4月29日オープン!食と緑の空中庭園

出典 https://www.sogo-seibu.jp

4月29日にオープンした、西武池袋本店9F・食と緑の空中庭園。池袋のある豊島区には大規模な緑地のある公園がないという事で、地域住民も利用しやすい空間を設置する目的で西武池袋本店の屋上をリニューアルした形となります。

◆ 食と緑の空中庭園の見取り図

出典 https://www.sogo-seibu.jp

◆ という訳で、早速行ってきました!

出典筆者撮影

オープンしてからそろそろ一ヶ月近く経つので、もうそんなに混んでいないかな?と思い天気も良かったので行ってきました。お天気がよく暑いくらいの日でしたが、多くのお客さんで賑わっていましたよー!

ポイント01:様々な植物を楽しめる睡蓮の池

出典筆者撮影

今回の屋上庭園のコンセプトの鍵となっている、睡蓮の池。その水面に咲く睡蓮は、マンカラウボンとコロラドの2種類あるそうです。印象派画家で有名なクロード・モネの晩年の代表作「睡蓮」にインスピレーションをえて造園された睡蓮の庭には、様々なお花が咲いていました。

◆ その季節にあわせて、お花が植えられます

出典 https://www.sogo-seibu.jp

出典筆者撮影

遠くて見にくいのですが、確かに睡蓮の花が咲いています!あまりにも色んな種類のお花が咲いているので、多くの方がお花の撮影を楽しんでいました。

印象派画家 クロード・モネ 晩年の代表作「睡蓮」にインスピレーションをえて造園された「睡蓮の庭」の水面に咲く「睡蓮」や、「バラ」を中心とした四季折々の草花を、屋上コンシェルジュがご紹介。

出典 https://www.sogo-seibu.jp

出典筆者撮影(15/05/24)

ラ・フランス(バラ)
園芸史上最も重要な品種のバラ。淡いピンクの花色は裏が表よりも色が濃く、絶妙なグラデーションです。ダマスク系の強い香りが特徴。

出典筆者撮影(15/05/24)

ラベンダー
階段のデッキ部分にはラベンダーが!ミツバチが寄って来るほどの強い香りをはなっていました。

ポイント02:個性ゆたかな10店舗の飲食店がオープン

出典筆者撮影

今回の屋上庭園オープンにつき、初登場の個性的な飲食店も含めたレストラン&バーとフードカートが10店舗登場しています。その中から筆者が気になる一部のショップをご紹介!

POMMEKE(ポムケ)

出典筆者撮影

POMMEKE(ポムケ)は元大使館総料理長が手がけるベルギーフライドポテト。ポムケS(ディップ1個含む)490円は、【西武池袋本店限定】です。

今話題のフレンチフライ専門店、池袋にはなかったので人気があるのか行列が出来ており店員さんが外に出てテキパキと注文を取っていました。ここでビールを一緒に買う人が続出!

ポムケS(ディップ1個含む)【西武池袋本店限定】490円
ポムケM(ディップ1個含む) 590円
ポムケL(ディップ1個含む) 700円

ディップ(追加注文)各100円(マヨ・ケチャップ・サムライ・ワサビマヨ【西武池袋本店限定】

生ベルギービール 540円
ポムケS+生ベルギービールセット 1,000円

出典 https://www.sogo-seibu.jp

TAVERN(ターバン)

出典筆者撮影

TAVERN(ターバン)は有名ホテルの洋食やデザート、デリカの3つのショップ。写真にあるように、ホテルオークラの文字が!ここのポップオーバーシュークリーム(350円)が大変人気があるようで、私も食べたかったんだけど行列に並ぶ覚悟がなく今日は断念しました。訪問日、筆者が見た限りでは今日見かけた中ではここが一番行列が出来ていたかな。

出典 https://www.sogo-seibu.jp

ポップオーバーシュークリーム(350円)のほか、限定150食のオムライス(850円)も大人気でした!

讃岐名物 かるかや

出典筆者撮影

そして、忘れちゃならない西武池袋本店の屋上グルメと言えば…そう、こちらのかるかやさんです。孤独のグルメにも登場した、池袋民なら誰でも知ってる(?)隠れたうどんの名店。ちゃんとリニューアル後も残ってくれて嬉しいな。

若干、キレイになりましたが昔ながらの雰囲気も残っており、右手の返却口も健在でした。ここは今も昔も行列が出来る人気店なのです。

出典 https://www.sogo-seibu.jp

昭和43年から続く、屋上名物の手打ちうどんは500円以下で食べられるリーズナブルさも人気です。地下1階で麺を購入する事も可能!

出典 http://umalog.exblog.jp

↑以前のかるかやさんの外観はどこか懐かしい感じ。

ポイント03:センターラウンジなど憩いの場が充実

出典筆者撮影

センターラウンジでは季節の花に彩られたウオーターテーブルや、パラソルテーブルでくつろぐ事が出来ます。この巨大な池のまわりはテーブル代わりになり、この池を眺めながら食事がOKとなっているのです。

プロダクトデザイナーによる遊具があるキッズデッキや、広々とした芝生を見ながらくつろげるグラスフィールドなど、家族みんなでくつろげるスポットがいっぱい!

出典筆者撮影

定期的に各種イベントも開催中。

ポイント04:新しくなったガーデニング&フィッシュショップ

出典筆者撮影

デパートの屋上にありがちな、古くさくてお客さんがあまりいなさそうなショップ、なんてイメージは一切ありません!元々あったガーデニングショップとフィッシュがスタイリッシュに生まれ変わりました!

出典筆者撮影

ガーデニングショップは3店舗が出店。そのうちのひとつ、KAKUSEN-ENという多肉植物とサボテンの専門店です。今、多肉植物って流行ってますもんね!ここ本当に種類豊富でビックリしました。店頭に出ているものは250円とリーズナブルで、寄せ植えにピッタリです。見た事あるものも、見た事ないものも…。

出典筆者撮影

奥に行けば行くほど、ズラリといろんな多肉植物やサボテンが並んでいて、サイズも種類もすっごく豊富で見てて全く飽きなかったです。全部見てるとキリがない~!大きいものは本当にサイズが巨大で、1万円台のものもありました。見た事がない珍しい種類も多く、ちょっとした植物園です。

出典筆者撮影

日本淡水魚や熱帯魚を中心に、約150種類の観賞魚をお取り扱いしているフィッシュショップ、特に金魚の種類が豊富でした。意外とここ、小さい子供連れのお客さんで賑わっていました。熱帯魚とかよりは、金魚系のラインナップが充実していたように思います。よくある屋上のこの手のショップって古くさいイメージがありますが、ここは明るく開放的で入りやすいです。

出典筆者撮影

オランダという品種の金魚は、手の平サイズで2700円程度。品種やサイズなどによりお値段はピンキリですが、立派な金魚や鯉が多かったです。

出典筆者撮影

ここは釣り堀になっていて、子供達が必死にお魚を釣っていました。

◆ 困った時は屋上コンシェルジュまで

出典筆者撮影

今回の屋上リニューアルにつき、グリーンジャケットを着た屋上コンシェルジュが飲食店の案内などをしてくれるそうです。また、休日だったからかも知れませんが警備員やスタッフも多数配置されていました。

◆昼だけじゃなく、ぜひ夜も利用してみて!

出典 https://www.sogo-seibu.jp

空中庭園でしか食べられないイベント用のメニューが用意されていたり、デパ地下で買ったものをそのままエレベーターで屋上にあがり食べてみては?という提案もされていました。また、昼と夜で異なる演出も。

日没から夜にかけて「音と光の演出」により、移りゆく風景を描き出します。
庭園全体は穏やかな間接照明を中心に、日没からブルーを基調とした照明で昼間とは違う雰囲気に。夜は足元を中心にローズ系の色に変化し、庭園を彩ります。

出典 https://www.sogo-seibu.jp

との事で、昼間だけではなく夜もぜひ屋上を利用して下さいというコンセプトです。
残念ながら雨の日の利用は厳しいと思いますが、お天気の良い休日や、平日の夜に涼みに行くなんてのもいいかも知れません!

◆ デパートの屋上にいる事を忘れてしまいそう…

出典筆者撮影

デパートの屋上って、昔はミニ遊園地があったり、言い方が悪いんですけど特別美味しい訳でもないフードコートがポツポツあったり、お客さんの少ない植物&ペットショップがあったり…そんなイメージでしたよね。

今回、この食と緑の空中庭園というデパートの屋上のリニューアルでは、「空のほとりで逢いましょう」というコンセプトをきちんと決めて、集客を目標とした配置や演出をきちんと組んで来たな~ってイメージです。

出典筆者撮影(この先は稲荷神社)

今までの屋上にも飲食店やガーデニングショップはあり、現状の屋上の利用状況は1日700人程度だったんだそうですが、これを機会に雨天時を除いて1日2300人の拡大を目標にし、年間で40万人の集客効果を西武池袋本店は見込んでいます。

池袋住民はもちろんの事、デパートは池袋駅直結ですので、改札を出てそのままエレベーターに乗ればすぐに空中庭園に訪れる事が出来ます。

日々の生活に疲れてしまったら、ちょっと癒されに来てみませんか?

◆ 営業時間

【屋上庭園レストラン&バー、フードカート】午前10時〜午後10時
※ラストオーダーは閉場30分前となります。
※一部ショップでは、閉店時間が早まる場合がございます。
【讃岐かるかや】午前10時〜午後8時
【ガーデニングショップフィッシュショップ】午前10時〜午後8時

◆ 他にも気になる池袋情報はこちら

この記事を書いたユーザー

nalu-3-lin このユーザーの他の記事を見る

池袋を中心としたB級ブログネタ、ハワイネタ、プチプラコスメネタ、美容と健康によい食品ネタなどを中心に記事を書いているSpotlight公式ライターです。ジュニア・スーパーフードマイスター取得。
【ブログ】池袋うまうま日記。⇒http://umalog.exblog.jp/

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス