記事提供:カラパイア

母親を亡くした野生動物の赤ちゃんが、生き延びるチャンスはそう多くはない。だが、母親を交通事故により亡くし、事故現場で悲しそうに鳴いていたこの子ギツネは、幸運にも発見者により獣医に搬送された。

その後、動物好きのドイツ人夫妻に引き取られ、新たなる人生と素晴らしい家族を手に入れることができたようだ。

生後3週間になるオスの子ギツネはディノッツォと名付けられ家族の一員となった。ディノッツォの母親役を自ら引き受けたのは、母性豊かなコリー犬のツィヴァさんだ。ディノッツォをそりゃもう大切に、暖かい愛情で包み込んでくれる。

もちろんディノッツォそんな新しいお母さんにゾッコンだ。

ヴェルナー・シュメインさんとアンゲリカ・シュメインさん夫妻は、ドイツのオーバーシェルドに住んでいる。

夫妻は、ツィヴァさんのほかにも、ベンガル猫のレオポルドさんと2匹の子豚を飼っている。無事回復したディノッツォさんは、猫のレオポルドさんとも固い友情を結ぶことができたようだ。

母性溢れるコリー犬と面倒見のいい猫のコンビのおかげで、ディノッツォはあっという間に新しい環境になじんでしまった。

今ではキャットドアから家に出入りするよう、お庭で思う存分駆け回ることができる。ツィヴァお母さんにはベッタベタに甘えん坊。レオポルド兄貴とは仲良く遊ぶよ。

孤児となった子ギツネは野生に戻しても生き延びられる確率は低い。そこで、シュメイン夫妻がこのキツネの里親に立候補。なんという幸運!そこにはすっごくやさしい犬のお母さんがいたよ!

表を気ままに歩き回るのも思いのままだけど、ツィヴァお母さんと一緒がいいみたい。

「キャットドアで家に出入りするのが好きみたいだよ」と飼い主のヴェルナーさん。

ベンガル猫のレオポルドさんとの間にも固い絆が。

「ツィヴァとレオポルドは小さな子ギツネに一目惚れしたみたいだね。」

コリーのツィヴァさんは、自ら母親役をかってでたという。

彼らを見ていると、動物の絆に種別など関係ないって感じだ。

ツィヴァさんのディノッツォを見つめるその目は愛情に満ち溢れている。

普段はおとなしいが、たまに大はしゃぎもするという。いっぱい遊ぶと、ツィヴァさんの隣にきてコテン、って寝ちゃうそうだ。

犬のお母さんと猫のお兄さんを持つディノッツォ。いったいどんなキツネになるんだろう。とても楽しみだ。みんなのたくさんの愛情に包まれながら元気に大きく育ってね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス