必死に就活して、モチベーションを高く持って就職!!…したはずなのに、毎日仕事で辛い目に遭ってばかりいませんか?

「社会は甘くない」「どこの会社でもあること」「甘えちゃダメ」こんな台詞はよく聞くものですが、そもそも仕事は自分が生きるためにするもの。社会のために自分を犠牲にするというのは、本末転倒ではないでしょうか。

会社よりもまず自分を大切にするために、今回まとめた情報がお役に立てるかもしれません。

消耗される若い力

ブラック企業の定義とは?

ブラック企業(ブラックきぎょう)またはブラック会社(ブラックがいしゃ)とは、広義としては暴力団などの反社会的団体との繋がりを持つなど違法行為を常態化させた会社を指し、狭義には新興産業において若者を大量に採用し、過重労働・違法労働によって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業を指す。

出典 http://ja.wikipedia.org

「日本人は働きすぎ」と外国人によく言われることがありますね。近年では厚生労働省も労働環境改善のために動いていますが、実は上記からわかるように「これがブラック」と言える明確な基準はないのです。

では、一般的にブラックと認定される企業の特徴は、何でしょうか?『ブラック企業大賞』では、以下のような指標を設けています。

●長時間労働
●セクハラ・パワハラ
●いじめ
●長時間過密労働
●低賃金
●コンプライアンス違反
●育休・産休などの制度の不備
●労組への敵対度
●派遣差別
●派遣依存度
●残業代未払い(求人票でウソ)

※ただし多くのブラック企業が上記の問題を複合的に持っているので、判断する際も総合的に判断する。

出典 http://blackcorpaward.blogspot.jp

家族や友人に話しても理解されない場合が多く「そうか、これが普通なんだ。じゃあ我慢しよう」と思ってしまう方は多いのではないでしょうか。しかし、日本でよく言われる『普通』は、もう『普通』じゃありませんよ。

アナタを守る公的機関は?

労働者が職場で辛い思いをしたとき、頼りになるのは、公的機関でしょう。アナタと一緒に戦い、今後の人生が少しでも生きやすいものになるためのお手伝いをしてくれます。その一例の機関がこちらです。

●労働基準監督署
職場への『あっせん』を薦められる場合が多いです。あっせんとは、労働局の仲介の下で職場と労働者が話し合い、問題を解決する制度です。直接相手と顔を合わせないメリットがありますが、相手が話し合いに応じるとは限らないというデメリットもあります。

●法テラス
専門家と労働者をつなぐ仲介役です。直接出向くのも良いですが、忙しくて余裕がない方でも電話相談ができます。なお、あくまでも仲介のための機関なので、具体的な相談は専門家を紹介してもらった後で。

自分で自分を守るには?

労働時間を1日1日、正確に把握する

裁判例の基準に関連する事実の収集

よほどのことでなければ損害賠償は請求されないと考えて良い

出典 http://www.npoposse.jp

本人の証言だけでは、どうしても客観的な判断に限界があります。そこで、毎日メモやボイスレコーダーなどをフル活用しましょう!物的証拠を残せば強気に訴えられます。

これらの対処法を紹介してくださった笹山尚人先生の著書がこちら!

この記事を書いたユーザー

さそり このユーザーの他の記事を見る

まだまだ新人ですが、よろしくお願いいたします!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス