えるようになった20代後半、再び創作活動を始め作品を作り、再開して直ぐの97年に「通産省マルチメディアグランプリ」という大会でアーティスト賞をもらいました。アーティストだあ!と喜びました。こういった賞を2年連続で頂き、創作活動に意欲が湧きました。

そして98年、劇場公開映画を作りました。当時は「役者が映画を撮るなんて生意気だ」という感じで攻撃も多かったですが、フルデジタルの低予算(自費)で何とか撮り、それがベルリン国際映画祭の審査員の目にとまり、ベルリン国際映画祭に正式招待されました。他は数億円レベルの作品ばかり、制作費50万円の映画としては快挙で、やったぜーという気持ちでした。他もクレイアニメやマペットやチェコアニメなど、中学から続くカワイイ物好きは相変わらずで、世界でもKAWAII文化が浸透したので、年甲斐もなく色々な物を集めたりしました。

出典 http://ameblo.jp

かっこいい犬のいろんな姿を描いてみました。

腹筋を始めました。

Twitterを始めたことがが転機となる

そして2009年にツイッターを始め、5年くらい何となく絵を描いており、そしていつの間にか個展をやったり絵のお仕事を頂けるようになりました。未だに絵の技術がないことは自分でもうすうす気付いているのですが、とにかく描くのが楽しいんです。

出典 http://ameblo.jp

マイケルジャクソンさんを描いてみました。名場面に目頭がアツくなります。

スムースクリミナル。前傾してピタリと止まる名場面です!

振り返ってみるとこの約35年間で、建築、映像、ファッション、絵画、食文化、アニメ、家具、商業デザイン、様々な分野から受け取った構図や線や色彩が自分の中で熟し、そして役者の仕事を通じてつちかった、何を伝えたいのか、どうやって伝えるのか、というエネルギーをプラスして今の絵の活動に集約されているのかなと思いました。

出典 http://ameblo.jp

渋谷のパルコパート1のB1で「田辺誠一展 かっこいい犬わんダーランド」が始まりましたああああ!
初めての個展です。

「楽しい」が原動力に

自分の中に蓄積された物があまりにも多く、自分でも驚くほどやりたいことが多くて溢れてきます。なので、絵に関して色んなオーダーを受けても直ぐに、待ってました-、じゃあこれがいいんじゃないか、あれがいいんじゃないか、というアイディアが溢れます。

やりたいこと、表現したいこと、伝えたい事がいっぱいあります。(子供の頃から画風は変わっていないので、もっと成長したいのですが・・・)絵は見て下さる方とのコミュニケーションが全てだと思っています。

楽しいことがしたい、みんなに楽しい気持ちになってもらいたい。その思いや時代や時間を共有したい。見て下さる方、面白いと思って下さる方、好きになって下さる方、そういった方々に支えられて、自分なりに楽しく絵を描けているんだなあとあらためて思います。それがなによりの原動力です。感謝感謝です。

出典 http://ameblo.jp

アクリル画の新作です!初めての連作です。

タイトルは「散歩」

絵に関しても、僕が生み出す作品として、それらと同じ考えです。唯一無二の、自分らしい、自由で楽しい気持ちが伝わる作品を作りたいと思っています。

出典 http://ameblo.jp

9月より東京都美術館で行われる「モネ展」のオフィシャルサポーターにも就任し、さらに活動の幅を広げている田辺さん。今後の作品も楽しみですね!

まじめで誠実な人柄が感じられる田辺さんのブログはこちらから。ぜひご覧ください。

この記事を書いたユーザー

Ameba編集部 このユーザーの他の記事を見る

Ameba編集部公式アカウントです。1万5000人以上の芸能人・有名人が利用するAmebaブログから、編集部が厳選した話題をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス