先日パリへ行ってみて、実際足を運び、行って欲しい教会をピックアップしてみました。

奇跡のメダイユ教会

1830年、修道女カタリナ・ラブレがマリア様から「人々のために心を込めてメダルを作りなさい」というお告げを受け、作ったメダルをパリでコレラが流行した際に人々に配ったところ、コレラが収束したという言い伝えがあります。そして、メダルを手にした人に奇跡が起こる、幸福が訪れるということで「奇跡のメダイユ」が世界中で有名になった、というわけです。

奇跡のメダイユ

出典 http://toriishigenori.com

シスターいわく、「大きな苦難が身に降りかかった時や、頑張っているのに道が開けない時など、メダルにお祈りしてみなさい。マリア様が希望の光を与えてくださるでしょう」とのこと。

ちなみにこの「奇跡のメダイユ」は、カトリック法において転売してはいけないことになっています。ただし人にあげるのは良く、手紙の中にこのメダルを入れて大切な人へ送る人もいるそうです。

サント・シャペル

パリ最古のステンドグラスがあるサント・シャペル教会。

1248年に建てられたこの教会ではパリ最古のステンドグラスを見ることができ「美しすぎるステンドグラスの教会」として、あまりにも有名。

サン・シュルピス教会

ダ・ヴィンチ・コードの舞台にもなった「サン・シュルピス教会」。

1646年にルイ13世の王妃であるアンヌ・ドートリッシュの命により建築が開始される。

ルーブル美術館やヴェルサイユ宮殿を設計したルイ・ル・ヴォーを中心として設計が行われるが、工事は何度も中断。1745年に完成するが、1762年には火災、1770年には落雷により正面が破損するなど完成は困難を極め、最終的にはエトワール凱旋門の設計に関わったシャルグランの手によって修復された。

パリには教会が沢山あります。

実際行ってみると心洗われる気持ちになり、不思議な感覚になりました。

日本では味わえない感覚を是非、ご体感下さい。

この記事を書いたユーザー

鳥居重則 このユーザーの他の記事を見る

株式会社All get Service代表取締役社長/一般社団法人男子会 会長を務めさせて頂いております。SNSを活用したビジネス展開で6000万円の借金を返済。詳しくは下記URLのトップページからご確認して頂けますと幸いです。
torii-shigenori.com/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス