住民投票に至るまで

ご承知の通り橋下大阪市長が今年の12月に大阪市長として任期満了後に政界引退を表明しました。理由は言うまでもなく「大阪市を廃止し特別区を設置する」いわゆる大阪都構想の住民投票で反対票が賛成票を上回ったからです。

この住民投票に持っていくまで橋下大阪市長はあらゆることを行ってきました。大阪府知事時代に国会では橋下大阪市長の勢いを恐れたのか全国の市町村を廃止して特別区を設置できる法律を橋下大阪市長は国会にいないのに可決成立しました。

その前に立ち上げていた地域政党大阪維新の会が国政に行くことになり日本維新の会と名前を改めて5人の国会議員が合流。その後に太陽の党を立ち上げていた石原東京都知事(当時)と合併し橋下&石原のWネームで2012年の総選挙で42議席を獲得して民主党に次ぐ野党第二党となりました。

その後もいわゆる大阪都構想を実現させるべく国政に大阪市政に揺さぶりなどもかけ続け、選挙でも訴えてきましたがいわゆる大阪都構想を実現させるために必要だった堺市の合意を得るべく堺市長選で維新の会は独自候補を出しましたが、現職市長を自民、公明、民主、共産の推薦と応援で敗れて頓挫したかと思われました。

しかし橋下大阪市長は諦めることなく大阪市議会で大阪市を廃止して特別区を設置する協定書を作成。協定書の作成に反対する会派の議員を入れないという強引な手法でした。こうした強引な手法は批判を多く浴びましたが今年の1月に市議会で住民投票を行う決議を可決させて住民投票を行うことになったのです。

住民投票で賛成させるために

大阪市議会で大阪市を廃止して特別区を設置するいわゆる大阪都構想を賛成多数にするため橋下大阪市長はここでもあらゆる手を使ってきました。Twitterではこのようなツイートをし

大阪市を廃止して特別区を設置するいわゆる大阪都構想に異議を唱えた藤井聡京都大学大学院教授に対しては維新の党を通じて

「大阪都構想に関する公平中立な放送について(お願い)」公開のお知らせ | ニュース|活動情報|維新の党 https://ishinnotoh.jp/activity/news/2015/03/09/831.html

文書の中身はこちら(PDFファイル)→https://ishinnotoh.jp/activity/news/2015/03/09/20150212_news_h.pdf

テレビ局に対してこうした文書を送り京都大学学長に対しても

「藤井氏発言に対する大学見解について」公開のお知らせ | ニュース|活動情報|維新の党 https://ishinnotoh.jp/activity/news/2015/03/09/830.html

文書の中身はこちら(PDFファイル)→https://ishinnotoh.jp/activity/news/2015/03/09/20150206_news.pdf

こうした事以外にもタウンミーティングで一日に何箇所も説明に行くなどをしてきましたが、結果はご存知の通り反対票が多数を取り橋下大阪市長は会見で

橋下市長も「前から言っていたとおり、任期が終わったあとは弁護士やります。さっき江田さんに、"維新の党の法律顧問やらせてもらえないかって言った"」と笑顔で語り、政界引退を明言。

記者から「今後数年後…」「状況が劇的に変化したら…」など仮定の上で、今後の政治活動について問われると、「僕のような敵を作る政治家はワンポイントリリーフで、要らなくなったのであれば使い捨てされるべき。

そんな政治家が続けるのは害悪。8年前は僕みたいな政治家が求められていたかもしれないが、今はそうではないということ。」と話した。

出典 http://news.nicovideo.jp

引退して弁護士に戻ると述べました。

引退表明後の反響は?

先ずは橋下大阪市長が最高顧問を務める維新の党では江田代表が辞任を表明。

江田代表の辞任を受けて本日(5/19)に維新の党は両院総会(所属する衆議院、参議院議員が全員集まり協議する会合)を開きます。

19日の執行役員会で辞任の意向を示した江田代表を慰留したうえで、江田氏の意思が固い場合、19日中にも両院議員総会を開いて、新しい代表を選出する方針を確認しました。

19日の党の執行役員会で、江田氏を慰留したうえで、江田氏の意思が固い場合、19日中にも両院議員総会を開いて、新しい代表を選出する方針を確認しました。

松野幹事長は会議のあと、記者団に対し、「一刻も早く混乱を収拾しなければならず、江田氏が慰留に応じない場合、大至急、新体制を組みたい」と述べました。

出典 http://www3.nhk.or.jp

江田代表から松野代表になりそうな流れですが大混乱をしてます。

官邸でも

菅義偉官房長官は18日、橋下徹・大阪市長が「都構想」の否決を受けて政界引退を表明したことについて、憲法改正への影響は「あまりない」との見方を示した。

出典 http://jp.reuters.com

菅官房長官は憲法改正などの影響はないと述べましたが、こうした見方もあるようです。

首相が今国会で成立を目指す安全保障関連法案などの審議にも、影響が及ぶ可能性がある。首相は、維新との連携による野党分断を思い描いてきたが、維新が民主などとの野党共闘路線に傾けば、国会審議の難航は避けられない。

「維新の低下で民主が相対的に浮き上がる」(自民党関係者)との見方もある。

出典 http://www.yomiuri.co.jp

読売新聞ではこれから国会で審議される安保法制、いわゆる集団的自衛権の一部行使に伴う法制度の改正に維新の取り込みを狙っていたので審議に影響が出るという見方です。

一緒に辞めます

国政だけでなく大阪市でも橋下大阪市長が導入した公募区長が任期満了後に辞任を表明しました。

大阪市天王寺区の水谷翔太区長

出典 http://www.sankei.com

大阪市天王寺区の公募区長、水谷翔太区長が18日、自らのフェイスブックで、辞職の意向を表明した。大阪都構想をめぐる住民投票で反対多数となり、橋下徹市長が任期いっぱいでの政界引退を表明したことを理由としている。

「橋下市長の掲げる市政改革に共鳴して、私は区長公募に応じました」「チャレンジをしない、容認しない全国によくいる『普通の市長』のもとで、ただ役職としての区長にしがみつくことはしたくありません」

などと心情を記し、「仕事ができない、結果も出せないなら、区長としての存在意義はありません。私も区長の職を辞することとしたい」と意思を示した。

出典 http://www.sankei.com

橋下大阪市長と共に大阪を去るということです。橋下大阪市長以外では仕事はできないというのが理由のようです。

ネット上でも

インターネット上でも橋下大阪市長引退のニュースの影響は大きく、アンケートでも

橋下大阪市長とインターネット言えばTwitterを思い浮かべる人が多いでしょう。そのTwitterでも大きな話題で数多くのツイートがされてるのでごく一部ですが紹介します。

反応は様々です。これからも沢山のツイートをされるのは確実です。良くも悪くもそれだけで影響は大きかったと言えます。

一方引退を表明した橋下大阪市長は

橋下氏は、24区長や局長ら市幹部を集めた会議に臨むため、午前11時15分ごろに登庁。「頑張ります」と話した。関係者によると、会議では大阪都構想に関し「実現できず、トップとして申し訳なく思っている。

政令指定都市の大阪を大事にして市政運営をやっていく意思が示された」と語った。このほか、12月の市長任期満了までの今後半年間の市政の懸案などを協議するとみられる。

出典 http://www.sankei.com

Twitterでも

昨日(5/18)にツイートをしてお礼を述べました。

12月までの残りの任期は反対派だった自民、公明、民主、共産の各会派との話し合い次第になりそうです。

敗北した維新の市議団と府議団は「各議員の意見を聞いて今後の体制を協議するため」(幹部)として、午後に議員団総会を開催する。夕方には、22日に開会する5月定例市議会に向けた各派代表者会議が予定される。

第一党である維新にとって、都構想反対派だった自民、公明、共産の各会派とどう向き合っていくかが焦点となる。

出典 http://www.sankei.com

大阪都構想に替わる案はこちらになりそうです。

都構想に反対する自民党、公明党などは「対案」として、昨年成立した改正地方自治法に盛り込まれた「調整会議」による府市の業務の調整などを主張してきた。今後、府市両議会で対案を巡る議論が始まるとみられるが、具体化するかは不透明だ。

出典 http://www.nikkei.com

法律で定められてる政令市と府の間で調整を行う調整会議というのがあるのでそちらを軸に議論をしていくことになりそうですが、他にも

総合区導入は都構想の対案として自民、公明両党が提案しており、住民投票結果を受けて歩み寄った格好だ。ただ自民党の柳本顕市議団幹事長は「(橋下氏に何か)考えがあるのか確認したい」と指摘。

公明党の明石直樹市議団幹事長も「各会派の考え方が違うところもあるので詰めていきたい」と述べ、慎重に対応する考えを示した。 総合区制度は昨年改正の地方自治法に基づき新設された。政令市の区に特別職の区長を置き、独自の行政サービスを提供できるようになる。

出典 http://www.nikkansports.com

総合区の設置なども議論に上がりそうです。

民のかまど

最後に大阪市の市歌と市歌の歌詞にある民のかまどの話をご紹介したいと思います。

大阪市市歌:歌詞(作詞:堀沢周安)

1、高津の宮の昔より、よよの栄を重ねきて、民のかまどに立つ煙  にぎわいまさる 大阪市、 にぎわいまさる 大阪市

2、なにわの春のあさぼらけ、生気ちまたにみなぎりて、物みな動くなりわいの  力ぞ強き 大阪市、 力ぞ強き 大阪市

3、東洋一の商工地、咲くやこの花さきがけて、よもに香りを送るべき  務ぞ重き 大阪市、 務ぞ重き 大阪市

出典 http://www.city.osaka.lg.jp

仁徳天皇は人家の竈(かまど)から炊煙が立ち上っていないことに気づいて3年間租税を免除し、その間は倹約のために宮殿の屋根の茅さえ葺き替えなかった、と言う記紀の逸話(民のかまど)

出典 http://ja.wikipedia.org

引退する橋下大阪市長も先の統一地方選で当選した市議もこの市歌にある「民のかまど」の逸話を忘れずに市政を運営していくことを望みます。

この記事を書いたユーザー

篁五郎 このユーザーの他の記事を見る

政治・経済、思想・哲学、文学を学びつつ地元を中心にラーメンを食べ歩くフリーの物書きおじさんです。
spotlight公式/プラチナライターでもあります。仕事は随時受け付けしてますのでブログなどを参考に依頼待ってます。
ブログ:http://ameblo.jp/komi1114/
メールアドレス:komi1114@gmail.com

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス