こちらは自己否定や無価値観からスピリチュアルにハマった場合に参考になる記事のまとめです。

まとめになっているので、定期的に再アップします。

◇言葉や知識じゃなく、人間としての自分にまず触れてみる。

>【私は怒ってる自分も受け入れます】

と一万回唱えるより、一度だけでもしっかり怒りきり、怒りを感じきった方が変化ははるかにパワフルだと思います。

◇インナーチャイルドが泣いてるなら、泣いてるのは今のあなた。

>幼稚園のときの記憶を思い出してる時に

寂しくなるんだったら、その寂しさって、今の自分が感じてるだけなんです。

もう今寂しさから解放されてるなら、『そういえば、幼稚園に行きたくなくて泣きじゃくってたことがあったなー』という単なる思い出になってますから。

◇【スピリチュアル好きな人がやりがちな感情からの逃避行動メモ。】

今ここで生きているのは人間としての自分です。

そこを無視して高次の存在とか前世とかなんとかに逃避していると、人間としての自分がどんどん辛くなることもあるんです。

◇『愛と感謝が大切よ』→いや、素直にできたら苦労しないっす。

>スピリチュアルな本とか、ちょっと昔の成功者の書いた自己啓発書によくある【愛と感謝の心】ってやつを、あーじゃこーじゃと人間としての身体=感情があるのに、
ほんとはモヤモヤイライラザワザワしているのに、

『愛と感謝を持たなきゃ!』だと義務になっちゃうんです。

◇瞑想に迷走するスピリチュアル難民。

>瞑想で悟って宇宙と一つだって覚醒したところで、寂しいものは寂しいし、ムカつくものはムカつくんですよね。

宇宙の真理を知る喜びと人間としての体験を満喫していく楽しみは別のお話です。

◇泣いてる子どもに『あなたの前世はね…』と説明してどうなるというのだ。

>『ママー寂しいよー』と子どもが泣いてるのに『あなたは前世で私と恋人同士で報われない恋愛をしていた傷があるのよ』と語っていたら、子どもは超いじけるかグレまっせ。

◇高い波動を求める人は低い波動(という認識)な自分を嫌いなだけ。

>スピ好きな人は、よく【波動が低い人と一緒にいるのが嫌だ】と言います。

が、これは【自分もその低い波動に共鳴するものを持っているから】なんですよね。

◇感謝しようとなんてしないでいい。

>この【ありがたい】感覚って、【一見ネガティブに見える出来事でも、こういう見方をすれば感謝できるでしょ?】っていうポジティブシンキングでは無いんですよね。

ただ、ありがたいって感じるんです。

感謝は義務ですることでも思考の結果でも無いんです。西洋の思考メソッドでやっているような、『感謝出来る見方をしよう』でも無いんです。

◇『感謝が大事だっつってんだろ!』というスピリチュアルマウンティング

素直に感謝ができないから苦しんでんのっ!!

感謝が内側から沸き起こるためには、その感覚を感じないようにしてる原因のネガティブな感情とか、またはその感情を抑えつけてる自分の思い込みに気がつかないと自然になんてできないんですよ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス