ニューヨークやロンドン、東京などの大都市は深夜であっても明るく、星を見つけることは難しいものです。

しかし、もしもそんな大都市が真っ暗になったら、どんな星空が浮かぶのでしょうか。

今回は、そんな夢を実現したタイムラプス動画をご紹介します。

■そもそもタイムラプス動画ってなに?

デジタルカメラを用いて連続したスチール画像を撮影し、それを素材として作った動画のこと。インターバル動画ともいう。一定間隔で連続撮影した静止画を、パソコンのソフト上で組み合わせることにより動画を作る。長時間の事象の変化を短時間で表現できることが特徴。

撮影や画像作成のプロでなくても非常に鮮明で印象的な作品を作ることができ、2000年代には、デジタル一眼レフカメラや動画編集ソフトの普及により、多くのタイムラプスがインターネット上などで公開されるようになった。

出典 https://kotobank.jp

静止画の組み合わせで作るようです。

調べてみると、日の出や火山の噴火など、普段目にすることが難しい動画が多く製作されていますね。

■もしもロンドン中が真っ暗になったら…

大都市、ロンドン。通常であれば深夜であっても光が絶えることはありません。

しかしもしロンドン中が停電し、真っ暗になったら?そのとき星空はどのように見えるでしょうか?

人工の光が消え、都市部が星空で覆われたらどのようになるのか…そんな「ありえない」を合成で実現したタイムラプス動画がこちらです。

出典 Vimeo

製作したNicholas Buer氏曰く、星空はロンドンの街から見えるのと同じ緯度を計算し、イングランド南部で撮影したとのこと。

幻想的ですね…。

実際にロンドンの街が停電したら、このタイムラプス動画のように高層ビルの狭間からたくさんの星たちが見えるのだと思うと、とても不思議な気持ちになりますね。

■おわりに

Nicholas Buer氏は今後も様々な都市でタイムラプス動画を撮っていきたいとのこと。

東京や大阪、京都など、日本の都市部バージョンも見てみたくなりますね。今後の彼のプロジェクトにも大注目です。

この記事を書いたユーザー

クラ このユーザーの他の記事を見る

ライフハックから芸能ネタまで。幅広く書いていきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス