記事提供:NewsACT

「キウイは皮ごと食え」という話をなんかのテレビで見たのでやってみた。ただそれだけの話です。「知ってる」という方も多いでしょうが、ちょっと聞いてくださいよ。

キウイを買って来ました。これをどうやって食べるか…というのは、皮を剥くか、半分に切ってスプーンですくうか、その2拓だと思います。

ですが私が見たテレビ番組(番組名失念)では、

キウイの身は皮に近い部分が一番甘い。近ければ近いほどうまい。

のだそうで。

私はキウイを半分に切ってすくう派でしたが、スプーンでこそげて、どこまで皮を薄く残すか。そんなの貧乏臭いと笑われたものですが、実はそれは、キウイの一番甘い部分を求める純粋な探究心だったのです。怒られ損。

よーし、じゃあ、皮ごとまるごと食べてみよう!

ペリペリ…うん?

うーん、やっぱりキウイを丸ごと食うには、この皮の「毛」がどうにも抵抗感が…

しかし、水でしっかり洗い、準備完了。ナイフもスプーンもいりません。

ガブリ。とかぶりつけばわかる…

やべえ、超うめえ!

スプーンのひと口よりも、皮を剥いてスライスしたひと口よりも、ジュブッと溢れる果汁を前歯と唇いっぱいで味わう爽快感とボリューム感。

皮も意外と違和感なく、きっちりと甘さ限界の皮きわきわまで味わえる。この食べ方、超いいゾ~!!

あと、リンゴの芯やミカンの種のように、中心部分に邪魔なものがあるわけではなく、文字通り丸ごとぜんぶ食べられるのがいい。ゴミも少なくて済むし超ラクチン!

考えてみればサクランボも皮ごと食べますし、タネを残す手間もいりませんし、「キウイの皮ごと丸ごと食い」はコロンブスの卵的な発想。

職場で学校で。お弁当を食べてビタミンが足りないなー、果物でも食べようか。という時、必要なものは食後果汁で汚れた手を拭うティッシュくらいです。ぜひこれはオススメしたい食べ方。

皆さんも皮ごとガブリと行ってみてください!

【追記】

出典 https://instagram.com

この記事を読んだ友人に「毛の少ないゴールドキウイで日和ってんじゃねえよ。毛だらけの普通のキウイ食ってみろや」と煽られたので実践しましたが、まったく問題ありません。すげえ美味かったです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス