夏が近づき、蒸し暑くなると食べたくなってくるゴーヤー。でも何か料理を作ると、いつも種とワタの部分だけが残ってしまっていませんか?

ゴーヤーの種とワタは、栄養満点で食べられる

調理の後、なんとなく捨ててしまいがちなゴーヤーのワタと種。でも実はこの部分には、通常お料理に使う「果肉」以上の栄養があったんです!

ゴーヤー料理の代表的メニューともいえるゴーヤーチャンプルーを作るときには、ゴーヤーの果肉だけを使い、中身にあるワタや種は捨ててしまうもの。ところが、果肉よりワタの方が1.7倍ものビタミンCを多く含んでいるのです。

出典 http://www.5-8.co.jp

1.7倍ものビタミンC!ただでさえビタミンCが多いことで知られるゴーヤーですから、これを無駄にする手はありませんよね。

ゴーヤーの種子に多く含まれているのが共役リノレン酸。共役リノレン酸を摂取すると、体内で「共役リノール酸(CLA)」という脂肪酸に変化します。このCLAが、体脂肪の燃焼を促進する効果があるとされています。(北海道大学大学院水産科学研究か・宮下和夫教授による研究)

出典 http://www.5-8.co.jp

しかも種とセットなら、体脂肪の燃焼まで促してくれるとのこと。ならば、これはぜひ捨てずに活用したいものです。

こうすれば、種までおいしく食べられる!

しかし、ふわふわとやわらかなワタはまだしも、ゴーヤーの種は結構かたく、そのままではとてもではありませんがおいしくは食べられません。では、一体どんな風にお料理したらいいのでしょうか?

カリカリになるまで焼くんです!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

そう。ゴーヤーの種とワタをおいしく食べるコツは、油でしっかりと揚げ焼きすること。そうすれば、かたい種の殻の部分もカリカリになってとても香ばしくいただけます。

そのままおつまみのように塩を振って食べてもいいですが、せっかくならばもう一品、こんなメインおかずにもなる料理に変身させてみてはいかがでしょう?

◆Recipe◆ ゴーヤーの種とワタの はんぺんおとし焼き

出典 http://bluetenflor.blog5.fc2.com

出典 https://oceans-nadia.com

ご覧の通り、カリカリになるまで焼いたゴーヤーの種は、とても香ばしくてサクサク食べやすくなります。旨味のあるはんぺんと桜えびも食欲をそそって、これはもう、ご飯もビールもすすむこと間違いなし!

お手軽なはんぺんと常備可能な乾物の桜えびさえあれば作れる簡単・節約おかず、ぜひ皆さんも、ゴーヤーの種とワタが残ったら作ってみてくださいね!

この記事を書いたユーザー

庭乃桃 このユーザーの他の記事を見る

ご飯がすすむおかずと、ほったらかしで作れるひと鍋欧風料理が大好きです。
いろいろな土地の市場を散策するのが趣味。
「これだけの手間でこのおいしさなら!」と感じられるお料理を目指しています。

●レシピサイトNadia/ ナディアにて、コラム「ヨーロッパ 食の風景」を連載中。
https://oceans-nadia.com/user/26/column

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス