20代の草食系男子の増加による影響か、セックスレスでも仲良しカップルが急増しているという話題を見かけますが、子育て世代の30代~40代の性生活がもっと深刻のようです。

コンドームメーカーの相模ゴム工業が2013年に実施した、「ニッポンのセックス」という調査では、具体的なセックス回数調査結果が報告されています。ここで、日本人のセックスレスの現状と、外国人夫婦のセックスライフについてご紹介しましょう。

結婚相手、または交際相手と1ヶ月にどの程度セックスをしていますか?

全体の平均回数は2.1回。年代別では20代が4.11回で最も多く、30代が2.68回、40代が1.77回、50代が1.38回、60代が0.97回となります。

属性別に見ると、「交際相手と(4.1回)」「セックスフレンドと(2.9回)」に対し、「結婚相手と(1.7回)」となり、結婚するとセックス回数が減少する傾向にあります。

出典 http://sagami-gomu.co.jp

結婚相手、交際相手とセックスレスだと思いますか?

結婚相手とのセックスの平均は1.7回とさらに下がり、既婚者の55.2%がセックスレスと回答。既婚者で浮気相手がいる人は、配偶者よりも浮気相手とのセックスの回数が多いという笑えない結果も出ているくらいで、いかに性生活に問題を抱える夫婦が多いかがわかると思います。

出典 http://blogos.com

既婚者の55.2%、交際中では29%が、セックスレスだと回答しています。特に子育て世代の30代~40代の男女の回答率が高いことが分かります。

男性はもっとセックスをしたい!一方女性は?

この調査で、もっとセックスをしたいという男性は平均75.2%、女性は64.2%となっています。男性は、20代~30代の性欲ピークの年代に80%前後が「もっとしたい」と回答しているのに比べ、女性は20代で59.7%、30代から急下降、、、40代では37.5%となっています。

この差は何が原因?

ベネッセ次世代育成研究所が300組の夫婦を対象に4年間継続した調査によると、「配偶者を本当に愛していると実感するか」というアンケートに対し、妊娠中の初年度、イエスと答えた人は男女ともに74.3%。

ですが、年々その割合は減っていき、4年目には夫51.7%、妻34%になってしまいます。減っているとはいえ、夫は過半数がまだ妻を愛していますが、夫を心から愛している妻は3人に1人しかいなくなってしまうのです。

出典 http://blogos.com

この調査によると、夫は妻とセックスをしたくても妻に拒否をされる現実。妻が夫を拒否する理由が「面倒くさい」「忙しい」というのは表向きな言葉で、本当の理由は、子どもの成長につれて妻が精神的に成長し、夫を愛せなくなってしまう日本人妻の本音とも言えます。

別の調査、男女200人に行ったアンケートでは、

セックスを誘ってもパートナーに断られることが多いと回答した男性が3分の2もいることが分かりました。

コメントをさらに詳しく見ていくと、ある一定のパターンがあることがわかった。多くの人が「する?」「今日はどう?」といった誘い文句の末に断られているのだ。一見、ごく普通に聞こえるこれらのフレーズに、どんな“魔”が潜んでいるのか? 

出典 http://joshi-spa.jp

A子:ウチも同じですね。毎回、「する?」・「しない」・「あっそう」という流れです(苦笑)。

B子:仲は悪くないんだよね?

A子:ダンナのことは好き。生理的にイヤになったというわけでもない。しょっちゅうベタベタしてるし、折り重なって寝てるし。

――では何が問題なんでしょう。

A子:「する?」という質問口調でこられると、つい「やだ」と答えたくなるというか(笑)。有無を言わせない勢いで迫ってくれるほうがいいな。

C子:自然な流れで持っていってほしいよね。いちいち言葉で確認しないでほしい。ウチも、ペースが月イチくらいになりだしたとき、ダンナが危機感を持ったらしく「セックスは大切だよ」とか語り始めたんだけど、すごい萎えた。

B子:セックスは語るもんじゃない。やるもんでしょう。

B子:ところで、「今日はどう?」ってどういうタイミングで言うの? 帰ってきたときに「ただいま。今日はどう?」とか? あまりにヤル気満々で引くんです。

出典 http://joshi-spa.jp

「する?」とか「しない?」とか、言葉で誘われることに女性は、気持ちが萎えてしまうのは分かりますね。

日本人夫婦のセックスレスの現状を理解したところで、外国人夫婦はどのようなセックスライフを送っているのでしょうか?

外国人男性は愛情表現が豊か!セックスレスがない?!

外国人夫婦は、愛情表現がお互いに豊か。日本人のように「黙っていても解ってくれる」という考えがそもそもないため、どんなことも言葉で伝えあうのが当たり前のようです。

その違いは、セックスにも現れます。日本人が結婚して行うセックスの回数は、平均して月に3回程度が普通なのに対し、外国人夫婦は週に3~5回と比べる単位がそもそも違います。

子供が生まれても、小さいうちから別の部屋で寝かせ、夫婦は毎晩夜の営みを楽しむ事が普通とされているのです。まさに濃厚な愛の生活、憧れますよね。

出典 http://www.dokujo.com

外国の家は、郊外の広々とした敷地に家を建て、幼いころから子どもに部屋を与え、母親が子どもを寝かしつけてから夫婦の時間を過ごす、という生活が主流です。日本人夫婦の生活と大きな違いがありますね。

外国人夫婦のセックス回数は?

外国人は、パートナーのいる男女の場合、最低でも月4回はセックスをしています。週に1回はセックスをしているという結果になるわけですが、日本人の場合、1か月のうち1回あればいいほうだとも言われていますよね。

会うたびにセックスをしているという外国人カップルは多いわけですから、日本人がいかに消極的なのかがわかるでしょう。

しかも、最近の日本人は、性的経験のない人が男女ともに4割くらいいると言われていますから、どんどんセックスレスは深刻化をたどっていきそうな予感がします。

出典 http://woman.mynavi.jp

日本人の少子化が進む原因は、このような要因から来ることが考えられます。

外国人夫婦にセックスレスはあるのか?

外国人カップルの場合は、愛情をストレートに表現していますので、セックスレスになることがほとんどないんですよね。

挨拶でキスができるので、セックスだって「愛しているなら当たり前にやること」だと思っているわけです。ですから、抱きしめたい。抱きたいと思ったら、きちんとセックスとして表現していると考えられます。

出典 http://woman.mynavi.jp

やはり愛情表現が根本的に違うような気がします。

外国人夫婦は基本的に家事も平等

海外では、夫婦共働きが当たり前で、日本人のように専業主婦という概念が無いため、キャリア女性が多いせいか、妻は子どもをベビーシッターに預けるのが基本です。そのため、収入も夫婦同格で、家事の分担もどちらかに偏るのが不公平だという考えです。

男女平等で、時間がある方が家事を行い、子どもの学校の送迎もできる方が行います。このように、女性だから、、、とか男性だから、、、という考えが日本人とは基本的に違います。

子どもができても「パパ」「ママ」と呼ばない

外国人夫婦は、パパ、ママとは絶対に呼び合いません。その理由は、親である前に恋人同士または、親友であると考える人が多いからです。

「お互いの一番の理解者である愛しい人を、名前で呼ばずにどうするんだ!」と日本人の行動を不思議に思う外国人夫婦は多く居ます。名前で呼び合わなくても、ハニーや、ダーリンなど照れてしまうような呼び方で呼び合うのが普通。

出典 http://www.dokujo.com

この習慣は素敵ですよね♪子どもが生まれても名前で呼び合う、こんな小さな習慣が積み重なり、いつまでも愛し合える夫婦でいられるのでしょうか。

妻とセックスレスが10年。離婚したい日本人夫

「47歳男性」の悲痛な叫びが、法律相談コーナーに投稿された。50歳になる妻とは、結婚14年目。しかし、この10年間、セックスもスキンシップもなく、アダルトサイトや風俗のサイトを見て、癒やされているのだという。

寂しさと欲求不満のあまり「気が狂いそうになる時もあり、犯罪をおこさないかと思うときもたまにあります」と悩みを打ち明けている。

妻に理由を聞けば、「したくなくなった」という短い返答しかなく、辛い心情を訴えても「誰かいい人見つけて」と言われるだけ。男性は絶望のあまり、離婚も考えているそうだ。

出典 http://www.bengo4.com

夫にまったく愛情がないのか、それとも、性欲がなくなる年齢的なことが原因なのでしょうか。夫にとって「誰かいい人見つけて」は、かなり深刻で辛い心情ですね。

セックスレスを解消するためには?

外国人夫婦のライフワークや思考に憧れる部分もありますが、基本的に日本人の生活パターンと異なるため、外国人男性を羨んでも仕方がありません。お手本とするべきところは、大いに取り入れてみましょう。

◆言葉にして素直に言う

時には女性から「したい」という言葉を伝えても良いのではないでしょうか?男性が「したい」と言葉で誘うのと、女性が言葉にするのでは大いに違います。男性から見ると、女性が「したい」と言葉で伝えることが、SEXYさを感じることでしょう。

草食系男子が急増する日本では、女性がSEXの主導権を取るカップルも珍しくはないでしょう。問題は、誘われるのを待っているだけではいつまでたってもセックスレスから脱皮できません。

◆ムード作りを大切にする

いつもと違う非日常感を演出してみましょう。子どもがいるご夫婦は、ホテルに行ってみたり、感情を盛り上げる努力をしてみてはいかがでしょう?「ホテルに行こう」と女性から誘ってみるのもオススメです。

いつもと同じ生活を続けていては、セックスも面倒くさくなってしまいます。マンネリ化した生活を打破して、時には、子どもを両親に預けるなどして、出会った頃の新鮮な気持ちを取り戻してみましょう。

この記事を書いたユーザー

cocon☆hanna このユーザーの他の記事を見る

キャリアカウンセラーの道を目指し、資格取得後オンラインカウンセラーとしてデヴュー。WEBライターとして活動をはじめ7年になります。人に「読まれる・読ませる」ライターを目指しています☆

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス