相撲が好きな「相撲女子」が出現するなど、空前の相撲ブームが起きてる現在。そんな中でも、かわいい笑顔で女性から人気を集めているのが、大相撲夏場所で優勝を飾った照ノ富士。一体、照ノ富士はどんな方なのでしょうか? 早速、まとめてみました!

出典 http://www.sumo.or.jp

本名:ガントルガ・ガンエルデネ
出身:モンゴル
生年月日:1991年11月29日
身長:191cm
体重:180kg
所属部屋:伊勢ヶ濱
得意技:左四つ・寄り

母国であるモンゴルにいた頃は横綱の白鵬の父である、ジグジドゥ・ムンフバトに柔道などを習っていたが、その素質を見抜いたムンフバトに日本の相撲をやるよう薦められたことから鳥取城北高校に相撲留学。

高校3年の時の全国高等学校総合体育大会の相撲競技で、鳥取城北湖光の団体メンバーの一人として優勝し、当時から実力を見せつけていました。

■ 高校卒業後の来歴は?

出典 https://twitter.com

高校卒業を控えて2010年に間垣部屋に入門。初土俵を踏んでから関取に昇進するまで名乗っていた「若三勝」の四股名は、入門時の師匠である間垣親方(第56代横綱・2代目若乃花)が大関時代まで名乗っていた「若三杉」にちなんでいる。

出典 http://ja.wikipedia.org

初めての幕下の場所であった2012年1月場所は、関取経験者の出羽鳳に勝利し、5勝2敗の成績を残しました。

2013年3月場所限りで間垣部屋が閉鎖されて伊勢ヶ濱部屋に移籍すると、稽古環境が一気に充実したこともあって2場所連続で6勝1敗の成績を上げ、場所後の番付編成会議で9月場所での新十両昇進が決定。

新十両昇進と同時に四股名を今の師匠の旭富士と伊勢ヶ濱部屋の所属だった照國という2人の横綱にちなんだ「照ノ富士」と改めました。

その後、2013年9月場所で十両に昇進し、2015年3月場所で新三役(関脇)までに昇進。

■ 大相撲夏場所の千秋楽で見事優勝!

出典 https://twitter.com

2015年5月24日(日)に大相撲夏場所で照ノ富士が初優勝。照ノ富士は本割で碧山を下し、白鵬と兄弟子である日馬富士との取組は、支度部屋で見守り、白鵬が敗れ自身の優勝が決まると涙。「(白鵬)に何とか勝ってもらいたいなって気持ちで。自分ではもう1番勝つつもりで、(優勝決定戦を)やるつもりで待ってました」と心境を語りました。

照ノ富士の兄弟子である日馬富士は「いい相撲、自分の相撲を取ればいいと思っていた。余計なことは考えていなかった」と話しながら、「勝ったあとに、照ノ富士の顔が思い浮かんだ。良かったな、って…」とコメント。

15歳の時から優勝を夢みていた照ノ富士。今回の優勝で一層、相撲ファンが増え、ブームの勢いは、さらに加速しそうですね。

■ 照ノ富士の笑顔が大人気!

相撲女子ですね!是非 稽古を見に行ってあげてくださいね!

おばけが苦手って…ギャップがかわいいですね!

この笑顔に癒される女性が急増中!

パンダ柄もこれまた可愛いですね〜。

男ははやりギャップが大切ですね!

優勝したことで、さらに人気が出そうですね!

15歳の時から優勝を夢みていた照ノ富士。今回の優勝で一層、相撲ファンが増え、ブームの勢いは、さらに加速しそうですね。

この記事を書いたユーザー

Sachiko このユーザーの他の記事を見る

世の中の数ある面白いモノを沢山の人に届けて、笑顔にできるような記事を執筆していきたいです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス