日本でもすっかり人気となっている「エッグベネディクト」。海外ではエッグスベネディクト(Eggs Benedict)と呼ばれ、レストランで食べるブランチの定番メニューです。

「イングリッシュマフィンを半分にした上に、ポーチドエッグと具材を乗せ、オランデーズソース(ホーランドソース)をかける」という手順ですが、このポーチドエッグとオランデーズソースを作るのが中々面倒と思いがちです。

しかし、両方とも、レンジで簡単に作れてしまうんです!

今回は、10分で作れるポーチドエッグ&オランデーズソースの作り方、 そして海外で人気の具材をご紹介します!

▶エッグベネディクトの作り方(簡単5ステップ)

1.オランデーズソースを作る

材料:バター20g、マヨネーズ大さじ1、卵黄1個、レモン汁小さじ1、コショウ少々

手順:

1.バター20gをレンジで40秒くらい加熱して溶かす。

2.マヨネーズと卵黄を混ぜたところに、溶かしたバターを少しずつ加えながら混ぜる。

3.レモン汁、コショウをかけてオランデーズソースの完成。

出典 https://vine.co

2.ポーチドエッグを作る

材料:卵4個、水400ml

手順:

1.小さめの器1つに対して卵1個を割り入れ、全体に水100ml程を加える

2.電子レンジ500Wで1分20秒加熱して、すぐに取り出す

出典 https://vine.co

3.具材を用意する

ベーコンを焼いたり、トマト、アボガドを用意してください。(おススメの具材は、記事後半でご紹介します)

4.イングリッシュマフィンを半分に割ってトースターで焼く

5.トーストしたマフィンに具材、ポーチドエッグをのせ、オランデーズソースをかけて完成!

出典 http://goryugohan.com

これで完成!詳細は、上記出典元リンク「ごりゅごはん」さんのページで確認してくださいね。





【海外で人気の具材レシピ】

エッグベネディクトの具材にはベーコンやトマト、アボカドが定番ですが、他にも色んな楽しみ方があるんです。

◎スモークサーモン

出典 http://www.canadianliving.com

◎アボカド&ローストしたパプリカ

出典 http://ohmyveggies.com

◎マッシュルーム+ローズマリー

出典 http://noteatingoutinny.com

◎ベーコン&ほうれん草バター炒め

出典 http://www.goodtoknow.co.uk

【イングリッシュマフィンの代わりに】

イングリッシュマフィンの代わりに、「パイ」、「デニッシュ」、「フランスパン」などを使っても美味しく頂けます。

【最後にトッピングを】

トッピングには、チーズやパプリカパウダー、パセリ、分葱などがお勧め。最後にちょっとふりかけるだけで、素敵な仕上がりになりますよ!

優雅な朝食をぜひ自宅で試してみてくださいね!

この記事を書いたユーザー

Maki このユーザーの他の記事を見る

2012年よりカナダ在住。趣味は写真と旅行で、2005年からフォトブログ( http://sweetphoto.exblog.jp )を続けています。
●カナダ発の英語フレーズ集サイト『ENGLISH LIFE』運営
https://makienglishlife.wordpress.com
●『地球の歩き方 カナダ・ナナイモ現地特派員』として現地情報配信中
http://tokuhain.arukikata.co.jp/nanaimo/
●バンクーバーの現地情報サイト『LifeVancouver』ライター
http://lifevancouver.jp/author/maki

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス