お酒、それは、正しく付き合えば最高の、間違えると最悪な液体…

出典 http://www.gettyimages.co.jp

飲酒して酔うことや寝ることは、特に酒の害に寛大な日本ではさほど厳しく扱われませんが、そうは言いながらも、問題飲酒行動の中には、取り返しのつかないことになる危険性がたくさん含まれていることを考えなくてはなりません。

筆者は、アルコール問題を研究しているわけでも、その害について訴える活動をしているわけでもありません。お酒を提供する飲食店を営んでいます。

今迄見聞きした、アルコールの影響下で起きた問題の中で、今回は、飲酒後寝てしまうことの問題点について考えていきたいと思います。

筆者自身も戒める意味で書きます。そしてお読みの方は少々耳の痛い話にも触れざるを得ませんが、どうか危険な事を減らしたいという事では多くの方と一致できると思いますので、宜しくどうぞお願い致します。

仕事後の一杯、至福の時。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

お酒を呑むシーンの多くは、会社や学生時代の仲間や関係者と、何かの集まりで誰かと、若しくは行きつけの店に顔を出すような独り呑み、そういったものが多いと思います。概ねいつもの場所や仲間といつもの話をして、いつもの酒量で帰宅すれば、問題は殆ど起きない治安の良い日本です。

しかし、時として、体調が悪かったり、酒量が増えたり、緊張する宴席だったりと、いつもと違うコンディションの時に危険性が高まります。酔うことや、寝ること等がその中に含まれます。

では、その、寝るという行為の危険性を例を挙げて考えていきます。

「呑んだら寝るな、寝るなら呑むな」の理由…

出典 http://www.gettyimages.co.jp

寝たり、寝ぼけていたり、意識が朦朧としている時、正常な判断が出来なくなり、思わぬトラブルを起こしたり、巻き込まれたりする可能性が高まります。

その1・飲食店の階段から落ちるリスクが高まる。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

飲食店で飲酒後に寝てしまうと、帰る時は寝起きで寝ぼけている可能性が高いです。繫華街の古い雑居ビルの階段は概ね急です。落下事故が起きる可能性が高まります。

筆者の経営する店舗もそのような場所にあり、かつて寝てしまったお客様の落下事故がありました。充分注意したいポイントです。

その2・記憶の薄い中でエロい問題を起こしかねない。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

度々ニュースで聞く話ですが「痴漢をしたことを覚えていない」という供述。
泥酔で睡魔に見舞われて、理性的な判断が出来なった状態で、潜在的な性癖が出てしまう例があるようです。

痴漢は犯罪です。家族や職場での立場も失います。飲酒をしても最低限度の理性を保てる状態にしておくことが重要です。

そして、気を付けないといけないのが、寝ていたことにより、していない痴漢等の犯人にさせられる冤罪被害者にもなり得るという事です。記憶が無いですし、無実の証拠もありません。コックリして動いていたでしょうから誤解もされます。そんなことになったら大変です。

その3・乗り過ごして帰れなくなる。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

飲酒後寝ることの多い人が通勤電車で帰る時、最寄駅が終点の駅であれば、車掌さんに起こされて無事降りられるかもしれませんが、県を幾つも超える中距離列車で、終点から折り返しまで付き合って今度は戻ってしまうようなことがあります。そして、今度は反対側に大きく超えて…と、繰り返し、終電になって、とても遠い場所で降ろされることになりかねません。

そして宿泊するところが無く野宿をしたり、何万円もするタクシー代を払う羽目になったり、あまりいい事ではありませんね。

更に、電車で無防備に熟睡している人は当然スリに遭う可能性が高いです。野宿した場合もそうです。そうならないように注意が必要です。

その4・タクシーでも目的地を言えない。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

寝てしまう癖がある人は、タクシーで真っ直ぐ帰るのが賢明で良いと思うのですが、実は、これが大変で、乗車時にザックリ地名を言って寝てしまう人がいます。

よくある話で、「綾瀬まで」と言って寝たら、足立区の綾瀬か神奈川県の綾瀬か分からないですし、寝ている乗客の一番言いがちなセリフは「真っ直ぐだよ」ですが、筆者もタクシー乗務員だった時に随分悩まされました。結果、家にはなかなかた辿り着けず、余計な道を走った分、高くなってしまいます。不経済な上に時間も無駄です。

これを解決するには、乗車時に眠くても力を振り絞って、「京葉道路の入り口のところで側道に入って下さい。そこで起こして下さい」くらい言ってから寝るなり、個人タクシーなどで家の場所を教えた決まったタクシーを呼ぶに限ります。

その5・「マッサージ如何ですか?」の外国人女性やボッタクリ風俗の呼び込みに引っ掛る。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

深夜の繁華街、泥酔者や今にも寝てしまいそうに歩いている人を、キャッチの人達は逃しません。風俗店の強引な客引きや、ハニートラップで迫るマッサージ嬢などですが、法外な金額の請求をされる可能性がある上、睡魔の襲った状態で楽しめる筈も無く、そのような事態は絶対に避けなければなりません。

その6・飲酒して寝る癖のある人だけが遭う交通事故がある。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

筆者には全く分からないのですが、家の前の道路で寝てしまうとか、国道の真ん中で寝てしまうとか、そういったことをして車にひかれて死亡する事故がとても多いそうです。

酔った体に、アスファルトの冷たさが気持ち良いらしく、眠りを誘うそうです。
数か月前のJAFメイトにも事例が取り上げていました。

こういう事故は非常に残念ですし、加害者の人も「まさか、ここで人が寝ているなんて…」と、どうすることも出来ない悲惨さが残ります。

その7・そもそも、仲間や店の人に迷惑。そして、椅子からの落下事故も有り得る。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

飲酒後寝てしまっては、一緒に呑みに行った仲間だって、帰る時に連れて行くのかどうか考えなくてはなりませんし、会計のこともあると思います。勿論お店も寝ている人を置いてかれては堪りません。起き出してトイレにでも籠られたら営業妨害もいいところです。警察沙汰になります。

そして多いのが、椅子からの落下事故です。身体に力が入っていないので、カクっと来た時に椅子から落ちてテーブルの角に頭をぶつけて血を流す場合があります。筆者の経営する店舗でも数名見ています。縫った人もいました。こういう結末にならないように、眠くなる前に帰るべきです。

明日も仕事や…

出典 http://www.gettyimages.co.jp

家庭に…

出典 http://www.gettyimages.co.jp

貴方は必要とされています!!

酒を呑んで寝てしまう癖が切っ掛けで大事な生活を壊さないで下さい。

呑んだら寝るな!寝るなら呑むな!

勿論筆者自身を戒める意味でも書きました。そして、問題飲酒行動がどうしても起きやすい飲酒後の寝ぼけている状態には本当に注意が必要です。

お酒とは程々に上手に付き合いたいですね。

最後までお読み頂き有難う御座います。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら