人権は平等に与えられるべき

出典 http://www.scottish.parliament.uk

イギリスでは、容姿や性別で人を判断することは違法である。なので、日本のように履歴書に写真を貼る必要はない。顔よりも、身長よりも、何よりも、その人となりが全てなのだ。

イギリス国民は、障がい者にも平等である。上から目線で接する人はこの国にはほとんどいない。そしてこの国ではメディアも障がい者の活躍に積極的に背中を押してくれる。イギリスでテレビを見ていると、ドラマなどに、車椅子に乗った少年や、ドワーフと呼ばれる小人(遺伝的に身長が低い人)の姿をよく見かける。彼らは立派な俳優なのだ。

今イギリス中が知っている小人女優

出典 http://www.zimbio.com

リサ・ハモンドも、その一人だ。彼女の身長は1m24cm、イギリスでは一般的に「ドワーフ」(小人)と呼ばれている。しなしながらリサの演技力は素晴らしい。彼女は今やイギリス一、人気のあるソープドラマ「EastEnders」のレギュラーとして出演しており、その姿はイギリス中に知られることとなった。

子役俳優としても活躍

出典 http://bellyflopmag.com

リサ・ハモンドの芸歴は長い。11歳の時に初めてBBCドラマの出演を果たす。レギュラーを2年間勤め、その後、ブランクはあるものの2004年以降精力的にテレビで活躍する。主な出演は、どれもイギリスで人気のドラマばかりだった。

個性ある演技で監督をも魅了

出典 http://www.express.co.uk

2014年以降リサが出演している大人気長寿ドラマ「EastEnders」では、当初障がい者の役どころはなかった。だが、オーディションで個性あふれる演技をし、監督やスタッフを魅了したリサは見事に有名ドラマの役を勝ち取った。ドラマの中でもなかなかクセのある役柄を演じており、彼女の才能が光っている。

全ての人の可能性を大切にする国、イギリス

出典 http://www.imdb.com

リサと同じくイギリスで最も知られている小人俳優がワーウィック・デイビスだ。彼の身長は1m7cm。彼は俳優であると共に小人俳優の事務所の社長でもある。彼はあのスターウォーズ映画でもEwok役を演じ、またハリーポッター映画でも小人の教授役を演じた有名な俳優である。

イギリスでドラマを見ていると、日本のドラマとの違いがはっきりとわかる。日本ではメディアに晒されるならば、美しい容姿が当たり前という観念があり、少しでも容姿が劣るような人はバラエティでもない限り視聴者に叩かれたりする。

イギリスは、トレンディドラマといわれる番組にも美しい俳優・女優だけが出ているのではない。色んな容姿の人が演じる。つまり、中身(実力)重視社会だからだ。障がいを持ってようが、身長が低かろうが、イギリス国民の判断基準はそこではなく、あくまでも人として、その可能性を判断するのである。

見た目に左右され過ぎな日本は、是非、見習うべきところである。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス