おかずにも、おつまみにも、もちろん朝ごはんにもなる、おすすめの絶品卵焼きがあります。野菜高騰の今。冷蔵庫にあるもので作ってしまいましょう!

キャベツたっぷりお好み焼風卵焼き

作り方はいたって簡単。中に入れる具材を細かく切ります。

これは、キャベツ、ねぎ、紅生姜、ちくわ。ちなみに、ちくわは冷凍保存可能です。キャベツがなかったら玉ねぎや、人参でもOK。

しっかりと黄身と白身を混ぜます。具が均一になるように気を付けてください。

卵焼きを焼く要領で焼いていきます。最後は形を整えてしっかり焼き色を付けるのがおすすめです。

切ってから、ソース、マヨネーズ、削り節(かつおぶし)、青のりをかけます。紅生姜があると お好み焼に近づきますが、なくても構いません。

【材料:3~4人分 調理時間:10分】

・キャベツ --- 1/2枚
・ちくわ --- 1/2本
・青ねぎ --- 1本
・紅生姜 --- 少々
・卵 --- 3個

●めんつゆ(濃縮2倍タイプ) --- 小さじ1
●マヨネーズ --- 小さじ1
●片栗粉 --- 小さじ1/3
 
・お好み焼ソース、マヨネーズ、青のり、削り節 --- 適量
 
+ + + + + +

キャベツはみじん切りにし、ちくわや紅生姜も細かく刻みます。

青ねぎは小口切りにします。

ボウルに 卵を割り入れてしっかり溶きほぐします。

(1)の材料と ●の調味料、大さじ1の水を加えて よく混ぜます。

卵焼き器に油(レシピ分量外)を薄くぬり、卵液を流し入れて巻いていきます。

卵液がなくなるまで焼き続け、最後は形を整えながら4面に焼き色をつけます。

あら熱がとれてから、食べやすい大きさに切り、お好み焼ソース、マヨネーズ、青のり、削り節などをのせて盛り付けます。

出典 http://ameblo.jp

おかずにも、おつまみにも。
もちろん、お弁当にもおすすめの卵焼きです。
 
中に入れる具は、こんな感じに 小さく刻みます。
あとは、しっかりと卵と混ぜるだけ。

この記事を書いたユーザー

小春 このユーザーの他の記事を見る

ひよっこライター。得意なジャンルはカウンセリング心理学。趣味は料理。忙しい日常の中で、「おっ!こんな事が!」という物を発掘し 発信していきたいと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス