出典 https://www.tohoku-bokujo.co.jp

記事提供:FunDo

「茶色い卵の方が値段が高いし栄養がある」など、白い卵と茶色い卵に対して漠然としたイメージ(なんとなく違うと思っている)をお持ちの方も多いと思います。では、実際のところ、色の違う2つの卵の違いとは何なのでしょうか?

見た目が違うだけで、味も栄養価も同じ

出典 http://livedoor.blogimg.jp

「白い卵と茶色い卵の違いとは…」と話を始めておきながら難ですが、違うのは見た目の色だけで、味も栄養価も変わらないそうです。

その上、殻の厚みも基本的に同じです(若い鶏の方が年をとっている鶏よりも殻が固いそうですが、それは白い鶏でも茶色い鶏でも同じことです)。

つまり、卵を産む鶏の色が違うだけなんです(白い鶏が白い卵、茶色い鶏が茶色い卵)。

餌によって味や栄養価は変わるが、殻の色には関係ない

ただ、与えられる餌が違えば、当然味や栄養価は少々変わってきます。しかし、それは殻の色とは関係ないそうです。餌はさまざまありますが、とうもろこしを餌として食べている鶏の卵は美味しいとされています。

スーパーなどで白い卵が多い理由は?

スーパーなどで買い物していると、卵は白い卵が多いですよね。この理由は単純で白い卵を産む鶏の方が、茶色い鶏よりも飼育コストがかからないためです。そのため、売る側も安くたくさん提供できるわけですね。

茶色い卵が高いのは、茶色い鶏が食いしんぼうだから

白い鶏に比べて、茶色い鶏はたくさん食べるために餌代がかかってしまい、その分販売価格が高くなっているそうです。

また、餌代がかかるのに農家が茶色い鶏を飼っているのは、茶色い卵に高い値段をつけても(餌代の元をとって余るくらい)、消費者が買ってくれるからだそうです。

「高いものは良いもの」「茶色い卵は栄養価がある」などといった心理的背景がありそうですね。

漠然としたイメージを抱いているものの内容が実際のところは違ってみたり…(もちろん、「白い卵も茶色い卵も同じだよ」と、最初から知っている方もたくさんいらっしゃるかと思いますが)。

卵に限らず、先入観や固定概念って、いつのまにか植えつけられているものなんだな~と改めて思いました。

出典:yosage
出典:livedoor.news

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス