横浜を代表するスポットで知られる“赤レンガ倉庫”。この人気スポットの赤レンガ倉庫で、5月から様々な体験ができるイベントが行われるのです。早速、そんな話題のイベントをこぞってご紹介致します。

■ 横浜赤レンガ倉庫ダンス・ワーキング・プログラム

出典 http://akarenga.yafjp.org

振付師、舞踊家、コンテポラリー・ダンスで活躍している中村恩恵氏をはじめとした世界で活躍するダンサー・振付師たちとのダンス・ワーキング・プログラムを実施。

横浜赤レンガ倉庫ダンス・ワーキング・プログラムでは、「知る」「観る」「体験する」で構成される教育普及プログラムとなっており、「振付」に注目したうえで、高い水準で振付を学べるプログラムや親子で参加できるプログラムなど、市民の方が交流できるイベントになっています。

●開催期間:2015年5月〜2016年3月
●開催場所:横浜赤レンガ倉庫1号館(拠点)、横浜美術館、横浜市民ギャラリー、ほか
●ディレクター:中村恩恵(ダンサー・振付家)

■ 横浜ダンスコレクション2016 コンペティション出場振付家の募集開始

出典 http://akarenga.yafjp.org

このコンペティションは、独自のダンスを創造している新進振付家を審査対象とし、「振付」という創作活動での「表現」に価値をおき、オリジナリティーを追求。新しいものを創り出そうとする意欲のある振付家の作品を募集するとのこと。

●募集期間:2015年5月18(月)〜7月20日(祝・月)
●応募締切:2015年7月20日(月・祝)必着。お持ち込みの場合は18:00締切

■ Urban Folk Entertainment 捩子ぴじん

出典 http://akarenga.yafjp.org

舞踏家の捩子ぴじんさんが出身地の秋田に住んでいた期間と、東京圏に住んでいる期間が同じになることをきっかけに、自身が暮らす都市から産まれる芸能をつくる試みとして始動した作品の第1弾を赤レンガ倉庫で開催。

コンテンポラリーダンスを都市固有の芸能としてとらえ、横浜・東京で生活する出演者それぞれが、生活する場所に関する情報を持ち寄り、体と声をメディアにして横浜・東京のオルナティブな地図を観客に示す。

出典 http://akarenga.yafjp.org

●会場:横浜赤レンガ倉庫1号館3階
●期間:6月25日(木)19:30/26日(金)19:30/27日(土)14:00・18:00
※各回開演30分前にプレパフォーマンス・プレトークが行われます。

■ 70’sバイブレーション!YOKOHAMA

出典 http://akarenga.yafjp.org

1970年代の音楽やアートワーク、映画、演劇、文学、雑誌、ファッションなどのポップカルチャーの展覧会を開催。70年代の様々な懐かしいカルチャーが楽しめる貴重な機会なので、見逃し厳禁なイベントになりそうです。

●会場:横浜赤レンガ倉庫1号店1階、2階、3階
●期間:8月1日(土)〜9月13日(日)
●時間:<日〜木>10:00〜19:30<金・土>10:00〜20:30

■ 写真展マイア・フロール「Imagine France」

出典 http://akarenga.yafjp.org

フランス人写真家マイア・フロールによって撮影された25ヵ所のフランスの文化遺産を展示した写真展を開催。日本にはない、フランスの雰囲気を写真からでも感じることができる絶好のチャンス。

●日時:6月19日(金)〜28日(日)11:00〜19:00
●会場:横浜赤レンガ倉庫1号店2階スペース

■ ダンスクロス DANCE Cross

出典 http://akarenga.yafjp.org

2014年夏、シディ・ラルビ・シェルカウイとの共作で話題を呼んだ「BABEL(words)」を振り付けしたダミアン・ジュレ(フランス)のソロ作品と映像作品を披露。さらに、横浜ダンスコレクションEX2014において「若手振付家のための在日フランス大使館賞」を受賞したクォン・リョンウン(韓国)も新作を日本初上映します。

●会場:横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール
●期間7月3日(金)19:30/4日(土)16:00開演(2回公演)

これから様々なイベントが行われる横浜の赤レンガ倉庫。家族でもカップルでも楽しめるイベントが盛りだくさんなので、このチャンスをお見逃しなく!

この記事を書いたユーザー

Sachiko このユーザーの他の記事を見る

世の中の数ある面白いモノを沢山の人に届けて、笑顔にできるような記事を執筆していきたいです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス