記事提供:しらべぇ

エビを天ぷらやフライにする場合、「しっぽ」がついたまま調理されることがほとんどです。

必然的にそれを「食べるか」「食べないか」という選択は食べる人に委ねられますが、一体どちらが多いのでしょうか?

【男女1684人に質問】エビのしっぽは食べますか?

アンケート結果によると、食べない派のほうが多いことが判明。

■エビのしっぽに飛び交う2つの噂とは

そんなエビのしっぽについて、ネット上で様々な噂が飛び交っていることをご存知でしょうか。

■じつは「毒」がある!?

「エビのしっぽには毒がある」という噂を聞いたことはありませんか?「内側の針のようなところに微量ながら毒がある」、「針に毒があるので、寿司屋などでは切り落としてから提供している」など、ネットなどでは様々な意見が見られます。

結論から言うと、エビのしっぽには毒は含まれていないそうですガンになるという噂もあるようですが、こちらも真っ赤な嘘なので、食べても問題はありません。

■エビのしっぽ=ゴキブリの羽根!?

かつて、「エビのしっぽはゴキブリの羽根と同じ成分でできている」という情報が一部で話題になりました。

たしかに、両者は「キチン質」でできているという共通点がありますが、キチン質はカニの甲羅などにも含まれている物質でもあるので、ゴキブリの羽根に特化することはありません。

松村邦洋さんと木村拓哉さんも同じ物質でできていますが、だからどうこうという話にはなりませんよね。その程度の「同じ」です。

■結論「なるべく食べたほうがよい」

えびのしっぽにはカルシウムが豊富に含まれ、先ほど出てきたキチン質という物質を摂取することで、高脂血症の改善などの効果が期待できるそうです。

つまり、えびはできればしっぽまで食べたほうがよいのかもしれません。食べない派の人は、今こそ改めてチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年4月17日~2015年4月20日
対象:全国20代〜60代男女1684名

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス