ハワイを代表する老舗ダイナー、Liliha Bakery(リリハ・ベーカリー)

出典 http://umalog.exblog.jp

ハワイのガイドブックには必ずと言ってよいほど掲載されているLiliha Bakery(リリハ・ベーカリー)。その2号店が2014年の夏頃にニミッツハイウェイ沿いにオープンし、現地はもちろんの事、多くのハワイ好きブロガーさんの間で話題となりました。

店名の通り1号店はリリハ地区にあり、24時間営業のベーカリー&ダイナーとして有名です。カウンターで提供されるロコモコや、種類豊富なパンなどのベーカリー類も人気ですが、やっぱりリリハ・ベーカリーと言えば…一番人気はアレでしょう!

住所:515 N.Kuakini St, Honolulu, HI

電話番号:808-531-1651ニミッツ店:580 N. Nimitz Hwy

営業時間:24時間営業

定休日:月曜(日曜20:00〜月曜6:00)

リリハ・ベーカリーの歴史

出典 http://www.lilihabakeryhawaii.com

リリハ・ベーカリーは1950年にロイ&コウ タカクワさんがリリハ地区にて創業。24時間営業のダイナー&ベーカリーとしてロコに絶大な人気を誇り、お店の看板商品であるココパフのヒットを受けて日本人観光客にも広く知られる事となりました。

高齢の為、いずれお店を閉める事を考えていたロイ&コウ タカクワさんの話を聞きつけて、2008年にヤミー・コリアン・BBQ(Yummy Korean BBQ)のオーナー、ピーター・キム(Peter Kim)さんが買収。

お店のパッケージデザインを高級路線に変更したり、ツアー観光客が立ち寄れるスポットへとしてみたり、その流れで今回の第2号店オープンとなったそうです。

「1950年にタカクワ・ファミリーがオープンした『リリハ・ベーカリー』の味をそのまま受け継ぎ、これからも大切に守って行きます。

またダイナーで人気のパンケーキがご自宅ですぐに作れる生地(大きいパンケーキが3枚作れるくらいの量)も販売($6.50)していますので、ぜひご自宅で気軽にリリハ・ベーカリーの味をご堪能くださいね」と、現オーナーのピーターさん。

出典 http://www.aloha-street.com

こちらがリリハにある第1号店

出典 http://www.mo-hawaii.com

昔ながらの老舗~って感じの外観が味があっていいのです。

出典 http://tastyislandhawaii.com

リリハ・ベーカリーは地元新聞社の読者投票のベーカリー部門において、マラサダで人気のあのレナーズを抜いて1位に輝くなど、ロコご用達の老舗ベーカリーなんです。

2号店は広々としています

出典 http://www.mo-hawaii.com

2号店はまだ出来たてなのでピカピカ!そして1号店に比べて圧倒的に広い!カウンター席、テーブル席あわせて150席のカフェが併設されていますが、それでも待ち時間が出るほどの人気っぷりです。店内に入ると、カフェコーナーとベーカリーコーナーに分かれます。こちらはカフェコーナーで、お食事もできるエリア。

パンなどを買うだけならベーカリーエリアへ行き、番号札を受け取ってからレジでお会計をしましょう。

出典 http://ameblo.jp

こちらが番号札。これがないと、いつまでたってもレジで呼ばれない。

クッキーなどの焼き菓子も種類豊富

出典 http://umalog.exblog.jp

カップケーキだってこんなにキュート!

出典 http://umalog.exblog.jp

Mint Oreoのカップケーキは2ドル59セント。

Gauva-filled Cupcakes(グアバのカップケーキ)

出典 http://tastyislandhawaii.com

Gauva-filled Cupcakes(2ドル59セント)。南国風テイストの可愛いピンクのカップケーキのほか、数種類揃っているリリハ・ベーカリーのカップケーキは「NEXTココパフ」と呼ばれているほど今、人気急上昇中。

Taro Bread(タロパン)

出典 http://www.foodspotting.com

いかにもハワイらしい、Taro Bread(タロ・ブレッド)。タロ芋をパン生地に練り込んでいるので、こんな紫色をしています。

Butter Roll(バターロール)はお持ち帰り出来る!

出典 http://www.foodspotting.com

ダイナーで食事をすると提供される、こちらのButter Roll(バターロール)とジェリーも人気があります。テイクアウトも可能です。Butter Roll(1ドル29セント)。リリハ・ベーカリー・オリジナルのグアバ味のジェリー(4ドル99セント)。

フルーツ系のデニッシュいろいろ

出典 http://tastyislandhawaii.com

まるで宝石のようにキラキラ輝く、フルーツがたっぷりと乗ったデニッシュ達もなんと1ドル台と買いやすいお値段なんです!こんなパン屋さんが近くにあったら毎日でも通っちゃうのに…。

お総菜系パンだって負けていません!

出典 http://tastyislandhawaii.com

Assorted savory rolls、いろいろ。オニオンロール(2ドル29セント)とか、ホットドッグロール(2ドル49セント)
とか。

隠れた人気商品、巨大なBanana Boat(バナナボート)

出典 http://umalog.exblog.jp

リリハと言えば、こちらのBanana Boat(4ドル19セント)も有名ですよね。バナナがまるまる一本入っている菓子パンで、すごく大きいんですよ。
いつか食べてみたいなあ…。

リリハ・ベーカリーと言えば、ココパフ!

出典 http://theculinarychronicles.com

リリハ・ベーカリーの代名詞、ここに行ったら必ず食べないと損をする!それくらいオススメしたいのが、こちらのCoco Puff(ココパフ)。一番近いスイーツは例えるならばシュークリームでしょうか?冷たいスイーツなんですけれど、中には滑らかなクリームが入っており、生地の上にはシャンテリー(クリーム・フロスティング)が乗っています。

出典 http://www.examiner.com

ハワイを舞台にしている全米大人気ドラマ、HAWAII FIVE-Oの劇中でチン警部補がリリハ・ベーカリーのCoco Puffs(ココパフ)を同僚にオススメしています。余談ですがマラサダもオススメしていました(笑)。

出典 http://fearlessseattle.blogspot.jp

こちらは定番のCoco Puff(1ドル49セント)。リリハ・ベーカリーのNo.1ヒットアイテム「ココパフ」は、奥の工房でひとつひとつ手作りで作られています。多い時には一日に10,000個も売れるというモンスター・スイーツなんです。

中からはチョコレートクリームが出てきました。

出典 http://umalog.exblog.jp

Green Tea Puff(1ドル69セント)。抹茶の割には緑色が鮮やか過ぎる気がしましたが、まあまあグリーンティー風味は感じられたのでいいのかな。全体的に甘いには甘いのですが、普通のカスタードクリームが苦手なので抹茶味がついているのが良かった。

中のクリームは本当に滑らかでたっぷり、そして上に乗っているシャンテリーはほんの少しだけ塩気が感じられていいアクセントになっていました。

出典 http://khon2.com

Chocolate Cream Puff(1ドル45セント)。

基本的にみんなダースでまとめ買いをするココパフ

出典 http://www.serenagrace.net

自分用に、また差し入れ用にと大量にまとめ買いをするロコも多いので、ちょっと食べてみたいな~という観光客以外は基本的にダースでドンッ!とまとめ買いが基本みたいです。お持ち帰り用に冷凍されているココパフもあるんですよ。

リリハ・ベーカリー2号店の場所はこちら

出典 http://www.hawaiiscoop.com

最近では各旅行会社のトロリーも行き交う場所なので、ワイキキから少し距離はありますが行けなくはない!

◆ こちらのハワイ記事もあわせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

nalu-3-lin このユーザーの他の記事を見る

池袋を中心としたB級ブログネタ、ハワイネタ、プチプラコスメネタ、美容と健康によい食品ネタなどを中心に記事を書いているSpotlight公式ライターです。ジュニア・スーパーフードマイスター取得。
【ブログ】池袋うまうま日記。⇒http://umalog.exblog.jp/

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス