ある女性が、飛行機に乗車中、離陸直前に夫からのメールを受信。その内容が・・・「自殺する」という生命の危機のメールでした。こんな危機に直面したら、妻として、あなたならどうしますか?

米・ウイスコンシン州在住の女性カレン・モムセン=エヴァースさんは、ニューオリンズからミルウォーキーに帰省するため、サウスウエスト航空の便に乗車。離陸前に電源を切る直前のタイミングで、夫から「自殺をする」というメールを受信。

これは、妻としてパニックに陥るのは当然のこと。すぐに「自殺しないで!」と返信し、緊急電話をかけようとしたところ、客室乗務員に電話の電源を切るように注意されたといいます。

客室乗務員の対応は・・・

それでも、夫の自殺を思い留まらせようと電話をかけようとした。すると、「電話を止めて下さい。あなたは今飛行モードであるのだから」と厳重に注意された、と言っています。

カレンさんは夫の緊急事態である事情を説明したが、FAA規則であると拒否されました。夫の命にもしものことがあってはとパニックになり、離陸後、巡航高度の飛行中に再度電話を試みましたが、別の客室乗務員によってはねつけられそうです。

夫の様子が気になりながらもミルウォーキーに到着

ようやくミルウォーキーに到着。カレンさんは、地元の警察に電話をし、自宅に様子を見に行ってもらいました。すると・・・夫はすでに死亡。遺体で発見されました。

この結末に対して、サウスウエスト航空は?

「私たちは、今回の出来事をについて詳細を共有できませんが、エヴァースさんの訃報を知り、最も深い弔意を広げています」とインタビューに答えた。

私たち客室乗務員は、出発と到着時に飛行を準備するためのSafety手順を実行する責任があります。最大100名の乗客の命を優先に、各状況で、私たちは出来る限りさまざまな状況判断をするトレーニングを受けています。今回の件では、機長に報告は届いていませんでした。と声明を発表。

カレンさんは・・・

他に何かできたのではないかと思うと、いたたまれません・・・。と悲しみをあらわにしています。

出典 YouTube

このニュースを知ったネットの反応は?

緊急電話と言うことなので警察かレスキューを呼ぼうとしたと言うことだろう。住所を聞いて地上のクルーから通報するなど対応は可能だったはずなので、機長に報告しなかったのは問題だと思う。何か出来たはずだ。

出典 http://b.hatena.ne.jp

遺された奥さんは、一生、自分を責めてしまうだろうな。理不尽過ぎる。。。

出典 http://girlschannel.net

電子機器の不具合があったらダメだから、携帯切らないといけないのは分かるけど…なんとも悲しい話だね。離陸前なら奥さん降りれなかったのかな。

出典 http://girlschannel.net

この事件、みなさんはどう思われますか?!乗客の命を預かる客室乗務員を擁護する意見も多いですが、やはり、夫の緊急事態である事情を説明したカレンさんに対して、飛行機から降りてもらう、機長に報告するなど、臨機応変な対応があったのかもしれません。

この記事を書いたユーザー

cocon☆hanna このユーザーの他の記事を見る

キャリアカウンセラーの道を目指し、資格取得後オンラインカウンセラーとしてデヴュー。WEBライターとして活動をはじめ7年になります。人に「読まれる・読ませる」ライターを目指しています☆

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス