通勤時間帯など、混雑していて急いでいる時に限って、Suicaの残金不足や定期の期限切れのために改札で引っかかってしまった…なんて経験をしたことありませんか。

タッチした際に残金が表示されるとはいえ、改札機によって表示画面の位置がまちまちだったり、急いでいて見逃してしまったりして、手持ちのSuicaに残金がいくらあるのか把握している人ってなかなかいないと思います。

実は、Suicaには改札機を通過するときに音で残金や定期券の有効期限を知らせてくれる便利機能があったのです!

改札機通過時の「音声案内機能」

出典 http://knowledger.at.webry.info

JR東日本のホームページによると

出典 http://www.jreast.co.jp

残額が

1000円超のときは「ピピッ」

1000円以内のときは「ピピピッ」

と鳴るそうです。つまり、改札を出る際に、「ピピピッ」と鳴ったら、もう残高が1000円をきっているから「チャージしたほうがいいですよ~」という合図になるというわけです。

定期券の場合は、有効期限が2週間超あるときは「ピッ」2週間以内のときは「ピッピッ」と鳴ります。

この機能は初期設定から付属している機能ではないようですが、改札係員に「音声案内機能をつけてください」と申し出ると、無料でこの機能を使えるように設定してくれるようです。

設定にかかる時間はわずか1分程度

出典 http://shinkansen50.jp

Suica をリーダライタにセットして、「音声案内を利用 する/しない」のボタンで「する」を選択。一旦終了して、もう一度アクセスし、「する」になっているのを確認してました。

駅員さん「はい、これで有効になってます」私「ありがとうございました」

所要時間は1分程でした。時間かかるようだったらどうしようと、ちよっとドキドキしていたのですが、その間に有人改札を通過していった人が一人と、駅員さんに用事がある人が一人来てしまいました。その方をそれほどお待たせすることもなく終了しました。

出典 http://d.hatena.ne.jp

とってもカンタンに設定してもらえるようですので、是非、今日からでも駅員さんに伝えて、設定してもらってください。

「PASMO」など全国のICカードでも使える機能

出典 http://bizmakoto.jp

Suicaだけでなく、全国の交通系ICカードでも利用できるそうです。

オートチャージにしている方には関係のない話ですが、現金で都度チャージしている方たちにはとても耳寄りな情報かと思いますので、是非、使ってみてください。

この記事を書いたユーザー

のぶろんそん このユーザーの他の記事を見る

寝ても覚めても猫・猫・猫♥異常なまでの(?)猫愛を生かした猫記事を中心に書いています。根っからの猫好きさんはもちろん、猫に興味がない人までも猫好きにできれば本望です。猫もネコもだいすきです^^^^^

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス