ウィルくんは13年ものあいだ巡回サーカスで曲芸をしていました

出典 https://www.youtube.com

移動中はずっと狭い檻に入れられ、曲芸をする時だけ出してもらえるという、ライオンの野生の本能に全く反した生活を送っていました。

そのあいだはタイルやコンクリート、檻の鉄板の床の上しか歩いた事がありませんでした。

これは、劣悪な状態におかれていたウィルくんが保護されてブラジルの自然保護区に移され、生まれて初めて地面を踏んだ時の映像です。

檻のドアを開けたとたんに飛び出すウィルくん

出典 https://www.youtube.com

まず両前足で土と草の感触を確かめ、

出典 https://www.youtube.com

抱きかかえて岩の感触を確認し、

出典 https://www.youtube.com

全身で草の匂いと柔らかさを楽しむウィルくん

出典 https://www.youtube.com

その身体いっぱいの嬉しさを、どうぞ動画でご覧になって下さい!

出典 YouTube

このシーンは安住の地となった保護区、Rancho dos Gnomos Santuárioで2006年に撮影されたもので、今月の初めにアップされて以来、閲覧が450万回を超えるほどになりました。

2011年にウィルくんは老衰のため亡くなりましたが、その5年間、他のライオン達と一緒に、ライオンらしく幸せな日々を送ったとのことです。

出典 https://www.youtube.com

よかったね、ウィルくん!

この記事を書いたユーザー

Eko このユーザーの他の記事を見る

米シアトル在住、「地球の歩き方」特派員です。
http://tokuhain.arukikata.co.jp/seattle/
新記事をアップするとツイッターでつぶやきます。
https://twitter.com/EkoNay7789
たくさんのステキを共有できたらと思っています。気に入った記事がありましたらぜひ教えて下さい。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス