お会計で男の器が決まる?

男性と食事をしたあと、彼が告げたお互いの支払金額にショックを受けたことはありませんか?お会計は女性にとって、男性の器を決める大きなポイントなんです。

よく見られている!お会計の対応

「俺は多く飲んでるから多めに出すよ」と言われたら、女性は嬉しいでしょう。しかしこの場合、割り勘なら多く飲んだ方が多めに出すのは当然です。しかし、多く出すと見せかけて、相手に自分の分も払わせる悪質なパターンがあります。

こんなシチュエーション、心当たりありませんか?

居酒屋で男女が食事をしました。男性はお酒を何杯か飲み、女性は食事中心だったので、お会計の内訳は、男性4000円・女性1000円分でした。楽しく時間を過ごし、お会計の時間がやってきました。この時発した男性の言葉はこうでした。「多めに出すよ、きみは2000円でいいよ」

一瞬多めに出してくれたんだと錯覚します。しかし、よく考えてみると女性が相手の飲食分を1000円も支払うことになります。

多めに払わされたときの女性の心理

相手にそう言われたら、突っ込まずに支払う人が多いです。ですので金額面では男性が得をします。しかしその代償に「器の大きな男」という名誉を失います。そして女性は、もうこの人とご飯行きたくないな、と思います。場合によっては接し方もどこか冷たくなるでしょう。

奢られるのが嬉しい本当の理由

反対に「今日は時間作ってくれたんだし、奢るよ」などと言われたら女性は嬉しくなります。この時の女性心理、わかりますか?実は、タダでいただけて得したという事実よりも、奢ってくれた相手の器の広さに感激することが多いのです。

今まではあまり冴えないと感じていた男性に対して「この人、器も大きくて頼れる人かも♡」と評価が一変する可能性すらあります。人は思わぬところで相手の器を見ているものです。


モテるようになるお会計

今までのあなたの対応はいかがでしたか?モテないお会計をしていた人も大丈夫!挽回することも可能です。これからの支払い方法を改め、せめて平等に割り勘にすることから始めてみましょう。

この記事を書いたユーザー

さこ このユーザーの他の記事を見る

ライター兼カメラマンです。
心理学を学んでいる為、文章に知識を織り込めるよう表現力を日々磨いています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス