出典 http://www.watanabepro.co.jp

「Why Japanese People!」と怒りをあらわにする芸風が人気の厚切りジェイソンさん。お笑い芸人の傍ら、会社役員としても働いていることが話題になりました。

そんなジェイソンさんのTwitterを覗いてみると、会社役員としても働いているせいか仕事に悩む人や、就活生からの相談がたくさんありました。

そこで今回は、ジェイソンさんによる仕事に関する深イイツイートの数々を紹介したいと思います。

1.

まずは目標設定をせよ、とアドバイス。

2.

何が嫌なのか、改善策はないのかを考え、必要なことを洗い出す。大事なことですね。

3.

仕事を教える前に、やる気を与えることから始めようとのお言葉。自主性を育てようという意図も見えます。

4.

目先の給料よりも、将来の自分へ投資することの大切さを説いています。長期的に考えたら一理ありますね。

5.

誰かがやるからいいのではなく、穴埋めとしてやることを上が把握していないことが問題と言っています。日本ではありがちなことだけに、身につまされる話…。

6.

反省と改善を繰り返すことの大切さを教えてくれています。一度で出来るようになるのは、難しいものです。

7.

問題点を可視化する…これも仕事をする上で大切なこと。

8.

残業代目当ての残業は、効率の悪い仕事の仕方を評価しているのでは?と切り込んでいます。就業時間内に業務を終わらせることでお金がもらえるのであれば、効率の良さを追求する人が増えそうです。

9.

いくら頑張ってもお金が支給されない環境があるのも事実。見切りを付けるのも自分次第といったところでしょうか。

10.

自分に合うかどうかを知るためにも、まずは何をやるのか決断しなければなりません。

11.

自分のアピールが伝わっているかは、確かに重要です。会社役員としての視点を感じるアドバイス。

12.

他人の目を気にせず確固たる意志を持て、ということですね。

13.

自分がなりたいと思えるロールモデルは、目標にもなります。

14.

逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ!

15.

日本で働いているからこそ見えることなのでしょうね。会社の本来の目的を考えさせられる一言。

どのツイートも悩みに対して的確に回答し、今後どのようにすればいいのかが極めて具体的にアドバイスされていました。道に迷った時に見てみたり、相談すると自分なりの「気付き」を得られるかもしれません。

今後もジェイソンさんのツイートに注目したいと思います。

この記事を書いたユーザー

週休二日制 このユーザーの他の記事を見る

動物が大好き。会社員であり、流浪のライターとしても活動。
興味を持ったことを色々書いてみます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス