2015年5月20日、Youtubeの公式チャンネルを介して、ある発表がありました。

ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「アンジュルム」の初期メンバー、福田花音が、グループからの卒業を発表したのです。

福田花音は2004年にハロプロの研修組織である「ハロプロエッグ」の1期生に合格、2009年に新グループ「スマイレージ」の結成メンバーに選出され翌年メジャーデビュー。2014年12月からはメンバーの増員を機にグループ名を「アンジュルム」に一新し、さらに精力的な活動を行ってきました。

出典 YouTube

9歳でハロー!プロジェクトの一員になり、それから20歳になった今日まで、ずっとアイドルの第一線のステージで活躍してきた福田花音。

…そしてそんな彼女の卒業発表の裏で、実はたった一人だけ、福田花音のその長いアイドル人生を全て共に分かち合い、決断の瞬間も確かに見守っていた、そんな女の子がいました。

その女の子とは、福田花音が6年間在籍し、今回卒業を決めたアイドルグループ「アンジュルム」のリーダー、和田彩花です。

アンジュルム福田花音と和田彩花に訪れた、2人の分かれ道

和田彩花もまた、福田花音と同じように2004年のオーディションに合格した、同い年のハロプロエッグ1期生でした。

沢山の仲間がいた中で、彼女たちは2009年に同じデビューグループの結成メンバーに選ばれ、

出典 YouTube

メジャーデビューのその日も、

出典 YouTube

大好きだった仲間の卒業も、

そしてずっと夢だった、初めての武道館のステージも

出典 YouTube

2人はいつも隣でその時を一緒に迎え、受け止め、成長し、今日まで歩んできました。

これからご紹介する文章は、人生の半分以上を共に過ごし、青春を乗り越えてきた2人のアイドルが、卒業発表の直後にそれぞれの思いをブログへ綴ったものです。

そこにあったものは、過去でも未来でもなく「今」を生きるために別れを選ぶ、

アイドルの、そして2人の同い年の女の子の、人生の岐路の瞬間です。

2015年5月20日 アンジュルム福田花音「ファンの皆さんへ。」

わたし福田花音は今年の秋をもちまして、アンジュルムおよびハロー!プロジェクトを卒業することを決めました。

突然の発表で驚かせてしまい、申し訳ありません。


「卒業」というテーマは、自分の更なるステップアップの為に、絶対に避けては通れない道だなと昔から考えてましたが、あまりにも大きすぎる壁で、少し避けていたというか、考えるのが難しいなと思うこともありました。

でも自分がこれからやりたいこと、進みたい道、グループのこと、たくさんのことを真剣に考えたとき、

三期メンバーの増員、グループ名の改名により今とても勢いのあるアンジュルムを、
眩しいくらいにフレッシュな三期の三人、すっかり先輩らしくなって頼もしい二期の四人、

いつでもみんなを暖かく見守ってくれて、わたしをずっと支え続けてくれたリーダーに任せても心配いらない。

わたしが卒業しても、もっともっと大きなグループになっていけるだろうなと強く思いました。


わたしは、アンジュルムが、ハロー!プロジェクトが、大好きです。そしてなによりもアイドルとして輝けているときの自分が大好きです。

卒業という決断を決めるまではすごく色々な思いがありましたが、わたしにはまだまだ挑戦したいことがあります。

ハロー!プロジェクトのアイドルとしてデビューすることだけが目標だったわたしが、スマイレージ、アンジュルムとして活動してきて、また新しい道を見つけることができたことを幸せに、誇りに思います。

出典 http://ameblo.jp

2015年5月20日 アンジュルム和田彩花「花音ちゃん」

今年の秋で花音ちゃんがアンジュルムを卒業することが発表されました。

10年以上一緒にいる花音ちゃんが卒業とは、なんだか実感がわきません。

前からつんく♂さんがよく言ってた言葉を思い出します!ハロー!プロジェクトでデビューして踊って歌って。それがゴールではない。と。ハローを卒業してからどうするのか。その先を考えていくことも大事だとおっしゃっていました。

私は、、ハローにいることが楽しくて幸せで目標でもあったから、今までつんく♂さんの言っていた言葉にずっと疑問を持ってました。

なんで、ハローがゴールじゃだめなのかなー?

でも、花音ちゃんが卒業する事を考えたときに、この言葉を思い出して、やっと、今になって理解することができました。

卒業を決めた花音ちゃんを応援します!

出典 http://ameblo.jp

わたしは、卒業のことを考えるにあたってスマイレージ時代の曲の「新・日本のすすめ!」の歌詞にとても元気と勇気をもらいました。

たくさんたくさん聴いて涙も出ました。

出典福田花音 / 2015.5.20 http://ameblo.jp/angerme-kanonfukuda/entry-12029021494.html

「愛の形は様々あるが どれも美しい」

出典スマイレージ『新・日本のすすめ!』より

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

小娘 このユーザーの他の記事を見る

twitter→ @drifter_2181 / 1983年生まれ。北海道在住。2012年にブログ「小娘のつれづれ」をスタート、2014年からはフリーライターとしても活動。デビューから応援しているアイドルの再評価をきっかけに、新規 / ライトファンを意識したエンタメ記事を日々研究しています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • テレビ
  • カルチャー
  • エンタメ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス