イギリス全家庭の食品棚に入っている食べ物

出典 http://www.lovefood.com

それはこのベイクドビーンズだろう。白インゲンのトマト煮を缶詰にしたものである。イギリス庶民の間では最もポピュラーな食べ物で、朝食には欠かせない、という人もいる。

出典 http://www.theguardian.com

元々はアメリカの食品会社から輸入され、1886年にイギリスでは初めて、あの今は紅茶でも有名な「Fortnum&Mason」で販売された。

出典 http://andyflavoured.co.uk

ベイクドビーンズはイギリスの「イングリッシュブレックファスト」には欠かせない一品である。そしてもう一つ、イギリス庶民に大人気なのが「ビーンズオントースト」と呼ばれるものだ。

出典 http://theminiaturespage.com

トーストにバターを塗り、その上からこれでもかというほどベイクドビーンズをかける。お好みでウスターソースなどをかけてもOK。イギリス人ならみんな大好き、ビーンズオントーストである。

ベストセラーはハインツ

出典 http://www.popsugar.com

ケチャップでもお馴染み、ハインツがやはりイギリスのベイクドビーンズのベストセラーカンパニーである。が、イギリスでは大手スーパーも自社ブランドのベイクドビーンズを販売しており、他社と同じくこちらも売り上げは好調である。

出典 http://itmama.jp

2012年に、イギリス栄養士会は缶入りベイクドビーンズを「1日に摂取が必要な5つの食べ物」のうちの1つとして、この商品の広告を認めたために、糖分と塩分の数値が高いこの食品を挙げるのは間違っている、と心臓の専門医がこぞって批判した。


出典 http://trndmonitor.com

しかし事実として、ベイクドビーンズはコレステロールの低下を証明している。ハインツなどのメーカーは「ヘルシーバージョン」として糖分、塩分カットの商品も販売している。

ベイクドビーンズは、食べ過ぎるとげっぷやおならが出ると言われているので、くれぐれも食べすぎには注意だ。まぁ、どんな食品にしろ食べ過ぎは良くないのだが・・・

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス