記事提供:CuRAZY

1. いばら「ぎ」じゃなくて、いばら「き」!

「ぎ」と認識している他県民が多いが、本当はいばら「き」。ただ、もう毎度毎度すぎて間違いを直すことに労力を使うのをやめた。

2. 筑波山以外これといった観光地がなくて案内に困る

行くところもないので、他県の友人は呼ばない。ちなみに、茨城県で遠足と言ったらこの筑波山。

3. JAXAがあるつくば市は誇り

茨城県内でも一目置かれる「つくば市」。付近の出身者は、出身地を聞かれたときに茨城県と言わずに「つくば」と言うほど。日立製作所のある日立市も誇りですが、やはり中心街ということもあり支持されている。

4. 「水戸の3ぽい」はあながち間違いじゃない

茨城県民は「怒りっぽい、忘れっぽい、飽きっぽい」と言われており、それをまとめて「水戸の3ぽい」と呼んでいる。

頼みごとをしてもその場では「分かりました」と言われるが、大概は後回しにされ、高確率で忘れ去られる。

5. 茨城空港の存在は、たまに思い出す

「そういえば空港ができたんだっけ」とふと思ったりする。県民に需要が高いというわけでもなく、存在を思い出す程度。

6. ごじゃっぺ=「いい加減/役に立たない」

他にも「あほ」、「間抜け」など否定的な表現全般に用いられる。

例:「あんまりごじゃっぺなごとばっかぬかしてんじゃねえよ」→「あんまりいい加減なことばっかり言うんじゃない」

7. 運動会、思い出されるのはグラウンドの出店

運動会当日は、グラウンドに屋台が出てまるでお祭り騒ぎ。ただ、最近はセキュリティの関係上、屋台を出す学校は少なくなったのが残念。

8. 「県の魅力度ワースト1位」を否定することに疲れた

群馬県、福井県を抑え見事に「魅力のない県ランキング」で1位になった茨城県。はじめは「そんなことない!」と全力で県民愛を示していたが、もはやそれを無感情で受け入れている。

9. 茨城県出身の有名人、みんなやっぱり茨城臭がする

俳優から芸人まで様々な茨城出身の有名人がいるが、並べてみると、県民なら分かるこの「茨城臭」。青春時代のやんちゃな姿が容易に想像できる。

茨城県出身の有名人
渡辺直美(芸人)
栗山千明(女優)
磯山さやか(タレント)
鈴木奈々(モデル)

石井竜也(米米CLUB)
三浦春馬(俳優)
綾部祐二(芸人ピース)
大津祐樹(サッカー日本代表)

10. つくばエクスプレスは新幹線ではありません

つくば駅と秋葉原駅を結ぶつくばエクスプレス線。最短45分で都内に行けてしまう、画期的な交通網なのだが、あくまで普通の電車。

11. 「MAXコーヒー」は子供から大人まで愛されている

かつては茨城と千葉でのみ限定販売されていたソウルドリンクの「マックスコーヒー」。全国区になり嬉しい反面、ちょっと寂しい気持ちもある。

12. 県内にテレビ局がないので、隣県の電波のおこぼれで生活する

全国で唯一民放のテレビ局がない茨城県。周辺県の電波が中途半端に入ってくるので、今のところ問題ない。

13. 免許更新にとにかく一苦労

免許更新センターが水戸にしかないため、2時間かけて更新しに行かなければいけない県民もいる。

14. 小さい「つ」を入れるだけで一気に茨城弁

茨城県民は文中に小さい「つ」を多用する傾向がある。

例:「歩いていく」→「歩ってく」、「今日から」→「今日っから」

ちなみに、県民は標準語を使っていると思っている。

15. 日本一のデカさだけは認めてほしい「牛久大仏」

大仏と言えば、奈良や鎌倉のイメージが強いですが、日本一高い大仏「牛久大仏」があるのは茨城県!大仏の手の平には奈良の大仏がすっぽり収まるほどのデカさです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス