日本一のラーメンタウン。それは東京だと言われています。所謂「東京ラーメン」以上に、新しいラーメンが生まれたり、日本全国のご当地ラーメンが食べられる「日本一ラーメンが集まる街」という意味でも東京が日本一のラーメンの街であると言う専門家も多くいます。

そんな東京都内で食べることができる日本全国のご当地ラーメンをご紹介します。旅行気分で食べに行き、お気に入りのご当地ラーメンを見つけて実際に現地に赴いてみてはいかがでしょうか?

ご当地ラーメンの横綱 札幌ラーメン

ご当地ラーメンとしてまず思い起こされるのは札幌ラーメン。北の大地北海道で育った熱々の味噌ラーメンは心も身体も温めてくれます。そんな札幌ラーメンを都内で楽しめるお店をご紹介します。

純連出身 さっぽろ 火武偉 @恵比寿

出典 http://ameblo.jp

元々札幌の名店である、純連の支店という形で純連 恵比寿店だった形。純連から独立して、さっぽろ 火武偉としてスタートしました。純連時代とは多少味を変えているようですが、純連として磨いたその実力は折り紙つきです。パンチのある札幌ラーメンを恵比寿で食べることができます。

バターとコーンがマッチするのも札幌ラーメンの特徴ですね。

札幌ラーメンで味噌が美味しい店は、醤油も美味しいというのは有名な話です。
ラードがスープを覆って熱々なのも札幌ラーメンの特徴ですね。

東京都内では貴重な青森・津軽煮干し中華そば

おそらく馴染みのある人は少ないであろう、津軽煮干し中華そば。煮干し中華そばは、「すごい煮干しラーメン凪」などがありますが、青森・津軽中華そばを謳う店は都内でも非常に少ないと思います。

中華そば つし馬 @浅草

出典 http://ameblo.jp

中華そば つし馬。こちらなんとあの豚骨の有名店「田中商店」の田中さんのプロデュースです。田中さんの故郷青森の味を再現したお店。通常の中華そばは、最近よく見る煮干しがツン系とはことなり優しい味の煮干しラーメン。津軽地方の素朴な優しさが伝わってくるようです。

優しい津軽ラーメンだけではなく、限定でバリ煮干し中華そばもあります。こちらは、凪同様にガツン系。見ての通りです。

チャーシューの美味しさと量も、つし馬の特徴です。これにあっさりしつつ旨味十分な醤油スープが良く合います。

ご当地ラーメンブームの火付け役 喜多方ラーメン

かつてのご当地ラーメンブームの火付け役と言っても過言ではない、喜多方ラーメン。喜多方には、元祖である源来軒、ラーメン博物館にも出店していた大安食堂、地元の人気店の長谷川やまこと食堂など多数の名店があります。

また、都内にも喜多方を本部とする板内・小法師が多数出店しています。

食堂 七彩 @都立家政

出典 http://ameblo.jp

都立家政にある、七彩。かつては麺や 七彩として営業。八重洲の東京ラーメンストリートにも出店していた名店です。その七彩が、食堂 七彩としてリニューアルオープン。喜多方ラーメンの他にも、麺や 七彩時代からある限定メニューも健在です。

週末は行列必至ですし都立家政というややマニアックな立地ですが、わざわざ食べに行く価値ありです。

喜多方ラーメンに、Type-SAなるものが。相変わらず七彩はバリエーション豊富です。

暑くなってきたので冷やしは嬉しいですね。しかも冷やし用にチャーシューを変えているところなんて、さすが七彩という感じです。

比較的関東圏からも近い喜多方ですが、東京近郊にも多くの喜多方ラーメン店があるので食べ比べるのも面白いと思います。

福島のもう一つの有名ご当地ラーメン 白河中華そば

福島県からもう一つ。白河中華そば。とら食堂を始めとして店舗数は多くないもののレベルの高い手打ち麺を味わえるご当地ラーメンとして有名です。本家とら食堂はうっかり大盛りにすると、男性でも食べきれないほどの量になる気前の良さも魅力。

そんなとら食堂出身者が出しているラーメン店が東京近郊には数店あります。

白河中華そば 孫市 @国立

出典 http://ameblo.jp

とら食堂出身というこちらの白河中華そば 孫市。西国分寺駅と国立駅の中間に位置するという、ちょっと不便な立地にも関わらず、お昼時には行列ができる人気店です。

喜多方ラーメンの醤油スープをさらに「じんわり」した美味しさにしたのが白河中華そばの特徴。そこに手打ちの麺が泳ぎます。チャーシューがしっとりしたタイプが多いのも白河中華そばの特徴です。

この焼豚ごはんを推す声多数。せっかく国立まで行ったのであればダイエットなど忘れて思う存分、孫市の味を楽しみたいですね。

とら食堂でも人気のワンタンメン。こういったあっさり、じんわり系の白河中華そばのようなスープにはワンタンが良くあいます。

担々麺の概念が覆される? 勝浦タンタンメン

担々麺というと、ゴマ・芝麻醤・ラー油というイメージが強いと思いますが、
勝浦タンタンメンはそんな一般的な担々麺とは一線を画す個性的なもの。
唐辛子で炒めた玉ねぎやひき肉×ラー油というスタイルで、芝麻醤は使われていません。

ゴマの風味を出す調味料の芝麻醤が手に入らなかったことで試行錯誤した結果、独自の味が生み出された

出典 http://ja.wikipedia.org

だそうです。

大勝軒next 渋谷店 @渋谷(でしたが現在移転中)

出典 http://ameblo.jp

都内では、荻窪のビンギリや、高円寺のジモンなども有名ですが、こちら大勝軒系列のうち本店を勝浦に持ち独自色を出している、大勝軒next渋谷店も人気です。東京都民の舌に合わせてか、本店よりややマイルドとの評価もありますが、ピリ辛の勝浦タンタンメンが都心で楽しめます。

ただしこちら現在渋谷の店舗は閉店して移転先を探しているとのことです。早い復活が待たれますね。

玉ねぎが美味しそうです。辛いスープと玉ねぎの甘さがお互いを引き立て合います。次の移転先がどこか楽しみですね。

新潟の人気ご当地ラーメン 燕三条ラーメン

かつて「背脂チャッチャ系」という言葉が流行ったことがありますが、燕三条ラーメンはそれと同様に背脂が丼を覆い尽くすラーメン。チャッチャという量と捉えるかどうかは人それぞれかもしれませんが、昔環七土佐っ子を食べていた方などは懐かしさすら覚えるかもしれませんね。

そんな醤油×背脂の燕三条ラーメンを東京都内で味わえる店がいくつかあるんです。

らーめん 潤 @蒲田

出典 http://ameblo.jp

新潟、燕三条を中心に数店舗を展開するらーめん潤グループの東京都内一号店です。蒲田に表れた燕三条ラーメンは昼時には行列が出来るほどの人気です。

出典 http://ameblo.jp

つけ麺もあります。岩のりが背脂のこってり感を和らげていい塩梅です。

岩のりのインパクトもすごいです。好きな人は本当に好きになるラーメンだと思います。中毒性がありそうですね。

吉村家が生み出した全国に名を馳せるご当地ラーメン 横浜家系ラーメン

関東在住のラーメンフリークで知らないものはいない吉村家。横浜は杉田で産声をあげ、現在は横浜駅の西口に店舗を構えます。吉村家の弟子、孫弟子のほか吉村家にインスパイアされた店舗も多数全国に広がっています。

都内にももちろん多数の家系ラーメン店がありますが、その中でも今回は老舗の一軒をご紹介します。

横浜とんこつラーメン 大黒家 @木場(6月より東陽町)

出典 http://ameblo.jp

都内では老舗の家系ラーメン。江東区東陽町にあり、東西線の木場駅にほど近い家系ラーメン店でしたが、6月より東陽町に移転するとのこと。うずらの玉子に長多屋製麺ときたら勘の良い方はお気づきだと思いますが、壱六家系です。

壱六家系特有のやや甘めのマイルドな豚骨醤油を求めて都内はもちろんのこと、本家のある横浜からも来店する人が居るとか。

スープは…お!軽くクリーミーな豚骨で醤油はあまり強くなく、酸味もなくて食べやすい。うん、いい意味で裏切られました。個人的にOK!なかなかうまいっす(*^□^*)

出典 http://ameblo.jp

クリーミーでしつこすぎない、味がこすぎないところが家系初心者の方にも受け入れられやすいようです。

6/16に東陽町移転オープンとのこと。楽しみです。

ネギ丼やネギラーメンのネギも人気。壱六家系のネギは本当に美味しいのです。

現在はチェーン店が大量に都内に出店し始めた家系ラーメンですが、元々はわずかな数でした。
新規店と老舗の家系ラーメンを食べ比べてみるのも面白いかもしれません。

名古屋が生んだ異国の味から飛び出した 台湾まぜそば

名古屋メシのひとつとしても有名な台湾ラーメン。発祥の店として有名な味仙は、中部国際空港にも出店するほどの有名店です。その台湾ラーメンがまぜそばに生まれ変わり、名古屋で一大ブームになると東京都内にも続々と台湾まぜそばを出す店が出始めたのです。

麺屋 はなび 新宿店 @東新宿

出典 http://ameblo.jp

本店は、台湾まぜそば発祥の店。台湾まぜそばの元祖の味をなんと東京都内でも味わうことができます。本店は、名古屋の地下鉄終着駅高畑にあります。名古屋でも郊外にあるにも関わらず大行列店として有名です。

そんな味が都内で味わえるとあれば是非一度行ってみるべきでしょう!

混ぜて混ぜて食べると渾然一体のうまさ!!台湾まぜそばで大事だと思うのは麺の独特のネットリさと台湾ミンチのうまさだと思うのですが、さすがに元祖!うますぎる!

台湾ミンチが麺に絡んで辛さも割としっかりありますが、辛いのが苦手な人でもこれは食べられるでしょうし、ニンニクのパンチなども相まってクセになるうまさ!麺もネットリ感とモチモチさが最高にうまいです。

出典 http://ameblo.jp

ここだけに「うまい」と「うまさ」が5回も出ている時点で、どれだけ美味しいか伝わりますね。辛さと旨さで箸が止まらなくなるようです。

麺にタレを絡みやすくさせる作業というのはなかなかできないことですよね。それだけ美味しいものを食べてもらいたいという、麺屋はなびの心意気が伝わりますね。
辛さとニンニクで確かに中毒性はすごそうです。

現在は都内ではなび出身者が出した店のほかに、あの神田の名店「わいず」も台湾まぜそばを出しています。
辛旨なまぜそば、まだ未体験の方は一度試してみてはいかがでしょうか?

黒さとしょっぱさの絶大なインパクト 富山ブラック

ご当地ラーメンの中でもその絶大なインパクトとしょっぱさは他にない富山ブラック。
真っ黒なスープに大量のチャーシュー、そして黒胡椒。食べればその強烈な塩気に驚きますが、もともとご飯のおかず的な立ち位置のラーメンと聞けば納得。

富山大喜が本家と言われる富山ブラックは、かつては「いろは」「黒ナベ」などが閉店し、現在都内では食べられるところは数少なくなってしまいました。

富山ブラックラーメン だらんま @浅草

出典 http://ameblo.jp

今ではもう東京都内で富山ブラックを食べられるのはここ「だらんま」だけかもしれません。(違っていたらすいません。)富山で食べる富山ブラックほどチャーシューが入っていませんしが、スープの色はまさしくブラックです。

入口には「東京一黒くてしょっぱい」との記載が!!すんごい謳い文句だなぁ~。

出典 http://ameblo.jp

ある意味潔いですね。この一言で入店しない客も居ると思いますが。でも、富山ブラックを知らずに食べたら怒り出すお客さんも逆にいそうですしね。(笑)

個人的には富山ブラックは肉たくさん+ごはんが王道だと思います。

今や都内では希少になってしまった富山ブラック。好き嫌いがはっきり別れますが、いちどだらんまを食べてみて、気に入ったら富山まで食べに行ってみるのはいかがでしょうか?北陸新幹線も開通したことですし!

あのラーメン王 石神氏が全国区に押し上げた 和歌山ラーメン

和歌山ラーメンは、かつてラーメン王の石神秀幸氏が井出商店を美味しいラーメン店として紹介したことで一気に全国区になったご当地ラーメン。井出商店はラーメン博物館にも出店するなど、新ご当地ラーメンブームの火付け役にもなりました。

醤油ベースがの車庫前系」、豚骨ベースの「井出系」などと呼ばれるようにいくつかの系統が存在しますが、一般的に和歌山ラーメンと言うと豚骨醤油を思い浮かべる人が多いようです。

のりや食堂 @大井町

出典 http://ameblo.jp

一時期の和歌山ラーメンブームも落ち着き、東京都内の和歌山ラーメン店は今では数少なくなってしまいましたが、長らく東京の和歌山ラーメンを支えてきたのがこの「のりや食堂」です。

かつては「のりや」の店名で営業しており、「のりや」「まっち棒(当時渋谷)」が東京の和歌山ラーメンのツートップに君臨していたと言ってよいでしょう。

昔は、もっと和歌山ラーメンを全面の押した濃いスープでしたが、マイルドになり個人的には食べやすくて好きな味です

出典 http://ameblo.jp

時代によって受ける味は違います。
店側も試行錯誤だと思います。かつてよりはあっさり、マイルドになったという意見が多いようです。

娘にゴルフを教える父は、東京都の大井町駅近くで「のりや食堂」というラーメン店を経営し、娘の夢をサポートしている。

出典 http://news.golfdigest.co.jp

余談ですが、店主の娘さんはプロゴルファーを目指していたとか。

このビジュアルは明らかに和歌山ラーメンですね。
そしてなくなったという噂もあったかまぼこも乗っています。

数少なくなってきた和歌山ラーメンですが、その美味しさはラーメン王も保証するところ。あらためてその美味しさを味わってみたいものです。

天下一品だけじゃない 老舗が関東に帰ってきた京都ラーメン

京都ラーメンというと天下一品、通称天一を思い出す人も多いと思います。そのドロドロのスープに中毒者が続出しているわけですが、京都のラーメンは天下一品だけではありません。2015年1月、あの老舗が関東に帰ってきました。

新福菜館 麻布十番店 @麻布十番

出典 http://ameblo.jp

かつてラーメン博物館に出店していた京都のご当地ラーメン、新福菜館が関東に戻ってきました。醤油色の濃いスープにやや細めの麺、チャーシューに九条ねぎというスタイルは本店のまま。

ややこってりしたスープに見た目ほどではない塩気が、加水率の低い麺をぐいぐい食べさせてくれます。

出典 http://ameblo.jp

焼き飯も健在です。中華そばと焼き飯。セットにしたら太る!と思いつつも両方食べてしまうのが新福菜館の欠点と言えば欠点ですね(笑)

しょっぱそうに見えますが、それほどでもなく意外とスッキリな口当たり。スープをすくった瞬間、とぐろを巻くようにレンゲの上でたまたまグルグル回転し出したのでピンぼけなワケですが、五臓六腑に沁み渡るようにグルグルとおれに飲み込まれて行った、を表現したということで許してください。

出典 http://www.masaemon.jp

どんだけ美味しそうなんだという話です。このしょっぱそうなビジュアルに反して、そこまでではないという富山ブラックとは反対の魅力が新福菜館にはあります。

生卵も良く合います。太るからと中華そばだけにすると「焼きメシ食べれば良かった」と後悔するのはなぜでしょうか?笑

京都ラーメンは都内ではその他「ますたに」などもありますし、いろいろなスタイルがあるのが特徴です。現地京都では、一乗寺などは日本屈指のラーメン激戦区として知られていますし、京都観光がてら実際に京都ご当地ラーメンを食べに行くのも楽しいと思います。

もはやご当地ラーメンのベテラン組 徳島中華そば

こちらもラーメン博物館から火が着いた感のある徳島ラーメン。1999年9月4日~2000年5月28日の間、「いのたに」が、20世紀最後のご当地ラーメンとして期間限定出店しました。

それまで無名だった徳島ラーメンは、豚骨醤油に生玉子、チャーシューの代わりにバラ肉の煮込みとすき焼きを思い起こさせる味で衝撃を与えました。短めの麺も特徴で、その独特なスタイルに日本全国に点在するご当地ラーメン文化を改めて知ることになりました。

うだつ食堂 @早稲田

出典 http://ameblo.jp

都内の徳島ラーメンとしては古株になるであろう「うだつ食堂」。豚骨醤油×バラ肉×生玉子は徳島ラーメンの基本スタイル。ここにライスを追加して、バラ肉ごごはんに乗せて食べるのも天国です。

二年ぶりに食べたら凄く美味しかった改良されていたのか自分の舌が年月で変化したのか
スープはとろんとしていて口触り良く牛肉の煮込み、青葱、もやし、メンマ、どの具も厳選!新鮮!という感じ

出典 http://ameblo.jp

2年ぶりに行く店がまだやっているということのほうが珍しいくらいのラーメン業界。それがご当地ラーメンならなおさらです。いかに多くの人から安定的に支持されているか分かります。

店名の「うだつ」とは、隣家との境に建てられた防火壁だ。隣家の火事が燃え移らないように1階屋根と2階屋根の間に切妻屋根のついた壁が建てられた。後には機能的な意味合いは薄れて、装飾的な意味合いが強まった。

出典 http://babameshi.web.fc2.com

店名の「うだつ」にはこんな意味があるそうです。知らなかった。

お手本のような徳島ラーメンとは確かにそうですね。ビジュアルの美しさも徳島ラーメンの特徴かもしれません。

徳島まではなかなか行けないという方も、徳島ラーメンを食べるとその独特な麺文化に触れることができるのは嬉しいですね。少しずつ減ってきている都内のご当地ラーメンですが、徳島ラーメンがんばって残っていって欲しいものです。

ご当地ラーメンの王様 博多ラーメン

正確には博多長浜ラーメンというほうが良いかもしれません。博多には、長浜屋・赤のれん 節ちゃんなどの老舗から、秀・元気一杯に至るまで多数の人気店が点在し、地元の人だけでなく全国からラーメンを食べに集まってきます。

そんな人気ご当地ラーメンなだけに、札幌ラーメンを凌駕するほどの数の博多ラーメン店が都内には点在します。博多一風堂など世界に広がっている博多ラーメンチェーンもあれば、博多に本店を持つ人気店、独学で開いた店などその成り立ちもそれぞれです。

博多長浜ラーメン 田中商店 @六町・竹ノ塚

出典 http://ameblo.jp

1店舗に絞るは非常に難しいところですが、立地に反して大人気店の田中商店を挙げさせて頂きます。博多ラーメンは濃いものから薄いものまでいろいろありますが、田中商店は比較的万人受けするバランスのとれた豚骨ラーメンではないでしょうか。

ちゃんとコクを出しながらも臭みを消しマイルドな味わいだと思います。バリバリの骨粉が丼の底に沈む博多長浜ラーメンが好みの人には物足りないかもしれませんが、家族でも行けるような博多ラーメンだと思います。

この来てない間に本場福岡の博多、長浜豚骨を食べたけどここの豚骨は本場にも負けない出来栄えでウマい!

出典 http://ameblo.jp

かつて福岡に住んでいた友人も同じようなこを言っていました。本場長浜ラーメンにも負けない味と言う人も多いです。

ラーメン屋さんも美味しいと言われています。

博多ラーメンはそれぞれのラーメンに微妙な違いがあって、好みが分かれるところだと思います。都内には数え切れないほどの博多ラーメン店があるので、お気に入りの店を探すのも楽しみの一つですね。

マー油の香ばしさが魅力 熊本ラーメン

桂花が有名にしたとも言える、東京都内の熊本ラーメン。大ブームになることもありませんが、安定した人気を誇っています。白濁した豚骨スープに黒いマー油というのが都内で食べる熊本ラーメンの王道スタイル。

(熊本ではニンニクチップの場合もあり)マー油の香りと香ばしさで、ふと食べたくなるご当地ラーメンです。

なんつッ亭弐 @品川

出典 http://ameblo.jp

品達 麺達七人衆の中にあるなんつッ亭弐。本店は秦野市渋沢駅近くにあります。その東京第一号店がこちら。かつては池袋にもありましたが現在は閉店し、その代わりに御徒町にも支店があります。

その他川崎・水戸などにも出店しています。熊本ラーメン店ですが本店は熊本ではなく関東出身の熊本ラーメン店です。ただし店主は熊本で修行した店の味が忘れられずに熊本ラーメンの店を開いていますので、そのルーツは本場熊本にあると言えます。

黒いマー油が丼を覆う姿はインパクト十分。その豚骨スープに中太のコシのある麺が絡みます。マー油の量が桂花などに比べて多いので好き嫌いが若干分かれるかもしれませんが、ハマる人はどっぷりとハマっていくと思います。

熊本ラーメンだけでなく、様々なラーメンに取り組んでいくスタイルもなんつッ亭・古谷氏のすごいところだと思います。

でもファンは王道を忘れません。

行列店ではないところでも熊本ラーメンを出している店は結構あります。
豚骨×マー油の組み合わせは派手さはないものの堅実に人気を得るご当地ラーメン界の黄金の組み合わせと言えるかもしれません。

まだまだあるご当地ラーメン

今回ご紹介はしていませんが、この他にも

・仙台味噌ラーメン

・広島つけめん

・尾道ラーメン

・久留米ラーメン

・大分ラーメン

・宮崎ラーメン

・鹿児島ラーメン

・沖縄そば

などが東京都内では楽しめます。また都内でも八王子ラーメンなど独自の文化を持ったエリアがあります。一方で、佐野ラーメンや高山中華そばなど全国的に知られているご当地ラーメンでも店舗がほとんどないようなものもあり、このあたりの差も面白いところです。

各地域まで食べに行けないという人も、昔食べていた懐かしい味が食べたいという人にもご当地ラーメンはとても貴重です。近年少しずつご当地ラーメン店が東京都内から姿を消している印象もありますが、是非大切にしていきたいと思います。

この記事を書いたユーザー

さっくすぶるー このユーザーの他の記事を見る

静岡県浜松市出身。
2児の父親。某J2チームとウイスキーとラーメンをこよなく愛するアラフォーおやじ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス