記事提供:秒刊SUNDAY

オーストラリアの警官が仕掛けたユニークなイタズラがネット上で話題になっている。
2015年4月上旬、とある女性の落としたiPhoneがニューサウスウェールズ州の警察署に届けられた。

署内で遺失物の管理を担当している男性警官がそのスマホをチェックすると、端末にはパスコードが設定されていない状態だった。男性警官はそのスマホで自画像を撮影し、持ち主のFacebookページに投稿。警察署まで取りに来るようにSNS経由で呼びかけたという。

「携帯電話にはちゃんとパスワードを設定した方がいいですよ。貴方のスマートフォンは私たちが預かっているので、お時間がある時にオルベリー署まで取りに来てください。」

出典 http://www.yukawanet.com

男性警官がBella CrookeさんのFacebookアカウントに投稿したメッセージはたちまちインターネットユーザーの間で反響を呼び、150件近くもの「いいね!」が寄せられた。さらに男性警官は署内の監房を撮影し、

「バッテリー残量のことは心配しなくて結構ですよ。あなたが取りに来られる時までに満タンまでcharge(充電)しておきます。実に素晴らしいcell phone(携帯電話)ですね。」

出典 http://www.yukawanet.com

とコメントを投稿した。ちなみにこのメッセージに含まれている“charge”と“cell”は、それぞれ「充電」と「告訴」、「携帯」と「監房」をかけたダジャレになっている。メッセージを読んだユーザーは男性警官のギャグセンスに腹を抱えて笑った。

投稿から約6時間後、メルボルンに住んでいるスマホの落とし主がオルベリー署に現れ、iPhoneは無事に持ち主のもとに返されたという。

なお、男性警官の行為には賛否両論の声が上がっているが、「彼の投稿は持ち主に呼びかけるためのものであり、違法性はない」と関係者はコメントしている。

―海外の反応

・フイタwww
・こういう警官っていいよね。
・持ち主の許可を得ずに勝手にコンピュータにアクセスしたのか?こんなことしていいのかよ。
・法律のことはよく分からないけど、面白いからいいんじゃないのw
・PINコードを解除するのはまずいだろうけど、ロックをかけてなかったんなら文句は言えないよ。
・これはやり過ぎじゃないのか。そのうち遺失物のハンドバッグの中身をチェックしようとする警官まで現れるぞ。
・令状なしで携帯の中を見るのはまずいだろ。
・何がまずいんだ?持ち主を特定するために使っただけじゃないか。法に触れるようなことは何もしてないさ。
・この画像の権利は撮影者の男性警官にあるんだよな。Bella CrookeさんはFacebookページから削除できない可能性があるぞ。
・寛大なオーストラリアならではの話だね。アメリカで警官がこんなことをしたら、プライバシーの侵害で即訴えられるよ。

出典:reddit

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス