記事提供:カラパイア

「誰かに聞けばいいのに…」。運転手である男性が道に迷った時、同行していた女性はこう考える。

女性は迷ったら、いとも簡単に道行く人やコンビニの店員などに聞くことが多いが、男性は、なかなか人に道を聞こうとしない。この傾向は世界的にあるようだ。

なぜ男性は人に道を聞こうとしないのか?

米ノースカロライナ州ディーク大学でこの件に関する研究が行われた。その結果、やはりそこには男女の性差が関連していたことが判明したという。

どうして男というものは人に道を訊くのを嫌うのか?研究者たちがその理由を明らかにした。道に迷って他人に助けを求める男性は、手厳しいことだが、まわりから無能なダメリーダーとみなされてしまうからだという。

だが、女性の場合、人に助けを求めることに対しては特にそのような影響はまったく受けないことがわかった。

「男性が人に道を訊かないのは、自分が無能だと思われることを恐れているからなのです」と語るのは、デューク大学の准教授アシュリー・シェルビー・ロゼッテだ。

逆に、女性のほうがすぐ人に道を訊くと思われているのは、女性は男性よりも無力だという性差の固定観念と一致しているせいだという。

女性が職場で男のようにふるまったり、独断的な言い方をしたりすると不利になるとされてきたが、今回の研究では、男性が女性的なやり方をしても、同様に不利になることを示しているようだ。

この研究のために、デューク大、ピッツバーグ大、サンディエゴ大の研究者たちは、優秀なビジネススクールで、リーダーシップスキルを学んでいる144人の学生を対象に調査した。

1つめのケーススタディでは、ひとりのリーダーがその日の行動計画をたてなくてはならない登山の場合、そのリーダーが他人に助けを求めているのがわかったら、ほかの登山メンバーたちはどう思うかを学生たちに質問した。

2つめのケーススタディは、会社で働いていると想定し、ある会議のシチュエーションをもとに、参加者に自分の上司の能力を判断してもらうというものだ。

スタディ1の結果は、他人に助けを求めた男性上司の能力はネガティブに受け止められるのに、女性の上司の場合はそうではないことを示していた。

スタディ2の結果は、こうした性差による影響は、リーダーシップのスタイルや一方の性に特定した事情によって少なくなることはないことを示していた。

女性のほうが男性より劣っているといった固定観念にもかかわらず、世の中は女性的なマネージメント方法や人間関係を築く能力に価値をおき始めていて、雇用者を理解し育て、従業員にも上から目線で一方的に話すのではないやり方を採用しようとしている。

2012年、探検家のトリスタン・グーリーは、男性が人に道を訊ねないのは、地図や方角といった男たちがもともと作った“システム”に固執したがるからだと言った。たとえそれがうまく機能しなくてもだ。

男性は、うまくいかない状況を受け入れざるをえなくなると、面食らって、やたら自己主張し、これを避けるか、その状況を立て直そうと慌てる。

しかし、女性はわからないことは他人に訊ねるということも含め、目的のために利用可能なすべての手段を駆使することができるためより幸せなのだという。

方向を定めるのに天文学を使う手段を選ぶ場合、グーリーは男女のアプローチの違いに気づいていた。

例えば、低く太陽が差し込む家の写真を見せると、男性は太陽がどっちから上がって、どっちに沈むのかはっきり言えない。これは、男性がグーリーの言う“システム”に頼っているからだ。

一方女性は、その家の明かりがついているから、太陽が沈みつつある夕方に違いないことに気づく、太陽が昇っている一日の始まりなら、家の明かりをつける人はいないという結論に達するからだ。

女性というものは、システムをあまり信じないが、男性はシステムが好きだ。だから、男性はそのシステムがうまく作用しなくても、それにこだわって離れようとしないのだとグーリーは語る。

●道を訊かずに444キロ

保険会社シーラス・ウィールズの調査によると、男性が誰にも道を訊かずに当てもなく車を走らせる距離は年平均444キロだという。

2010年の調査によると、4分の1以上の男性が人に道を訊ねるまで少なくとも1時間半はかかり、12%は頑なに人の助けを拒み、無駄な運転で浪費したガソリン代は、生涯で37.6万円にもなる。

また、ドライバーの34%が男性よりも女性に行先を訊く傾向にある。女性の4分の3は人に道を訊くことになんの抵抗もない。

道に迷ったと思ったら、すぐに車を停めるのは女性37%、男性30%。男性の40%は、たとえ見知らぬ人に道を訊かなくてならないはめになっても、必ずしも信用したりせず、ついていったりはしないという。

出典 http://karapaia.livedoor.biz

出典:dailymail

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス